特に決まりはないマウスとキーボード

自作パソコンでは、パソコン本体を組み立て、液晶ディスプレイを組み合わせます。

そして、マウス・キーボードも必要になります。

パーツや液晶ディスプレイの購入と同時に揃えておきたい機器です。

インターフェース

自作パソコンで使用するマウスとキーボードは、特にこれにしなければならないという決まりはありません。自分の使いたいもの、好みのものを使用することができます。

すでに手持ちのマウスやキーボードがあるならそれを使用することができます。

PS/2やUSB接続の他、USBタイプの無線マウス・キーボードなども使うことができます。

PS2端子マザーボードのPS/2端子。

端子1つPS/2は旧式の規格のため 最近のマザーボードでは 端子は1つというものが増えています。マウス・キーボードどちらかが使えます。

USB接続一般的なものは USB接続のマウスやキーボードです。


無線接続配線がない無線のマウス・キーボードを使うこともできます。


Bluetoothのマウス・キーボードは、Windows上で設定を行うため、組立時・インストール時・通常時のBIOS操作でも使うことはできません。


マウス・キーボード

マウス・キーボードの代表的なメーカーとしては、ロジクール、エレコム、バッファローなどがあります。

マウスやキーボードも使いやすいものがいいということはあります。ワンランク上のものはあります。マウスのボタンの数が異なっていたり、光ったりします。

また通常のマウスと違って、手にしっかりフィットして長時間使っていても疲れない設計になっていたり、数ピクセルの動きを制御できたりすることもあります。

キーボードも、キーの配列や大きさが通常のものと異なり、使いやすく堅牢なつくりになっているものがあります。