マザーボードのコンデンサ不良

パソコンの電源が落ちるというトラブルは、熱暴走の他にマザーボードのコンデンサ不良で起きることもあります。コンデンサ不良の場合、電源が落ちる、再起動する、電源が入らないなどのパターンがあります。

熱暴走というのはパソコンのCPU近辺の熱が極端に上がり、BIOSのある種の保護・警告のような形で電源が落ちます。

電源投入後しばらくしたら落ちる、あるいは負荷の高い作業の時に落ちるなどの特徴があります。また、電源が落ちた後、すぐには立ち上がらない、しばらくすると電源が入るということがあります。

それに対しコンデンサ不良の場合はどうでしょうか?

コンデンサとはパソコン内部の円柱形の電池のようなもので、マザーボード上にあり電流、電圧の調整を行っています。

このコンデンサに不良があれば、しばしばパソコンの電源が落ちるということになります。

非常にランダムなタイミングで電源が落ちる、予期しない時に落ちるという特徴があります。電源が落ちる以外にも、再起動する、電源が入らないということもあります。

電源の落ち方に規則性があるなら熱暴走、規則性がないならコンデンサ不良という切り分けが考えられます。コンデンサ不良は大抵目視によって確認します。

事例

パソコンのケースを開け、マザーボード上のコンデンサを一つずつ目視して確認します。

コンデンサ不良の見つけ方は、コンデンサ上部が少しでも盛り上がってないかどうか?コンデンサ上部から液体が漏れていないか?です。すこしでもこれらの異変があるならコンデンサ不良ということになります。

下記の画像がコンデンサ。マザーボード上には大小含めて20、30個付いています。

コンデンサから液漏れし、長い期間を経たせいかサビている様子。コンデンサが隆起している場合は、液漏れの前兆であり、隆起だけでも電源トラブルは起きます。

液漏れ

電源が落ちる回数が多いほど、コンデンサ不良の数も多いという傾向があります。他の箇所でもコンデンサ不良を見つけることができました。

コンデンサ不良

他のパソコンのコンデンサ不良。

他のパソコン

メモリースロットの横のコンデンサが、ひとつ隆起してサビているのが分かります。

メモリースロット横

起動中に再起動したり 使用中に電源が落ちていたパソコン。わずかではありますが コンデンサが隆起していることが分かります。

マザーボード

パソコンの電源を入れると、「ブーン」と少し大きめの音(CPUファンの音)だけがしてBIOSが起動しない、画面に何も表示されないということがあります。パソコン内部を確認すると1つ2つ コンデンサがわずかに隆起していることがあります。

マザーボードには、様々なデバイス、回路、スロットが付いていますが、コンデンサも重要な役割があります。コンデンサ不良は、長い期間使用したパソコンほど発生しやすく、ある意味パソコンの寿命、マザーボードの寿命ということになります。

最近のマザーボードは、液体コンデンサから固体コンデンサに切り替えが進んでいて、壊れにくく耐久性のあるものに変わりつつあります。



コメントは受け付けていません。



サブコンテンツ