映像と音声を送受信する

HDMIは、High-Definition Multimedia Interfaceの略。

パソコンとディスプレイを接続する規格のひとつで、DVI接続をさらに発展させたものです。現在 主流の規格です。また似たような規格として DisplayPortがあります。

HDMIとDisplayPortの特徴は、1本のケーブルで、映像・音声を合わせて送受信することができるという点にあります。特にHDMIは、パソコン、家電、ゲーム機などのデジタル映像・音声入出力インターフェースとして使用されています。

HDMI

近年のマザーボード、グラフィックボード、ディスプレイには、HDMI端子がほぼ標準で付いています。

マザーボードマザーボードのHDMI端子。


グラフィックボードグラフィックボードのHDMI端子。


液晶ディスプレイ液晶ディスプレイのHDMI端子。

薄型のテレビにも ほぼ標準で搭載されています。


ノートパソコンノートパソコンのHDMI端子。

マルチディスプレイなどで使います。


HDMIのケーブルHDMIケーブル。

パソコンとディスプレイを接続します。

ディスプレイが、スピーカー内蔵なら映像も音声も出力されます。VGAやDVIのようにオーディオケーブルを別途接続する必要はありません。


HDMIケーブル。HDMI 2.0から4Kに対応。

HDMIをVGAやDVIに変換するアダプタ を使えば、HDMI端子のないディスプレイに表示させることもできます。

Mini-HDMI、Micro-HDMI

Mini-HDMIは、主に一眼レフカメラ、ビデオカメラ、一部のグラフィックボードに付いています。Micro-HDMIは、コンパクトデジタルカメラや一部のタブレットに使われています。

端子の大きさは、HDMI>Mini-HDMI>Micro-HDMIです。HDMIがタイプA、Mini-HDMIがタイプC、Micro-HDMIがタイプDともよばれます。

デジタルカメラデジタルカメラのMicro-HDMI端子。


Mini-HDMIとHDMIの変換ケーブル、Micro-HDMIとHDMIの変換ケーブルを使うと、写真や動画を HDMI端子をもつディスプレイやテレビに表示させることができます。

Micro-HDMIは、スマートフォンやタブレットのMicroUSBと形状が似ているため、間違いやすくなっています。MicroUSBのように充電機能はありません。

DisplayPort

マザーボード、グラフィックボード、ディスプレイには、DisplayPortの付いているものがあります。

マザーボードマザーボードのDisplayPort。

HDMIと形状は似ていますが、やや異なります。向きがあるためケーブルの取り付けの際は確認します。


グラフィックボードグラフィックボード、一番右がDisplayPort。


液晶ディスプレイ液晶ディスプレイ、一番左がDisplayPort。


DisplayPortのケーブルDisplayPort用のケーブル。

ロック(爪)があるのが特徴です。ケーブルを取り外す際は、ロックを解除する部分を押さえながら引きます。

市販されているケーブルでは、このようなロックが付いていないものもあります。

DisplayPortのケーブルは、DisplayPort 1.2から概ね4Kに対応しています。

サウンド

新たにパソコンとディスプレイを、HDMIやDisplayPortで接続したり、マルチディスプレイの際など、音が出ないという場合は 設定を確認します。

コトロールパネルのサウンドとオーディオデバイス。

サウンドとオーディオデバイス

サウンドとオーディオデバイスの音声で、HDMIで出力しているデバイスに切り替えます。

設定

ここではSoundMaxがマザーボードのオーディオ端子、AMDがグラフィックボードのオーディオ端子(HDMI)。