自作パソコンのマウスとキーボード

自作パソコンで使用するマウスとキーボードは、特にこれにしなければならないという決まりはありません。自分の使いたいもの、好みのものを使用することができます。すでに手持ちのマウスやキーボードがあるならそれを使用することができます。

PS/2やUSB接続の他、USBタイプの無線マウス・キーボードなども使うことができます。

PS/2

PS2端子マザーボードのPS/2端子。旧規格です。これから新たに使うということはほとんどありませんが、まだ一部使われています。

紫がキーボード、緑がマウスです。


端子1つ最近のマザーボードでは、端子は1つというものが増えています。マウス・キーボードどちらかが使えます。

キーボードキーボードのPS/2端子。紫色です。


マウスマウスのPS/2端子。緑色です。


PS/2は、パソコンが起動しいる時にケーブルを抜いてしまうと、USBのように挿し直せば繋がるというわけないので、一度パソコンの電源をOFFするか再起動して認識させます。

PS/2をUSBに変換するコネクターもあります。あまり使うことはありませんが、USB端子に繋ぎたいという場合は、変換コネクターを付けてパソコンに接続します。

USB

USB接続一般的なものは、USB接続のマウスやキーボードです。


無線接続配線がない無線のマウス・キーボードを使うこともできます。


Bluetoothのマウス・キーボードは、Windows上で動作するため、組立時・インストール時・BIOS操作に使うことはできません。そのため、Bluetoothのマウス・キーボードは自作パソコンではあまり使われることはないといえます。

マウスには、手にしっかりフィットして長時間使っていても疲れないようになっていたり、数ピクセルの動きを制御できたりするものもあります。このようなマウスは、3D系のゲームや設計などCADのソフトを使うときに用いられることがあります。

キーボードも、キーの配列や大きさが通常のものと異なり、使いやすく堅牢なつくりになっているものがあります。