オリジナルの外付けハードディスク

外付けのハードディスクは、既成品として販売されていますが、自分で作ることもできます。

壊れたパソコンに内蔵されているハードディスク、使わなくなったハードディスクを活用したり、新品のハードディスクを使って外付けハードディスクを作ることがあります。

このページでは、内蔵のハードディスクを外付けハードディスクにする方法を紹介しています。

方法

外付けケースとSATA接続 Seagate社製 1TBハードディスク。

ハードディスクと外付けケース

外付けケースには、ケース本体、電源、USBケーブルなどが付属しています。

外付けケースの箱の中身

外付けケースのカバーを開けて、ハードディスクを取り付ける準備をします。

外付けケースの箱の中身

ハードディスクを準備します。

バルク品のハードディスク

ハードディスクとケースのSATA端子、電源端子を接続します。

接続

きっちりと接続していることも確認します。

確認

付属品のネジ。外付けケースによってはネジなしで固定するタイプのものもあります。

付属品のネジ

付属品のネジで固定します。

ネジで固定

ハードディスクをケースに入れます。ここは衝撃や無駄な力が加わらないように少し慎重に行います。

ケースにハードディスクを入れる

マニュアルに従い必要に応じて付属品のネジで固定します。

ケースをネジで固定する

土台を付けます。

土台

USBケーブルと電源ケーブルを繋ぎます。

ケーブル

外付けケースには背面に電源スイッチ(主電源)が付いています。USBケーブルをパソコンに繋ぎ、電源ケーブルをコンセントに繋いだら 電源をONにします。

電源スイッチ

使い方は、既成品の外付けハードディスクと全く同じです。外付けケースには基本的にアクセスランプも付いています。

アクセスランプ

未使用のハードディスクでは、Windowsで使用できるようにするフォーマット作業が必要になります。フォーマットは、Windowsのディスクの管理から行います。

今まで使用していたハードディスクでは行う必要はありませんが、データを消去して使用するならフォーマットを行なってもいいでしょう。

ケースとハードディスク

インターフェースがIDEかSATAか、USB2.0対応かUSB3.0対応か、パソコンに電源が連動するかなどを確認します。

接続は、USB2.0よりもUSB3.0を使うほうが転送速度は早くなります。