右クリックでメニューを表示する

マウスやノートパソコンのタッチパッドには、左クリックと右クリックとがあります。

主な操作は左クリックが中心になってきますが、パソコンの基本的操作・応用的操作の大半は、右クリックによって可能となってきます。

右クリック

左クリックで 対象の選択や決定、右クリックで 対象の操作可能なメニューの表示と考えます。右クリックは、どこの部分で行うかによって表示される項目が異なります。

デスクトップ上で右クリック。フォルダを新規作成することができます。

新規作成

フォルダやファイル上で右クリックすると様々なメニューがあります。名前の変更、削除、コピーなどがあります。

メニュー

コンピュータのCD/DVDドライブのアイコン上で、右クリック→取り出しでも、ドライブのトレイを開くことができます。

取り出し

ごみ箱 右クリック→ごみ箱を空にする。

ごみ箱

ドライブやフォルダ、ファイル上で右クリック→プロパティで容量を調べたりします。プロパティというのは、特性という意味で、そのファイルやフォルダのもつ詳細な情報を見ることができます。

容量

アイコンなども左クリックだけではなくて、右クリック→開くでも可能です。

開く

タスクバーの上で右クリックすると、タスクマネージャーなどを起動させることができます。

タスクバー

フォルダやファイル上で右クリックすると、パソコンにインストールしているウイルス対策ソフトで、そのフォルダやファイルのみスキャンすることができます。

スキャン

ブラウザのWebページ リンク上で右クリック。新しいタブで開く、新しいウィンドウで開くを選択することができます。

新しいタブで開く

Windows 10。左下 スタートボタンで右クリック。プログラムと機能、デバイスマネージャーなど比較的使用頻度の高い項目が表示されます。

Windows 10

パソコンの操作では、何をどうするのか?とはっきりと指示を出すことが大切です。マウスでアイコンやフォルダなどの対象 オブジェクトを確実に指定して、メニュー表示や決定を行います。