ハードウェアの異常を知らせるビープ音

ビープ音とは、電子機器が通知のために発する音で、パソコンに搭載されているBIOSにもビープ音と呼ばれるものがあります。

BIOSが何らかの異常を感知したときは、通知するためにビープ音が鳴るのが一般的です。

OSが起動してくる前ですから、ハードウェアの異常であるということができます。

しかし、メーカーや機種によってビープ音が鳴ることもあれば、鳴らないこともあるあります。メーカーによっては、独自にBIOSのビープ音を設定していることもあります。

ピッと1回鳴って、Windowsが起動してくる場合は、正常起動です。

(BIOSには大きく分けてAWORD BIOSとAMI BIOSの2種類があり、以前はそれぞれのBIOSでビープ音や通知している内容が異なりましたが、現在はこれがすべて当てはまるというわけではありません。)

AWORD BIOS


 ・(短音×1)・・正常起動
 ・・(短音×2)・・CMOS設定エラー
 -・(長音×1、短音×1)・・メモリーエラー
 -・・(長音×1、短音×2)・・グラフィックボード or モニター接続エラー
 -・・・(長音×1、短音×1)・・グラフィックメモリーエラー
 ---(長音の連続)・・メモリー接続エラー、装着エラー
 ・・・・(短音の連続)・・電源供給エラー

AMI BIOS


 ・(短音×1)・・メモリーリフレッシュエラー
 ・・(短音×2)・・メモリーバリティーエラー
 ・・・(短音×3)・・メモリーエラー
 ・・・・・(短音×5)・・CPUエラー
 ・・・・・・(短音×6)・・キーボードエラー
 ・・・・・・・(短音×7)・・CPU、マザーボードエラー
 ・・・・・・・・(短音×8)・・グラフィックメモリーエラー

POST画面

BIOSには、自己診断機能があり それをPOST(Power On Self Test)といいます。

BIOSは起動したが、黒い画面に英字が出て止まっているということがあります。このときにビープ音も数回鳴ることもあります。

これはハードウェアの異常、あるいはハードウェアの変更があったことを示しています。POST画面には、メッセージが主に英文で表示されています。

ハードディスクのSMARTエラー、CPUファンのエラー、BIOSの電池切れなど内容は様々です。ユーザーによるBIOSアップデートやメモリーの増設の後に表示されることもあり、確認を促すということもあります。

BIOSは起動しているが、何らかのエラーや変更があるということです。

メモリーやグラフィック関連が多い

パソコンの電源を入れてビープ音がするという場合は、パソコンパーツのメモリーが一番可能性は高くなります。

メモリーの故障や帯電などでよく起きますので、メモリーの取り外しや再装着などを試してみるといいでしょう。

BIOS起動に必要なデバイス

一般論として、BIOSの起動は電源、マザーボード、CPU、メモリーが正常であれば起動します。

ハードディスク光学ドライブは接続されていなくても、BIOSは起動します。

つまり、BIOSが起動しない、電源を入れても何も表示されないということは、電源、マザーボード、CPU、メモリーの問題を疑うということになってきます。

実際に、BIOSが起動しないというパソコンは、電源ユニットの不良、マザーボードの不良、メモリーの不良などが多い傾向があります。

マザーボードは、いろいろな機能が集積しているボードですが、グラフィックチップの不良、電源回路(コンデンサ)の不良などがあります。


関連情報