ブラウザのトラブル

ブラウザを使用していると、設定しているにも関わらず異なる動作をする、エラーが頻繁に表示されるということがあります。

ブラウザは、応用ソフトウェアのひとつであり、ソフトウェアのひとつであると捉えます。つまり、OSとは切り離して単体のソフトウェアとして考えます。

主な対処法としては、ブラウザに搭載されているリセット機能を使う、ブラウザを再インストールするという方法が考えられます。

Windows 10のMicrosoft Edgeは、基本ソフトウェアであるOSに完全に組み込まれたかたちになっており、アンインストールはできないようになっています。この点は例外的になります。

このページでは、ブラウザのエラーや不調を改善する方法について紹介しています。

リセット

ブラウザには、リセット機能があります。設定を既定値に戻すというものです。

ブラウザによって、どのようにリセットを行うかは異なりますが、概ねユーザーの履歴やお気に入りなどのデータは保持するなど、操作に大きく影響を及ぼすことがないようになっています。

IE リセットIE リセット。

インターネットオプション→詳細設定。


クローム リセットクローム リセット。

設定→詳細設定→リセットとクリーンアップ。


使用しているブラウザの設定項目から、リセットを行うことができます。

再インストール

ブラウザを一度OSから削除し、再度インストールを行います。基本的にブラウザは無償でダウンロード・入手することできます。

ブラウザの削除は、プログラムの追加と削除から行うことができます。

削除した場合、履歴やお気に入りのデータを保全する作業が必要になります。アンインストールする前に、ブラウザのエクスポート機能などを使い、必要なデータを対比させ、インストール後にインポート、データ移行を行います。

チェックディスク

ハードディスク及びOSの不調が、ブラウザにも影響していることがあるため、一度チェックディスクを行い、検証するという方法があります。

ハードディスクの不良がある場合は、ブラウザのリセットや再インストールで不調は一時的に直ることもありますが、根本的な解決にはならないことになります。

そのため、ハードディスク検査やチャックディスクは、アンインストール作業より先に行うのが一般的です。

システムの復元

システムの復元で 正常に動作していた時のブラウザに戻す方法もあります。

確実に直る可能性があるわけではありませんが 試してみることはできます。

基本的にシステムの復元は、データを保持して行われるため、データが失われるということはありませんが、実行時は、必要なデータはエクスポートするなどしておいたほうが無難です。

他のブラウザ

ブラウザのリセットなどでも回復しない場合は、他に原因となっているものが考えられます。

インストールされている他のブラウザで使用できるかどうか?を試すことができます。ブラウザはインターネット上で入手し、インストールすることができます。

そのブラウザでのみ調子が悪いという場合は、そのブラウザ固有の問題である可能性が高く、他のブラウザでも調子が悪いという場合は、ブラウザ全体に関わるハードウェアやOSの問題である可能性が高くなります。