自作パソコンでのCPUグリス交換

CPUグリスは、CPUとCPUクーラーのヒートシンクの間に塗る 潤滑剤の一種でセリー状のものです。

CPUグリスがあることで、CPUから発生した熱がスムーズにヒートシンクに伝わりCPUが冷却されるようになっています。グリスは効率的に熱を伝導し、CPUとヒートシンク間に空気などの隙間ができないようにします

パソコン自作時は、CPUクーラーにはじめからCPUグリスが付いているのでそのまま利用しますが、3年や5年と使用期間が長くなったり、パソコンの利用頻度が高いと、CPUグリスが乾燥したり固まったりして、CPUの温度が高いまま冷却されにくいということもあります。

CPUグリスは頻繁に交換・塗り直しすることはありませんが、定期的に塗り直したり、熱伝導率の高いものに変更することで、CPUの温度を下げたりすることができます。

このページでは、自作パソコンにおける CPUグリスの交換・塗り直しの方法について解説しています。


交換・塗り直し方法

事前にCPUの温度を測定していると効果がわかりやすいと思います。CPU交換後にどれぐらい温度が下がるか知ることができます。

まずパソコンのケースを開けます。

PCケース内部

グリス交換は CPUクーラーを外さないと行うことはできません。

CPUクーラーには、ソケットの形状やクーラーの種類によって外し方が異なります。

CPUクーラー

ここで解説しているのは LGA775ソケットのインテルプッシュピンタイプのCPUクーラーです。手順に従い CPUクーラーを取り外します。

CPUクーラー取り外し

クーラーの電源ケーブルも取り外します。

電源ケーブル

取り外したCPUクーラー。CPUと接している部分です。CPUクーラーが汚れていたら一緒に掃除しておくと冷却効果が高くなります。何年も使用しているとCPUファンのところに埃が付着していたり汚れていることがあります。

CPUクーラー

まず古いCPUグリスは完全に拭き取ります。残らないようにきれいに掃除します。こういうエタノール入りのウエットティッシュが役立ちます。

ウエットティッシュ

きれいに拭き取ります。

拭き取る

こんな感じなります。

掃除後のCPUクーラー

CPUの部分。グリスが乾燥して固まっていたり、薄くなっていたりと様々です。年数が経過していると完全に乾燥していることもあります。

CPU上

CPU側もきれいに拭き取ります。

拭き取る

こんな感じになります。

掃除後のCPU上

ソケットの中に入り込んでいる場合は、CPUソケットカバーをあげて掃除することもできます。

CPUソケット

CPU上に新しいCPUグリスを塗ります。ここではこういうグリスを使用します。

CPUグリス

CPUの真ん中あたりに少し多めに付けます。

グリスを付ける

全体に広げていきます。

全体に広げる

CPUグリスによって簡単に広げることができるものとそうでないものとがあります。ヘラなどを使う方法もあります。

ヘラ

CPUからはできるだけはみ出さないようにします。塗り方としては均等に薄めというのがポイントです。CPUクーラーの圧力が加わることを想定して塗ります。

あまったグリスは容器内に戻します。

「過ぎたるは及ばざるが如し」で、多量に塗るとCPUクーラーを取り付けた時にグリスがはみ出してしまい、マザーボードやソケット内に入り込んで、マザーボードの故障を誘発することもありますので注意しましょう。

均等に薄めに塗る

CPUグリスをきれいに塗り終わったら、CPUクーラーを装着します。

CPUクーラー装着

パソコンの電源を入れて起動させます。CPU温度はBIOSで確認することもできます。CPU Temperatureが CPUの温度。

BIOSで確認

Windows起動後にアイドリング時と負荷時にCPU温度を測定するのもいいですね。どのくらい温度が下がっているか効果を知ることができます。

CPU温度


CPUグリスの選び方

CPUグリスにもいくつかの種類があります。

グリス状ではなくシールのようなシート状のものもあります。

グリスには下記のような種類があります。

  • シリコングリス
  • セラミックグリス
  • シルバーグリス

どれもCPUグリスとして使用できるのですが、配合されている成分や粒子の大きさが異なります。

なので塗りやすさや熱伝導率に違いが出てきます。

特に比較されるのは熱伝導率になります。熱伝導率 (単位 W/m・K)が高いとそれだけCPUで発生した熱がよくCPUグリス・CPUクーラーに伝わり熱が逃げていくことになります

一般的に塗りやすさでいうと、シリコン、セラミック、シルバーです。ただ塗りやすさといってもヘラなどを使えば違いはほとんどありません。

熱伝導率の高さからいうと シルバー、セラミック、シリコンになります。

例えば、シリコングリスの標準的な熱伝導率は、1W/m・K~4W/m・K、セラミックグリスでは、5W/m・K~8W/m・K、シルバーグリスでは、7W/m・K~9W/m・Kが主流となっています。

価格は、シリコン<セラミック<シルバーの順で、格安グリスとか高級グリスとというのは、CPUグリスの成分の違いなどから生じています。

ただ格安とか高級とはいっても、価格差は千円前後なのでそれほど違いはありません。

どれを選んでもCPUグリスとしての役目は果たしてくれるので、あまり考える必要はないのですが、一度塗り直すと基本的に1年以上は確実にもちます。以後パソコンが壊れるか買い直すまで塗り直すことがないということもあります。

ほとんどのCPUグリスは何回か塗ることができるほどの容量が入っています。


シリコングリス。



セラミックグリス。



シルバーグリス。銀を含有。今回使用したグリス。自作パソコン雑誌などの比較調査でも シリコン・セラミックより高い熱伝導率は実証されています。オーバークロックやCPU温度を特に気する方にはお勧めです。



グリスを塗る際に使用するヘラ。なくても塗ることはできますが、こういうヘラやカード類などを使用すると薄くまんべんなく塗ることができます。



エタノール入りウエットティッシュ。もともと付いているCPUのグリスをきれいに拭き取るときに使用します。頑固な汚れを比較的簡単に取ることができます。

関連情報