光電話とIP電話とは

NTTの固定電話回線以外の電話回線として、光電話とIP電話があります。

光電話は、光ファイバー網を使用した電話サービスです。NTTや電力会社など光ファイバーのインフラを持っている会社、回線事業者がサービスを提供しています。

IP電話は、インターネット網を使用した電話サービスです。主にプロバイダがサービスを提供しています。

  • 光電話・・主に回線事業者が提供
  • IP電話・・主にプロバイダが提供

このページでは、光電話とIP電話について解説しています。

光電話

電話回線と光ファイバーは別の回線です。

電話回線一般的な電話回線。

電話回線の差し込み口。ここから電話器、屋外では電話線につながっています。


光ファイバー一般的な光ファイバーです。

光ファイバーはこのように電話回線とは別に屋内に入ってきます。屋外では光ファイバーの幹線につながっています。

光ファイバー終端機器

屋内に入ってきた光ファイバーは光ファイバー終端機器につながります。ONUともいいます。

ONUNTTのONU兼ルーター。

ONUは、光信号を電気信号に変換する役割があります。


パソコンLANケーブルでパソコンやネットワーク機器を繋ぎます。


電話器通常のモジュラーケーブルで電話器を繋ぎます。

ここでは2つの電話器(2回線)につないでいます。


このようにパソコンはインターネット、電話は光電話として使用することができます

電話は、光ファイバー網を使いますが、NTT電話交換機とは必ずつながっているため、今までと同じように電話をかけることができます。

戸建ての場合、エアコンのダクトの部分や既存の電話線の配線を利用して入線することが多いのですが、一様ではありません。マンションなど集合住宅では、構造上 一旦電話線を経由することが多くなります。しかし直接光ファイバーを入線することもあります。

戸建て、集合住宅ともに、事前に打ち合わせや現場調査などが行われることがあります。

光電話のメリット

光電話には、概ね以下のようなメリットがあります。

  • 電話加入権はいらない
  • 電話基本料が安い
  • 通話料金が安い
  • 電話番号は原則として残せる

インターネットをよく利用するという場合は、自宅の固定電話も光電話に切り替える、インターネット回線と同時に新たに番号を取得するというころができます。

メリットが多い光電話ですが、あくまでインターネット回線との組み合わせで利用することができます。光電話単独で利用することは、いまのところできません。

そのためインターネット利用がない、ほとんど利用しないという場合はメリットはありません。

なお電話やFAXなどごく一部の利用に制限があったり、光電話を提供している会社によってできることとできないことがあるため、事前に回線の会社に問い合わせて確認します。

IP電話

IP電話は インターネット網を使用した電話サービスです。

インターネット網のTCP/IPプロトコル上で、音声をパケットにして送受信する VoIPという技術が使われます。

IP電話は、050から始まる電話番号で始まります。050から始まっている電話番号は、ほぼIP電話と考えていいでしょう。

例えば固定電話や携帯電話の着信履歴が 050から始まる番号であれば、発信先はIP電話サービスを使っていると判断することができます。

プロバイダ

IP電話は主にプロバイダが提供しているサービスです。

具体的には、NTTの光やADSLに対応したプロバイダである OCN、ぷらら、Nifty、Biglobe、Exciteなど、auひかりのプロバイダである KDDIなどがあります。

プロバイダによって、IP電話サービスがオプションとして付いていることがあり、申し込むことでIP電話も利用することができます。050から始める電話番号を取得することができます。

IP電話を使うには 専用の機器が必要になります。IP電話対応機器を、VoIPアダプタともいいます。

各プロバイダで動作確認済みや推奨のIP電話対応機器が公開されています。それを自分で用意するか、レンタルすることができます。

どのような機器が必要であるかは プロバイダによって異なってきますので、各プロバイダで確認します。

IP電話のメリット

IP電話にはいくつかのメリットがあります。概ね以下のようになります。

  • 固有の番号を取得できる
  • 基本料金はほとんど無いに等しい
  • 提携プロバイダ間の通話料が無料
  • 通話料が安い
  • 既存の電話と併用できる

IP電話は 国内で多くのプロバイダが提供しています。プロバイダ間で通話無料の提携をしているところが多く、IP電話同士では通話料が無料になるというのが一番大きなメリットです。

例えば OCN同士のIP電話や ぷらら同士のIP電話、OCN-ぷららのIP電話、So-netとBiglobeのIP電話などです。

そのため頻繁に電話でやりとりする、長電話するという場合、IP電話を導入すれば電話代を気にせず使えることもあります。個人向けだけではなく、事業所の支店間の通話なども該当します。

国際電話も安い傾向があるため、旅行会社などでも導入されていることがあります。

既存の固定電話とも併用できるため、着信は固定電話、発信はIP電話と分けたり切り替えたりすることができます。

110や119などの1から始まる特番や0120などのフリーダイヤルなどへ掛けることができないのですが、こうした場合 固定電話を使うことができます。通話時に 0000を付けて切り替えたりします。

いずれにせよ、プロバイダによって必要な機器、コスト、操作方法、できることとできないことがあるため事前に確認は必要です。

スマートフォン

スマートフォンでもIP電話は使われています。

例えば、Skypeがあります。登録ユーザー同士での通話は無料ですが 固有の電話番号というのは基本的にありません。発着信は 原則として登録ユーザーのみとなります。メッセンジャー、チャット、ビデオ通話などの機能があり、パソコンにインストールして使うこともできます。

IP電話の050の番号をオプションとして追加して使用できるサービスもあります。

OCNの050 plusやフュージョン・コミュニケーションズのSMARTalkというサービスがこれにあたります。固定回線のIP電話と非常に近いということができます。

提携プロバイダ間の通話料無料や国内の固定電話がどこでも一律料金であったり、携帯電話への通話や国際電話も割安になったりします。固有の番号なので、発着信も登録ユーザーのみなど限定されることはありません。

スマートフォンのIP電話では、固定回線のように専用の機器は特に必要なく、IP電話用のアプリをインストールして使います。