ルーターの交換

今回はルーターを交換することがあったので気付いた点を紹介します。

使われていたルーター。バッファロー製のものです。

ルーター

プロバイダからモデムのみ貸し出されている場合、モデム→ルーターの接続にすることがあり、ルーターをユーザーが用意して使うということがあります。代表的なところでは NTT光のBフレッツタイプ、電力系の光ファイバー、CATVなどが該当します。

今回はこのルーターに交換です。ギガビット対応。

ギガビットのルーター

IPアドレス

ネートワークの環境では、もともと複数台のパソコン、サーバーやネットワークプリンター、NASなどがつながっていることもあります。

このようなネットワーク機器は、IPアドレスが付いているので、ルーターを交換することでIPアドレスが変わり、これらの機器が動作しないこともあります。

可能な限り、現状のIPアドレスを維持して使うという場合は、ルーター交換時に、プライベートIPアドレスを揃えるという方法がります。

例えば 交換前のルーターのIPアドレスが 192.168.11.1なら、ネットワーク内の機器も 192.168.11.10や192.168.11.100のようになっています。そのため、新たに取り付けるルーターが、デフォルトで 192.168.12.1ならば 192.168.11.1に変更します。

設定

古いルーターを外し新しいルーターを準備します。そしてモデム→ルーター→PC1台とつなぎます。まずは1台のパソコンをつなぎ、ルーターの設定を行います。すべてのLANケーブルをつなぐのは最後に行います。

プロバイダのIDとパスワードを入力すれば、インターネットにはすぐにつながります。

インターネットに接続できたら、ファームウェアの確認を行います。管理画面から自動で行うことができるものもあれば、メーカーサイトからファイルをダウンロードして行うものがあります。

IPアドレスの設定、プロバイダの設定、ファームウェアの更新が終わったら、ルーターに他のLANケーブルをつなぎます。

パソコン、ハブ、サーバー、ネットワークプリンターなど、元の交換前のルーターにつながっていたように、LANケーブルを新しいルーターに繋ぎ、動作確認します。

すべてのパソコンでインターネットにつながるかどうか?、ネットワークプリンターの印刷ができるかどうか?サーバーやNASなどにアクセスできるかどうか?共有フォルダが見れるかどうか?などを確認します。

ルーターのIPアドレスを元のルーターと同じようにした場合は、基本的に何事もなかったようにいままで通り使えると考えられます。仮に動作していない機器、IPアドレスを取得できていない機器があるようなら、ルーターの管理画面でIPアドレスの割り当ての範囲やLANケーブルの配線などを確認します。



コメントは受け付けていません。



サブコンテンツ