インターネット設定の基本

インターネットの設定は大きく分けて2通りあります。

ADSLモデムやPCカードとパソコンを直接つないで接続する方法と、ルーターを経由して接続する方法です。

ブロードバンドが普及したばかりの頃は、モデムとパソコンをLANケーブルをつないでパソコン側にプロバイダのIDやパスワードを入力して接続するというのが一般的でした。

しかし最近では、ルーターを経由して接続する方法が大半で、この場合ルーターにIDやパスワードの設定を行います。

このプロバイダからのIDとパスワードを利用して接続することを、PPPoE接続といいます。PPPoE接続は、パソコン側で行う場合と、ルーター側で行う場合が有るということです。

利用しているインターネット環境がモデム経由かルーター経由かによって若干違ってくるので、まずはその確認をしてからインターネットの設定を始めるようにするといいでしょう。ルーター経由かそうでないかは回線業者に問い合わせるかipconfigを使うことで知ることができます。




パソコンに設定

左下スタートメニュー→コントロールパネル。
コントロールパネル

インターネットオプションを開きます。表示が異なる場合、左側のクラシック表示に切り替えるをクリック。
インターネットオプション

セットアップ。
セットアップ

次へ。
次へ

インターネットに接続する。
インターネットに接続する

接続を手動でセットアップする。
手動

ユーザー名とパスワードが必要な広域帯接続を使用して接続するを選択して次へ
広帯域接続

適当に入力します。OCNやぷらら、ニフティのようにプロバイダ名を入力するのが普通です。
プロバイダ名

プロバイダから郵送されている用紙を見てユーザーIDとパスワードを入力します。
IDとパスワード

この接続へのショートカットをデスクトップに追加するにチェックを入れ完了。
ショートカット

デスクトップ上にアイコンができます。これをクリックして接続できるかどうか確認しましょう。接続が無事できたら完了です。接続がうまくできない場合はIDやパスワードの入力ミスが考えられます。
アイコン
接続

ルーターに設定

ルーターへのログイン方法や設定方法はメーカーごとに異なりますが、ルーターにプロバイダのIDやパスワードを入力するという作業は同じです。

モデムやONU(光終端機器)→ルーターパソコンと接続してルーターにログインします。
ログイン

通常、ルーターの設定項目のPPPoEという箇所などが、設定場所となります。
PPPoE

接続名称は適当に入力します。ユーザー名、パスワードがプロバイダからのID、パスワードになります。
入力




関連情報


メニュー