ルーターの重複

先日ルーターの重複している環境があったので紹介。

パソコンを操作していたところ、ネットワークで他のパソコンの共有フォルダが見れない、ネットワークプリンターから印刷できないということがありました。もう少し正確にいうと 共有フォルダが見れるパソコンと見れないパソコンがあったり、ネットワークプリンターが使えるパソコンと使えないパソコンがあるという状態。

まず、J-COM回線であることが分かります。これはルーター機能のないモデムです。

J-COMモデム

このモデムから バッファローの有線ルーターにつながっています。(手前 白)

これによって ネットワークは バッファロールーターが192.168.11.1、接続したパソコン・ネットワーク機器が 192.168.11.~になり 複数台のパソコンを同時接続したり ファイル共有、ネットワークプリンターの使用などができます。

バッファローの有線ルーター

奥の黒い機器 バッファローの有線ルーターから繋がっているのが無線LANの機器です。コレガのものです。

無線LAN機器

無線LANルーターですが、ルーター機能をONにして使用すると、コレガのルーターは192.168.1.1になります。ルーターONになっている状態であるため、コレガにLAN接続、無線LAN接続しているパソコンは 192.168.1.~になっていました。

インターネットなどは問題ないのですが、ルーターが2つある環境というのは、ネットワーク内でのファイル共有やネットワークプリンターが探索・インストールできない、印刷できないなどが起きます。

例えば、バッファローの有線ルーターが192.168.11.1であり、このルーターにLAN接続したネットワークプリンターは 192.168.11.~になります。~の部分は自動的もしくは手動で設定されます。この場合バッファロールーターにつないでいる機器間では特に問題ありません。

コレガのルーターは 192.168.1.1であり、これにつないだ機器はすべて192.168.1.~になります。

つまり、ネットワークは別というかたちになるため、コレガにつないでいる機器からバッファロールーターにつないでいる機器とのファイル共有やネットワークプリンターなどへはアクセスができないことになります。

アクセスポイントの設定

もともとルーター環境、ネットワークがある環境に、無線LANルーターを導入する場合は、ルーター機能をOFFにしてアクセスポイントとして使うのが適切です。アクセスポイントモードにすると、無線LANルーターに 大元のルーターから自動的にIPアドレスが割り当てられます。

また、このアクセスポイントのLANポートはハブとして使用できます。接続した機器は大元のルーターからIPアドレスが割り当てられます。

このコレガのものは、ルーターをOFFにすると 192.168.1.220になるとマニュアルにありました。

大元のルーター(ここではバッファロー)に繋がっているのだから 192.168.11.220ではないのか?と思うところですが、ルーターOFFにすると、無線LANルーターによっては指定されたIPアドレスになるがあります。

これでもハブとして動作するため、特別問題なく使用できるのです、保守管理の点から手動でIPアドレスを付けることもあります。

パソコンのローカルエリア接続のプロパティで、パソコンのIPアドレスを192.168.1.15と適当に設定し、サブネットマスクは255.255.255.0にしてパソコンを再起動。

IPアドレスの固定

ブラウザのURLに192.168.1.220と打てばコレガのルーターのログイン画面が出てきます。 ログインしたら、チャンネルやSSIDの変更、ファームウェアの更新などの設定ができます。

バッファローの無線LANルーターでは、エアステーション設定ツールを使うことができます。

今回は、バッファローのルーターが192.168.11.1なので、コレガの無線LAN機器を 192.168.11.50にしました。設定を終わると ネットワーク内のトラブルはすべて解決となりました。

一般的に、小規模なLANや事業所などでは、大元のルーターはひとつです。ここからすべての機器に、プライベートIPアドレスが割り当てられると考えます。

無線LANルーターは、ルーター機能をONのまま導入すると、もうひとつ別のネットワークを追加するようなかたちになります。このような状況では、ネットワーク内で共有できない、印刷できないなどのトラブルが起きることがあります。



コメントを残す



サブコンテンツ