電源が落ちる、ファンの音がうるさい

ノートパソコンも内部の埃・汚れにより電源が落ちたり、ファンの音がうるさくなることはあります。

最近の機種では それほど起きることはありませんが パソコンの機種・構造、使用する環境によってはしばしば起きます。

原理はデスクトップパソコンとほぼ同じです。内部の埃・汚れが排熱を妨げ CPUの温度が高くなり電源が落ちます。

デスクトップパソコンに比べると内部のクリーニングは、難易度は高くなります。

場合によっては壊れたり、失敗することもあります。保証がきかなくなることもあります。できれば専門の会社などに頼んだほうがいいでしょう。

このページでは、実際に電源が落ちる、ファンの音がうるさいというノートパソコンがどうなっているのか?また実際のクリーニング方法やその効果を紹介したいと思います。

検証

通常は問題なく使えるパソコンですが、何時間も使っているとファンの音がうるさくなったり、場合によっては電源が落ちることがあります。

ノートパソコン

通常時の温度を確認すると、CPUはそれほど高温ではありません。パソコンによってはすでに高温ということもあります。

通常時

負荷がかかると高温になります。80度を超えるとさすがに問題有りと考えていいでしょう。

負荷時

このパソコンはしばらくして電源が落ちました。

負荷時に電源が落ちる、一度電源が落ちるとしばらくしないと電源が入らないという場合は、ほとんどがCPUの熱によるものです。

正確には、それ以上高温になると危険なので、マザーボードの保護機能が働き電源が落ちます。

分解

外からは判断ができないのですが、ノートパソコンのこの種のトラブルは、CPUファンや排気口に埃や汚れがたまっていることが原因のほとんどを占めています。

排気口

分解方法は機種によって異なります。まずバッテリーを確実に外します。

バッテリーを外す

ネジを外します。

底面ネジ

ここのネジも外します。

背面ネジ

カバーをスライドして外します。

カバーを外す

キーボードを固定しているネジを外します。

キーボードのネジ

キーボードをスライドさせます。

キーボードをスライド

キーボードのケーブルに気を付けて、内部が見れるようにします。

ケーブル

CPUファンのあるところは このようにカバーをしていることがあります。左上にCPUファンの一部が見えます。

カバー

カバーを固定しているネジを外します。

カバーのネジ

カバーを外すとCPUファンが見えます。

カバー下のCPUファン

この状態で、CPUファンを単体で取り外すことができるノートパソコンは比較的多くなっています。CPUファンとマザーボードをつないでいる小さな電源ケーブルを慎重に外して CPUファンのみ取り出すこともできます。

この機種では、CPUファンを単体では取り出せないことがわかります。もう少し先に進める必要があります。ヒートシンクを固定しているネジを外します。赤枠はCPUファンの電源ケーブル。

ヒートシンクのネジ

ゆっくり持ち上げて ヒートシンクとCPUファンを取り外します。右下に見えるのがCPUです。

持ち上げる

CPUで発生した熱が、金属製のヒートシンクに伝わり、CPUファンの送り出す風で冷却していることが分かります。

冷却の仕組み

CPUファンを固定しているネジを外します。

CPUファンのネジ

テープなどが付いている場合はそれも外します。

テープを外す

排気口に埃がたまっていることがわかります。

排気口の埃

この埃が排気口を塞いでいることが分かります。これがCPUが高温のままになったり ファンの回転数が上がったりする原因です。

埃

エアダスターやウエットティッシュできれいにします。

クリーニング

CPUファンは、慎重に扱います。目立った汚れのみ軽くとります。力を加えると軸がずれて異音の原因になることもあります。

CPUファン

排気口周辺をきれいにクリーニングします。

排気口周辺のクリーニング

CPUファンのクリーニングが終わったら元通りにヒートシンクに取り付けます。

CPUグリス

通常 電源が落ちたり、ファンの音がうるさいという場合、CPUファンのクリーニングだけでも十分です。

ただクリーニングしても効果が弱い、ヒートシンクを一度外したら CPUグリスが乾いていてグリスもとれてしまった、というときは塗り直すこともできます。

CPU上のCPUグリス。隙間や空気が入ると熱伝導が落ちるので それを防ぎ効果的に熱を伝えるために塗られています。

CPU上のCPUグリス

パソコンを動かす頭脳ともいえるところです。ウエットティッシュや綿棒を使い慎重にふき取ります。

デスクップパソコンのCPUと違い露出している回路があるため気を付けます。

CPU

きれいにふき取った後。

CPUグリスのふき取り

CPUグリスを準備します。

CPUグリス

薄く塗ります。塗りすぎはよくありありません。

薄く塗る

取り付けるヒートシンク側もきれいにふき取っておきます。

ふき取る

ネジ穴を確認しながら、できるだけずらしたりすることがないように、1回でネジ留めします。CPUを傷つけないためです。

またネジの部分には番号が振っていることもあります。番号順に留めていきます。対画留めです。

対格留め

ネジが緩んでいないか確認します。CPUの電源ケーブルも取り付けます。

確認

あとは元通りにしていきます。

元に戻す

確認

クリーニング後、どのようになったか確認することができます。

まず通常時の温度です。特に問題ありません。

クリーニング後の通常時

負荷時の温度です。最大でも55度ぐらいに落ち着きました。

クリーニング後の負荷時

クリーニング前に80度を超え電源が落ちる、音がうるさいというトラブルがありましたが、クリーニングは55度前後で落ち着き 電源が落ちる、音がうるさいというトラブルも解消されました。

このようにノートパソコンにおいても、長年使用していると CPUファンや排気口に埃や汚れがたまり排熱が滞りトラブルが起きることもあります。

外部からエアダスターを当てても、たまった埃を取り除かない限りは根本的な解決は難しいといえます。

CPUグリスは臨機応変に対応することになりますが、それほど重要視する必要はありません。

ノートパソコンの場合は、メーカーや機種で構造の差異が大きくなっています。

CPUファンに比較的アクセスしやすい機種では、底面のカバーを外せば CPUファンが見えるということもあります。CPUファンは、外部から空気を取り入れて排出するため、一般的な傾向として、吸気の部分や排気の部分の近くにあります。