一部ハードを変更して Windows 7をインストール

今回は今まで Windows XPをインストールして使用していた自作パソコンを Windows 7に変更してみました。

使用したパーツ

使えるハードはいくつかそのまま残し パフォーマンス向上に影響のあるハードをいくつか変更して、Windows XPから7に変更した様子を紹介しています。

ハードウェアは 今までSATAⅡだったのを SATAⅢを中心としてさらなる高速化を行いたい。

既存のパソコン

今まで使用していた Windows XPの自作パソコン。

ミニタワーケースのサイズはミニタワー、OSはWindows XP。


XP ケース内部ケース内部。電源は少し小さいですが 奥行きのないATX電源です。もともとケース付属の電源。


LGA775マザーボードは ASUS P5E-VM HDMI、CPUは LGA775のCore 2 Duo E4300、メモリー4GB。


SSDとHDDシステムドライブにIntel SSD 335シリーズ 180GB、データドライブにHDD 500GB。

SSDがあるため XPといえどもかなり快適に使用できるパソコンです。

パーツ紹介

今回使用したパーツ。それぞれのパーツの簡単な紹介です。力不足となっていた ケース付属の電源も交換することにしました。

B75M-D3Hまず基幹ともなるのはマザーボードです。ここには ギガバイトのB75M-D3Hを使用。MicroATX、LGA1155(サンディーブリッジとアイビーブリッジに対応)

購入場所:新品(パソコンショップ通販)


Pentium G2030マザーボードに対応しているCPUは多いのですが、性能と値段のバランスを考え LGA1155 Ivy-Bridge世代 Pentium G2030を使用。

購入場所:中古(パソコンショップ)


DDR3 メモリーマザーボードが変わるのでメモリーもDDR2からDDR3に変更。メモリーはCFD DDR3-1600 4GB×2

購入場所:中古


デジカメカードリーダーUSBメモリ使用時の高速化を考えて USB3.0のUSBポートも持つデジカメカードリーダー。

購入場所:新品(パソコンショップ)


電源ユニット80PLUSスタンダード認証。シルバーストーン社製の電源ユニット。

購入場所:新品(Amazon)


Windows 7 DSP版OSはWindows 7 Home Premium 64bit。2014年よりパーツとのバンドルがなくなり単品での購入もできるようになっています。

購入場所:新品(パソコンショップ)


主要なパーツは以上です。

そのまま使用するパーツとしては、PCケース、光学ドライブ、SSD、HDDになります。

組立

それでは実際にサイドパネルを開けて作業を始めていきたいと思います。

サイドパネルを開ける

まずは電源ケーブルを外し 電源ユニットの取り外しから行います。それぞれの部品に繋がっているケーブルを外していきます。

電源ケーブルを外す

電源ユニットの取り外し。またケース内の作業を円滑にするため ここでは一度 SSDとHDDの入っている 3.5インチベイも取り外しました。

電源ユニット取り外し

次にマザーボードの取り外しです。フロントパネルからのケーブルなどすべて外して、固定しているネジを外していきます。

マザーボードのネジ

取り外したマザーボードとIOパネル。

取り外したマザーボード

部品を取り外したケース内部。光学ドライブはそのまま残っています。

ケース内部

新たに使用するマザーボードにCPUを取り付け。切り欠けを合わせて取り付けます。

CPU取り付け

CPUファンの取り付け。インテルプッシュピンタイプなので 方法はLGA775の時から基本的に同じです。(なお中古のCPUに付属していたCPUファンの状態がよくなかったので CPUファンは新古品で別途用意したものを使いました。新古品なのでCPUグリスはもともと塗られていました。)

CPUファン取り付け

CPUファン取り付け後の確認。黒いピンがきちんと出ていれば OK。

確認

メモリーを取り付けて マザーボードの準備は終わりです。

メモリー取り付け

PCケースに電源ユニットを取り付けます。

電源ユニットの取り付け

PCケースにマザーボード付属のIOパネルを付け マザーボードを取り付けていきます。

IOパネルとマザーボード取り付け

マザーボードを手で抑えながら ネジ穴を合わせ使われていたネジで マザーボードを固定していきます。ここでは6箇所を固定。

ネジで固定

メイン電源とCPU電源を取り付けます。

電源ケーブル

フロントパネルからのケーブルをつなぎます。内蔵スピーカー、フロントパネルスイッチ類、USB、オーディオ。

フロントパネルケーブルの接続

次に取り外していた 3.5インチベイを取り付けます。元々付いていたカードリーダーは取り外しています。

3.5インチベイ取り付け

今回使用するカードリーダー。マザーボードのUSB3.0用のピンに接続することで電源供給されます。デジカメカード類以外にもUSB3.0のUSBメモリも使うことができます。USB3.0用のピンへの接続は Windowsインストール後に行うことにしました。

カードリーダー

ケース前面からカードリーダーを取り付け ネジ穴を合わせて固定します。

カードリーダーの取り付け

光学ドライブとSSDのSATAケーブルをつなぎます。データ用のハードディスクは Windows 7インストール後に繋ぐことで使用できるのでここではまだつなぎません。

SATAケーブルの接続

SATA電源ケーブルもつなぎます。

SATA電源ケーブル

他に フロントファンやリアファンの電源もつなぎます。

すべての配線が済んだら、液晶ディスプレイやマウス、キーボードを繋いで電源を入れます。

電源ON

BIOSではCPU、メモリー、CPU温度、SATAモードがAHCIモードになっているかどうか、UEFIかレガシーかいずれでインストールするか、ブートデバイスの起動順位の確認などを行います。

ここでは、XPですでに使用されていたSSDを使うので UEFIではなくレガシーモードでインストールします。UEFIは新規で使用するSSDやHDDでのみ選べます。

Windows 7 ディスクをセットしてインストールを開始します。

Windows7のディスク

ウィザードに従いインストールを進めます。

インストール

インストール先にすでにインストールされているXPがあるパーティションを選びます。

XPのパーティション

メッセージが出ます。このままOKで進みます。

すでにOSがインストールされているパーティションに 新たにOSをインストールすると Windows.oldというフォルダがCドライブ直下に作成されユーザーアカウント内のほとんどのデータがそのまま残るようになります。

インストール後 このフォルダからデータのみ取り出し 不要になった Windows.oldフォルダは削除することができます。

メッセージ

OSである Windows 7のインストール後。

Windows 7のインストール後

次にマザーボード付属のドライバディスクをセット。

ドライバディスク

ドライバインストール後。

ドライバインストール後

最後にもともと使用していたデータドライブをマザーボードのSATAや電源ケーブルと接続。

データドライブの接続

カードリーダーからのケーブルをマザーボードのUSB3.0ピンに接続。

USB3.0に接続

パソコンそのものの見ためはほとんど同じなのですが、内部構成はSATAⅢ対応でさらに高速化したパソコンになりました。

SATAⅢ対応パソコン

SATAⅢ対応のマザーボードでは、SSDの性能をさらに引き出したり USB3.0対応にすることができます。

反省会

ケース

このケースは以前電源付きで販売されていた 廉価版のPCケースでマザーボードを固定するスペーサーも付いていないタイプです。

スペーサーが付いていないので ケース内部のマザーボード固定部は若干隆起していて そこがネジを留める場所になっています。

具体的に言うと 数カ所 ネジ穴がゆるく、ネジをしっかりと固定できなかったというのがあります。

一応固定はできており ネジが取れたりする感じではないので問題無いレベルです。

UEFIとレガシー

UEFIモードでOSをインストールできるマザーボードが増えてきています。

BIOSでUEFIか、通常のレガシーかを選べます。

Windows 8以降では UEFIのほうが起動スピードは速くなることがいわれています。Windows 7ではそれほどではありません。2TB以上の大容量ハードディスクにOSをインストールして使いたい時は UEFIにします。

UEFIでインストールするには、まだフォーマットされていないSSDやHDDが取り付けてあることが前提です。

通常に自作では問題ありません。今回は元々 XPで使用していたSSDで当然パーティションやデータがまだ残っている状態なので UEFIモードでのインストールはできませんでした。

通常のレガシーモードでインストールしています。

SATAⅢとSSD

インストール後 パソコンを使った印象としては 快速ぶりが際立つという感じです。

マザーボードにはグレードがあり、例えばこのB75と同じ世代のチップセットは他に、H77やZ77などがあります。

B75は ビジネス向けとか廉価版とかいわれることもありますが、一般的なパソコン使用なら 十分すぎる性能を持つと考えていいとおもいます。

Intel SSD 335シリーズ 180GBはSATAⅢまで対応しているSSDですが、SATAⅢのマザーボードと組み合わさることでさらに上限速度が伸びていることになります。

SSDがSATAⅢ対応なら マザーボードもSATAⅢにすることで さらなるスピードアップが図れると考えていいでしょう。