人から人へ、人と人の

ソーシャルとは、和訳すると、社会の、社会的な、という意味があります。社会ですから、人と人、共同の、個々のということを示しています。

例えばソーシャルメディアなら、人から人へ伝達するメディア、人と人の共同のメディア、個人が発信するメディアという解釈になります。

ソーシャルと名の付くものは、人や人々、個人が登場します。人の、人々のという言葉を形容させると、概ねその言葉の意味が掴めます。

このページでは、ソーシャルメディアとは何か、またその関連する用語について紹介しています。

ソーシャルメディア

メディアというと一般には新聞、テレビ、雑誌、ラジオなどを指します。これはある特定の組織や団体だけが発信しているものです。

このようなメディアを、マスメディアといいます。マスコミュニケーション。大衆向けのメディアです。

こうした大衆向けの情報発信というのは、ある一定の条件を満たさなければ行うことはできません。また どちらかというと一方通行な情報が多いといえます。

それに対して、ソーシャルメディアは、インターネット環境があれば誰でも情報を発信できます。また特定の条件などが必要であるわけでもありません。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでは、比較的自由な意見や感想、会話などが行われ、双方向、参加型、相互に作用、すなわち インタラクティブという特徴があります。

ソーシャルメディアには、以下のようなものがあります。

  • レビュー
  • Youtube
  • Twitter
  • Facebook
  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!Goo
  • ブログ
  • 電子掲示板
  • Wikipedea
  • はてなブックマーク

インターネットの発達と多様な媒体・メディアの登場によって、誰でも情報を発信できるようになっています。これらは、個人が発信している情報、人から人へ向けた情報であることが分かります。

例えば、通販サイトで買い物するときも、他の人が書いたレビューを参考にすることは多いのではないでしょうか?誰かが書いた率直なレビューや多くの好評価が累積していることがきっかけで、商品を購入するということもあるでしょう。

これは個人個人の小さなメディアが積み重なって、人を動かすメディアを作り上げていることになります。

また、Amazonや価格.COMのように、積極的にソーシャルメディアを取り入れて、集客・販売する手法をソーシャルコマースといいます。

Web2.0

ソーシャルメディアが出てくるときに、キーワードになった言葉に Web2.0があります。このキーワードに呼応するかのようにブログサービス、Wikipedia、Twitter、Facebookなどが急速に普及しています。

一般的に、2005年頃までの従来型のWeb1.0に対し、Web2.0は次世代型、双方向性、協働的という概念があります。

登場した時は漠然とした概念もあった言葉ですが、結果的に多くの人々がメディアを手にして情報を発信できるようになった、双方向性・協働的なWebサービスが増えた、つまり Web2.0に移行しているということになります。

またこのようなWebの変化の背景には、クラウドコンピューティング、スマートフォン、通信インフラなどのハードウェアの技術的な発展も大きいといえるでしょう。

(Web2.0:米国の企業家 ティム・オライリーの提唱)

情報の非対称性

経済学では、情報の非対称性という言葉が使われることがあります。

情報の非対称性とは、売り手と買い手、供給側と需要側、依頼人と代理人などにおいて情報に差異がある、対称ではない状態をいいます。様々な経済的事象について用いられることがあります。

検索して情報を調べたり、比較するということがあります。隠された情報はないか?妥当な価格であるのかどうか?どのような企業なのか?あるいは、様々な角度からその製品の良さが評価されていたり、企業の姿勢に賛同するということもあります。

つまりひとことでいえば、インターネットやソーシャルメディアというのは、情報の非対称性を解消することができるといえます。

(情報の非対称性:米国の経済学者 ジョージ・アカロフの提唱)

ソーシャルセンサー

ヤフーの検索には、リアルタイム検索というものがあります。これはTwitterを検索する機能です。

ニュースにならないようなことやタイムラグでまだニュースになっていないようなことをソーシャルメディアで確認できることがあります。

ソーシャルメディアは、あるニュースについての反応、ある事象に対しての反応などセンサーのような機能を果たすため、ソーシャルセンサーといわれることもあります。

集合知

Wikipedeaというのは、巨大な百科事典のようなもので、ある事柄について詳細に情報が掲載されています。

これは誰か特定の人が編集しているというわけではありません。そのことに関する知識があれば、誰でも編集できるようになっています。1つのページも複数の人の編集で成り立っています。

Yahoo!知恵袋や教えて!Gooは、質問に対して誰かが回答するというものです。誰か特定の人が毎回質問に答えているわけではありません。その知識を持ついろんな人が受け答えしています。

このように 多くの人の積み重なった情報を、集合知といいます。

拡散

ある情報が、インターネット上で急速に広がること。

Twitter、電子掲示板、ブログ、はてなブックマークなど複数のソーシャルメディアが関わっていることがあります。

Twitterには リツイートという機能があり、誰か他の人の文章や写真などを自分のアカウント上でも表示させることができます。

拡散した情報は、しばしばマスメディアに取り上げられたり、企業・事業者に影響を与えることもあります。

情報の急速な伝達は、インターネット・デジタルの特性のひとつです。

ステルスマーケティング

ステルスマーケティングとは、ブログ、レビューなどで、商品やサービスの評価を作為的に上げたり、商品やサービスの売上が伸びるようにすることです。ステマともいいます。

事業者が個人に依頼して行われることもあれば、事業者がアカウントなどを取得して 内部で行っていることもあります。

実際にはその商品やサービスを利用していないにも関わらず、利用したように装って、商品やサービスの感想を書いたりすることもあります。

実際のユーザー数が増えれば増えるほど、商品やサービスの内容に極端な差があった場合にステルスマーケティングと疑われたり、逆に評価を落とすようなことがあります。

マーケティングには、期待不一致理論といわれるものがあります。

顧客満足は、事前の期待と提供された製品・サービスのバランスによって決まるというものです。事前に過度の期待を作り出しても、提供されたサービスが期待に見合うものでなければ、負の不一致、つまり顧客満足は得られず失望やネガティブな感情を抱くというものです。

この理論は、ステルスマーケティングとまではいかなくても、インターネットを利用したアプローチでも示唆を与えていると考えることができます。

(期待不一致理論:米国の経営学者 リチャード・オリバーの提唱)

ソーシャルネットワーキングサービス

ソーシャルネットワークキングサービスは、略してSNSといいます。

インターネットというのは、Webサイトをはじめ すでに情報が共有されているのですが、一般的に SNSというときは、インターネットの中でもさらに共通のサービスを利用する人と情報のやり取り・コミュニケーションを行うことができるサービス、またはそれを目的としたサービスを指します。

SNS

例えば、Twitter、Facebook、Google+、Instagram、mixiなどがあります。いずれもアカウントを取得して利用するようなサービスです。

ソーシャルメディアの中でも ユーザー同士でネットワークを形成しているものです。

近年は、企業や法人、自治体が FacebookやTwitterを利用して様々な情報を流しています。また、個人ユーザーがFacebook、Twitter、Google+を他のサービスでのログイン用のアカウントとして使ったりなど、必ずしも決まった使い方があるというわけでもありません。

プラットフォームビジネス

SNSの多くは、ユーザーにプラットフォーム(場)を提供し、ビジネスを行っているため、プラットフォームビジネスということもあります。

例えば、TwitterやYoutubeなどではコンテンツを作ったり公開しているのはユーザーです。UGC ユーザー生成コンテンツといいます。企業がすべてのコンテンツを作成し提供する形態とは異なることが分かります。

SNSだけではなく、Amazon、価格.COM、ヤフーオークションなどもプラットフォームビジネスであるということができます。

プラットフォームビジネスは、利用者が増えるほど価値が増大するという ネットワーク外部性を有するといわれています。

マーケティング3.0

企業とユーザーによって、共に価値を創出する、協働するというのは、マーケティング3.0の概念を彷彿とさせます。

マーケティング3.0は、価値に焦点をあて 多数対多数で行われます。製品に焦点をあてた 1対多数のマーケティング1.0、顧客に焦点をあてた 1対1のマーケティング2.0と対比して紹介されることがあります。

価値に焦点をあてることで、類似した製品やサービスが並ぶ コモディティ化に対応し、ビジネスを持続可能、サステイナブルな軌道にのせるというものです。

企業の社会的責任 CSR、売上の一部を寄付するコーズ リレーテッド マーケティング、文化・芸術活動を支援するメセナ活動など、人々や社会の価値を重視するマーケティングを ソーシャルマーケティングといいます。ソーシャルマーケティングとマーケティング3.0は価値を重視するという点で共通しているところがあります。

マーケティング3.0は、多数対多数の協働といわれます。これは企業と消費者との協働だけではなく、企業内部においても協働的、インタラクティブな環境が構築できているかどうかも項目のひとつとしてあげられるでしょう。

本当の意味でのマーケティング3.0というのは、企業内部におけるインターナルマーケティング、従業員満足が顧客満足を作り出すという サービス プロフィット チェーンなどが実現されているものを指すといえます。

規模の大小、業種を問わず マーケティング3.0、あるいはそれに近い企業・会社はあるか?というと、あるといえます。ただ企業内部のことなので、ビジネスモデルに近くあまり公にはならないでしょう。

(マーケティング3.0:米国 経営学者 フィリップ・コトラーの提唱)