初期化・リカバリーで用いるディスクの作成

リカバリーディスクとは、パソコンを初期化・リカバリーする際に使用するディスクです。

パソコンが何らかの事情で起動しなくなったり、調子が悪い時はパソコンを購入時の状態に戻すことができます。もし初期化しようというときに、リカバリーディスクがなければ作業を行うことができません。

メーカー製パソコンでは、元々パソコンにリカバリーディスクが付属している場合とそうでない場合があります。付属している場合は、新たにリカバリーディスクを作成する必要はありません。

リカバリーディスクが付属していないパソコンというのは、ハードディスクSSDの中にリカバリー領域というのが内蔵されています。これは隠し領域になっているため、通常はコンピュータから見えないようになっています。

このリカバリー領域を使用して、リカバリーディスクを作成することができます。

方法

リカバリーディスクは、CDやDVDなどの光学ディスクを用意して、リカバリーディスク作成用のソフトウェアを起動して作成します。

メーカーによって作成方法は異なるので、マニュアルを確認します

通常はスタートメニューのプログラムに、リカバリーディスク作成や再セットアップディスク作成などのソフトがあります。このソフトがハードディスクやSSD内のリカバリー領域を読み出して、CDやDVDに書き込みを行います。

リカバリーは、Windowsを再度セットアップするので、再セットアップともいいます。

リカバリーディスク作成

ハードディスク内のリカバリー領域。コンピュータ右クリック→管理→ディスクの管理で見ることができます。Resore、HDDRecoveryなどの名前が付いています。

リカバリー領域

リカバリーディスク作成では、プログラムを起動させて指示に従います。CD-RやDVD-Rなどが主に使用されます。

パソコンによって使用するメディアの種類や枚数は異なりますが、CD-R 1枚+DVD-R 3枚、もしくはDVD-R 4枚などの組み合わせなどがあります。

メッセージ

このパソコンの例では、未使用のDVD-R 4枚が必要で、1枚目のみCD-Rでも可というメッセージが出ています。

メディア

リカバリディスクの作成では、市販されているCD-RやDVD-Rなどの光学ディスクを使います。

DVD-Rにはデータ用とテレビ録画用(ビデオ用)とがあります。基本的にデータ用でも録画用でも使うことができます。

DVD-R DLは2層タイプで、通常のDVD-R 4.7GBに対して8.5GB書き込みができます。メーカー製パソコンのリカバリーディスク作成のプログラムによっては 2層タイプのものもサポートしていることがあります。

録画用というのは デジタル放送の録画に対応している(CPRM対応)を指しており パソコンでのデータ書き込みでも使用できます。データ用ではデジタル放送録画はできませんが、録画用よりも安価です。

また最近のパソコンでは CD-RやDVD-R以外に BD-R(ブルーレイディスク)を使用できるものも増えています。

リカバリーディスク作成においては、使用できるメディアがパソコンによって多少異なるので、ソフトを起動させて確認するようにします。

USBメモリー

パソコンによっては、USBメモリーにリカバリー用の起動ファイルを書き込んでおき、万が一 パソコンの初期化が必要なときは、USBメモリーからリカバリーを行うことができるようになっています。

CDやDVDと考え方は全く同じで、書き込む対象が CDやDVDではなく、USBメモリーになります。

OSのバックアップ

パソコンの初期化には、主に2通りの方法があります。ひとつは、リカバリーディスクを使用した方法で、もうひとつはハードディスクやSSDのリカバリー領域を使用したリカバリーです。

元々リカバリーディスクが付属していないパソコンというのは、このハードディスクやSSDのリカバリー領域からリカバリーできるようになっています。

そのため、リカバリーディスクは必ずしも必要というわけではありません。

しかし、もしハードディスクやSSDのリカバリー領域が壊れたり、ハードディスクやSSDそのものが壊れた場合、リカバリー領域自体が使えないのでパソコンの初期化ができないことになります。

よくある事例が、ハードディスクそのものが壊れてしまい、新しいハードディスクに交換したものの、リカバリーディスクがないため、初期化・リカバリーができないということがあります。

リカバリーディスクを事前に作成しておけば、ハードディスク交換やSSD交換の際もインストール作業は比較的簡単にできる可能性があります。

正常にパソコンが起動している時に、リカバリーディスクを作成していれば、ディスクがないためリカバリーできないというトラブルを、未然に防ぐことができます。

いま問題なく使用出来ているパソコンであっても、ハードディスクの故障に備え、リカバリーディスクの作成は事前に行なっておいたほうがいいということです。リカバリーディスクの作成は、OSのバックアップということができます。

イメージバックアップ

パソコンによってはリカバリーディスクが作成できないということもあります。

例えば、自作パソコンやBTOパソコン、パソコン購入時に付属していたリカバリーディスクを紛失したとき、譲り受けたパソコン、中古パソコンでリカバリーディスクが無いなど、このような場合、イメージバックアップという方法があります。

イメージバックアップとは、現在のWindows・プログラム・データ・設定などが入っているCドライブをバックアップすることです。

Windowsが起動しない、調子が悪いという時に、パソコンを初期化するのではなく、正常に起動している時にバックアップした Cドライブを復元します。

通常のWindowsの初期化と違い、後からインストールしているプログラムや各種設定も復元されるので、初期化に比較すると時間や手間を大幅に省くことができます。

万が一パソコンが起動しない、Windowsを初期化したいという時でも、リカバリーディスクの代替として使用することができます。

メーカー

リカバリーディスクを紛失、あるいはハードディスクの故障により内蔵されているリカバリー領域からリカバリーができない、リカバリーディスクがないためハードディスク交換後、リカバリーができないということがあります。

こうした場合は、メーカー・関連会社に問い合わせることでリカバリーディスクを取り寄せることもできます。

リカバリーディスクは、基本的に有償になります。以下のメーカーは一例です。

必ずしも、すべてのメーカーでリカバリーディスクを提供しているわけではなく、提供しているメーカーでも型番により未提供であることもあります。また上記以外のメーカーでも、リカバリーディスクの提供をしていることがあります。