Windows版とDos版

HDDベンダーであるSeagate シーゲイトが提供しているソフトウェアに、Seatools シーツールズがあります。ハードディスクに問題や故障がないかを検査・診断をすることができます。

検査方法には、Windows上で行うことができるWindows版、OS起動前に行うことができる Dos版、USB版があります。

ハードディスクの検査だけではなく、データを消去するゼロフィルなどの機能もあるため、操作は慎重に行う必要があります。やや上級者向けのソフトウェアです。

このページでは、Windows版、Dos版、USB版のそれぞれのSeatoolsの使い方について紹介しています。

Windows版

Seagateのサイトです。Windows版 SeaToolsからダウンロードします。

ファイルをダウンロードし インストールを行います。インストール後にSeatoolsを起動します。

Seatools

SeaToolsを起動します。ドライブをスキャンするため起動には若干時間がかかります。接続されているデバイスが表示されます。ここでは一番上がSSD、二段目と三段目がHDD、一番下はカードリーダーが表示されています。

どれがハードディスクかを把握する必要があります。ハードディスク専用のツールであり、SSDやフラッシュメモリーではテストはできません。選択はできますが、テストは非推奨です。ハードディスクのみテストできます。

SeaTools画面

検査したいドライブを選択しチェックを入れます。

次に、上部メニューのベーシックテストから項目を選択します。一般的にテストや情報の確認などで用いられるのは、SMARTチェック、ショートセルフテスト、ドライブ情報、ショートリードテスト、ロングリードテストです。

一番上の すべてを修復と、アドバンスドテストは、データが消えることがあるため警告画面や確認画面が表示されるようになっています。

ドライブの選択

ここでは、ショートセルフテストを行います。テスト中にキャンセルしたい場合は、上部メニューのキャンセルをクリックします。

ショートセルフテスト

ショートセルフテストは、比較的短時間で終わります。結果はPass パースが合格。Fail フェイルや失敗が不合格です。

検査結果

このように、Seatoolsはドライブを選択してテスト行います。

テストは、ショートセルフテスト、ショートリードテスト、ロングリードテストを主に使います。

ショートリードテストも、ショートセルフテストと同様、比較的短時間で行うことができます。

ロングリードテストは、ドライブの容量にもよりますが、1時間~2時間はかかります。2TB以上の大容量ハードディスクでは、非常に時間がかかるため、一般的にショートセルフテストやショートリードテストを先に行うことになります。

上部メニューのリチェックは、ソフトウェアを再起動してハードディスクを再認識するものです。またヘルプのリンク先に、使用方法の詳細などが PDFファイルで公開されています。

修復や高度な機能は、Seagate製のハードディスクでのみ実行できるようになっています。

Dos版

Dos版は、バージョンが古くレガシーツールとされています。主にBIOSで動作します。Windowsが起動する前にハードディスクの診断を行うことができます。

ダウンロードした ISOファイルをイメージファイルとして書き込みます。その後、BIOSの起動順位を変更し、Dos版 SeaToolsを開始します。

ISOファイル

利用規約の確認画面後のDos版 Seatoolsの画面。接続されているハードディスクが表示されます。

Dos版 Seatoolsの画面

画面右上の言語設定で、Engrish→日本語に変更することができます。

言語設定

上部にメニュー画面があります。テストはハードディスクのみ可能です。ショートテストとロングテストがあります。

テスト

結果は、PASSやFailで表示されます。Seagateのホームページに使用方法の詳細が解説されています。

Windows版と同じく、高度な機能がありデータの消去などの項目があります。間違って操作しないように注意します。

USB版

USB版も、起動ディスクとして使うことができます。Seatool Bootableという名前です。

USBメモリーにSeatoolsを書き込み起動させます。BIOSとUEFIに対応しています。USBメモリーはMBRでフォーマットされますが、EFIパーティションを持ちます。BIOSではBIOSモード、UEFIならUEFIモードで切り替わるようになっています。

USBメモリー用のファイルをダウンロードし、USBの起動ディスク作成を行います。USBメモリーは完全にフォーマットされ、もしデータが入っている場合はすべて消えます。

ISOファイル

UEFIにおける USBメモリーでの起動画面。そのまま何もしなければ 10秒ほどで画面が変わります。

Dos版 Seatoolsの画面

言語設定と利用規約の確認の後、Seatoolsの画面になります。

ドライブを選択して、テストを行います。テストは主に、ショートセルフテスト、ショートテスト、ロングテストがあります。

テストはハードディスクのみ可能です。SSDやフラッシュメモリーでは行うことはできません。また非推奨です。

ここでは、二段目にもハードディスクのマークが付いていますが、これは起動しているUSBフラッシュメモリーになります。Storage Mediaとなっています。これもテスト対象外です。

画面

ハードディスクを選択し、テストを実行すると結果が表示されます。結果は、PASSやFailで表示されます。

テスト

基本的なテスト項目にFixAllの修復や、他のメニューの箇所にデータ消去などを行う高度な機能などがあります。警告画面は出ますが、間違って操作しないように注意します。

このように Seatoolsは、OSが起動する前に使えるものとして、Dos版とUSB版があります。USB版は、パソコンにもよりますが、作成に1時間~2時間とかなり時間がかかる可能性があります。