ウイルスとスパイウェアとは

ウイルスとは、パソコンに侵入し危害を加え悪影響を及ぼすプログラムのことです。別名:コンピューターウイルス。主に電子メールやホームページ閲覧などを通して感染します。

スパイウェアとは、ユーザーの知らないうちに通信内容や個人情報を、特定の場所・プログラム作成者に送信するソフトウェアのことです。

  • ウイルス・・・伝染・潜伏・発症
  • スパイウェア・・パソコンのなかでスパイ活動をしている

ウイルスやスパイウェアなど、悪意のあるソフトウェアを総称して、マルウェアといいます。

ウイルス

経済産業省のコンピュータウイルス対策基準で、ウイルスは以下のように定義されています。

第三者のプログラムやデータべースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、 次の機能を一つ以上有するもの。

自己伝染機能

自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して自らを他のシステムにコピーすることにより、 他のシステムに伝染する機能

潜伏機能

発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、発病するまで症状を出さない機能

発病機能

プログラム、データ等のファイルの破壊を行ったり、設計者の意図しない動作をする等の機能

感染・発症すると、パソコンが正常に使用できない、起動しないということもあります。

ネットワーク上で自身を複製しながら増殖するワーム、外部から操作し、迷惑メール送信や踏み台など不正な処理を行うボット、WordやExcelのマクロ機能を悪用したマクロウイルス、Webページを改ざんし不正なコードを埋め込み感染させるガンブラー、通常のソフトウェアに見せかけてパソコンに侵入するトロイの木馬、不正アクセスの原因をつくるバックドアなどがあります。

スパイウェア

ウイルスとの違いは何かといいますと、基本的にウイルスは増殖するが、スパイウェアは増殖しないということです。

そして、ウイルスがパソコンの破壊活動を中心に行うのに対して、スパイウェアは個人情報を盗んだり、経済活動が目的であることがあげられます。

パソコンに広告を表示させるアドウェア、キーボードで入力されたIDやパスワードなどを記録し送信するキーロガー、パソコン内のファイルを暗号化し、身代金を要求するランサムウェアなどがあります。