ルーターや自分のパソコンのIPアドレスを調べる

ipconfigというコマンドは、主にパソコンとルーターがつながっているかどうかの確認や、ルーターやネットワーク内での自分のパソコンのプライベートIPアドレスを確認するときに使います。

例えば、ルーターの設定、無線LANの設定においてルーターのIPアドレスを調べたり、インターネットにつながらない原因がどこにあるのか推測するために用いることがあります。

このページでは、コマンドプロンプトの最も基本的な操作のひとつである ipconfigについて解説しています。

使い方

コマンドプロンプトを起動させます。検索窓に cmdと入力します。

cmdと入力

Windows 10、コマンドプロンプト。

コマンドプロンプト

ipconfig と半角英数字で入力→Enter。

ipconfig

ネットワーク内では、プライベートIPアドレスによって機器の通信は行われています。

IPv4 アドレスがパソコンのIPアドレス。デフォルト ゲートウェイがルーターのIPアドレス。IPアドレスはルーターのメーカーにより数値が異なることがありますが、通常は、192.168.~の系統になります。

ルーターが起点となってIPアドレスを振り分けているので、ルーターのIPアドレスの末尾はたいてい 1になります。

IPアドレス

パソコンのIPアドレスとルーターのIPアドレスが同じ192.168~の系統、例えば パソコンが 192.168.1.5、ルーターが192.168.1.1のようになっていれば、基本的にルーターとパソコンの接続は確立しているといえます。

ルーターとパソコンの接続が確立していながら、ブラウザでページが表示できないなら該当するWebサーバー、プロバイダ、モデム、またはブラウザやセキュリティ対策ソフトのファイアウォールなどに問題が生じている可能性があります。

もしパソコンとルーターの接続が確立していないならば、LANケーブル、ルーターの電源などを確認するということになります。

その他

ipconfig /release

ipconfig /release と入力してEnter。gと/の間に半角スペースが入ります。

release

ルーターからのIPアドレスを一時的に解放します。パソコンのIPアドレスがなくなるため、インターネットには繋がらなくなります。

パソコンの再起動か ipconfig /renew でIPアドレスを再取得します。

ipconfig /renew

ipconfig /renew と入力してEnter。gと/の間に半角スペースが入ります。

renew

ルーターからIPアドレスを再取得します。パソコンのIPアドレスは変わることがあります。

releaseやrenewでパソコンのネットワーク機能に異常がないかの調査などができます。またインターネットにつながらないときもIPアドレスの再取得を行い問題がないかどうか確認することがあります。

ipconfig /all

他には ipconfig /all と入力してEnter。gと/の間に半角スペースが入ります。

all

MACアドレスなど詳細な情報が見れます。