BIOSとUEFIでの起動順位の変更

起動デバイスとして使われるものには、光学ドライブ、SSD、HDD、USBメモリーなどがあります。

ドライブの起動順位を設定することで、パソコンがどのデバイスから読み込みを始めるかを決まることができます。

例えば、OSインストールの時には、光学ドライブにディスクを入れインストールを行うなら、光学ドライブを一番最初に読み込むようにします。

このページでは、自作パソコンでのドライブの起動順位変更の方法を解説しています。

AMI

AMI BIOSといわれるものです。UEFIの出てくる前のマザーボードで使われています。DeleleキーなどでBIOSに入ります。

boot BIOSのbootの項目で、ドライブの起動順位の設定ができます。Boot Device Priority。


ドライブ 上に表示されているドライブから優先的に起動するようになっています。


変更 Enterキーでデバイスの変更ができます。ドライブの型番などが表示されています。Desabledにするとドライブの指定を行わず無効にすることができます。


保存して、BIOSから出ます。

Award

Award BIOSといわれるものです。このタイプも、UEFIの出てくる前のマザーボードで使われています。

Advanced BIOS Features Advanced BIOS Features。


First Boot Device First Boot Device、Second Boot Device、Third Boot Deviceで起動順位を設定します。

First Boot Deviceから優先的に起動します。


保存して、BIOSから出ます。

UEFI

現在、自作パソコンにおけるマザーボードは、ほぼすべてUEFIに切り替わっています。

設定では、マウスが使えることがあります。またマザーボードによっては簡易モードと詳細モードがあります。ASUSでは、EZモードとアドバンスドモードのようになっています。

Advanced BIOS Features 起動ドライブの選択は、マウスでドラッグして変更できます。


First Boot Device もしくはアドバンストドモードで、「起動」から起動デバイスの選択ができます。

UEFIインストール

UEFIに関しては、OSインストール時から関係しているため、OSインストール時にどのようになっているかを、実例を見ながら解説していきます。

パソコンの組み立てが終わり、UEFIを起動しています。工場出荷時のデフォルト設定です。中央のSATA情報のところに 光学ドライブ、SSDが認識されています。光学ドライブからSSDへインストールする予定だとします。

光学ドライブ、SSDは認識されているものの、右側の起動優先順位には何も表示されていません。

UEFI画面

従来のBIOSであれば、光学ドライブやストレージは表示されます。UEFIで何も表示されていないのは、UEFIに対応したものがないと判断されているからです。

ここで、Windows 10の64bitのインストールディスクを入れ、再起動後 UEFIに入ると、UEFIマークの付いた光学ドライブが表示されます。

UEFIマークの付いた光学ドライブ

つまり、Windows 10 64bitのインストールディスクがUEFIに対応しているため、UEFIでインストール可能ということになります。このままインストールを進めると、インストール先の選択画面で、SSDは表示されます。

このような時、マザーボードのCSMの設定は、無効になっています。CSMというのは、従来のBIOSで認識されていたデバイスと互換性をもたせる機能です。

CSM無効

このCSMを有効にすると、以下のようになります。起動デバイス制御が、UEFI/レガシーとなっています。例えば ここで設定を保存するとします。

CSM有効

そして、Windows 10 64bitのインストールディスクを入れて、再起動後 UEFIに入ると以下のようになります。UEFIという光学ドライブと、BIOSで表示されるような光学ドライブ、SSDが表示されます。

UEFI画面

このような表示の場合は、UEFIでインストールするためには、UEFIのマークの付いた光学ドライブから起動させます。

UEFIのマークの付いていない光学ドライブからOSインストールを行うと、BIOSでのインストールになり、UEFIインストール、UEFIブートにはなりません。

このことから分かるように、CSMが有効、起動デバイスが UEFI/レガシーになるということは、UEFIのインストールディスクやデバイスを認識するとともに、BIOSで認識されていたデバイスも認識・表示するということになります。

UEFIでは、CSMが無効で 起動優先順位にSSDなどのストレージが表示されていなくても、インストール後は、ストレージがUEFI対応になるため、起動順位に表示されます。

CSM無効 NVMe SSD、UEFIインストール後の例。CSM無効。Windows Boot Managerが表示。


CSM有効 CSM有効。Windows Boot Managerの他、NVMeのストレージ本体、光学ドライブが表示。


Windows 10で起動ディスクが、UEFIインストール、UEFIブートになっている場合、CSMなどでレガシーのみのような設定に切り替えると起動しなくなります。CSM無効、あるいは UEFI/レガシーのようになっている必要があります。

また、Windows 7では、OSインストール時もインストール後も、基本的にマザーボードのCSMは有効である必要があります。

Windows7 Windows 7 インストール。

UEFIマザーボード、CSM有効。Windows 7 インストールディスクの入った UEFIマークの光学ドライブから起動させると、UEFIインストールになります。


OSインストール時は、特にUEFIかBIOSかの見分け方は重要になります。

その他 ディスク

OSインストール時以外で他に関連することは、例えば、UEFIに対応していないハードウェア診断ツールやLinux OSなどを起動させる場合があげられます。このようなディスクからの起動は、CSMが有効になっている必要があります。しかし、動作要件でUEFI対応のようになっているのであれば、CSMが無効でも起動させることができます。

また、外部からのディスクを起動させない機能である セキュアブートも関連しています。

CSMが有効であっても、セキュアブートが有効になっている場合は、このようなBIOSで動作していた光学ディスクなどは起動しないことがあります。CSM無効で、UEFI対応の外部のディスクでも同様です。

つまり、UEFIでは、何を起動させるかによって、CSMの設定、場合によってはセキュアブートの設定を変えることがあるということになります。

例えばASUSのマザーボードでは、セキュアブートの項目は、CSMの近くにあり、UEFIモードが有効、非UEFIモードが無効になります。デフォルトの設定ではセキュアブートは無効になっていることが多くなっています。

CSMやセキュアブートの項目は、マザーボードのメーカーや型番によって異なります。

F8キー

電源投入後のロゴ画面で F8キーを押すことで、ブートデバイス選択画面になることもあります。ブートメニューといいます。設定が記憶されず、その時だけ起動デバイスを選択する方法です。

ロゴ画面ロゴ画面が出ている時に F8キーを何度か押します。


起動デバイス選択画面。デバイスを選択して Enterキー。


UEFIでは、基本的に先のCSMの設定が関係します。つまり、CSMが有効であれば、UEFI対応のドライブやディスクとUEFIに対応していないデバイスが表示されます。CSMが無効であれば、UEFIのドライブやディスクのみ表示されます。

ハードディスクの起動順位

複数のハードディスクやSSDを搭載していると、どのデバイスから起動するか選択することができます。これは特に以前のBIOSに当てはまります。

通常は、OSがインストールされているハードディスクやSSDを選択しているのですが、ハードディスクを増設したりすると接続したSATAポートによっては、起動順位が変更されるもあります。

ハードディスクを増設したら、Windowsが起動しないという場合に確認しておきたい項目になります。

Hard Disk DrivesAMI BIOSの例。複数のハードディスクがあると Bootの項目に Hard Disk Drivesが表示されます。


複数のドライブここではSSD、HDD、HDDの合計3台。OSがインストールされているドライブを一番上にします。


DisabledOSのインストールされていないドライブは起動することもできないので、Disabledにしておいてもいいでしょう。


UEFIにも、ハードディスクの起動順位はあります。しかし、UEFIの場合は、ここを入れ替えたとしても UEFIでブートできるストレージは決まっているので、それほど関係ないといえます。

ハードディスク起動順位UEFIのハードディスク起動順位。


UEFI起動順位UEFIでは光学ドライブの次に UEFIがあっても起動しないことがあります。


UEFIのストレージUEFIインストールされているストレージを先にもってきます。

ここではストレージが2つ表示されていますが、実際は1つです。左のWindows Boot Managerに UEFIが付いています。


このような表示のされ方も、マザーボードのメーカーや型番によって異なります。

SATAの場所を移動させたり、パーツを増設して起動しないという場合は、起動順位の確認を行います。