電源ユニットの交換方法

自作パソコンでは、基本的に電源ユニットの交換が可能です。

電源も長期間使用していると出力が弱くなったり、内部が汚れたり、不安定になったりすることはあります。またグラフィックボード増設などで電力不足が想定され高出力の電源が必要になってくることもあります。

電源が入らなくなった、故障したという理由で交換することが一番多いと思います。

自作パソコンやショップパソコンでは、主にATX電源というものが使用されています。ATX電源はフルタワー、ミドルタワー、ミニタワーなどのパソコンケースで使用されます。

ここではATX電源の交換方法や電源を選ぶ際におさえておきたいポイントについて解説しています。

電源ユニットの取り外し

電源ユニットを交換するパソコン

パソコン

パソコンを横にして、パソコンに接続されている電源ケーブルをすべて外します。メイン電源、CPU電源、HDD、光学ドライブ、FDD、グラフィックボードなど。

電源ケーブルを外す

電源を取り外しやすいように、取り外したケーブルをまとめます。

まとめる

電源を固定しているネジ4本を外します。

ネジ

電源ユニットをスライドさせると取り外すことができます。

スライド

電源ユニットの取り付け

新しい電源ユニットを用意します。

新しい電源

新しい電源ユニットをスライドさせてケースにおさめます。電源FANが付いている場合、通常ファンは下側(マザーボード)の方を向きます。

交換

4ヶ所のネジ穴が合っていることを確認し、ネジで固定します。スイッチの左(写真左下)のネジから固定していくとネジを留めやすいでしょう。

固定

メイン電源、CPU電源などそれぞれのパソコンパーツに必要な電源ケーブルを接続します。作業がしやすいように必要に応じてHDDや光学ドライブのIDEケーブルやSATAケーブルも外すといいでしょう。

内側

ケーブルバンド。

ケーブルバンド

ケーブルバンドで電源を束ねると効果的です。

束ねる

電源を入れる際は、スイッチをONにします。-がON、○がOFFです。

スイッチ

パソコンが起動して普通に使用できれば、それで動作確認になります。BIOS画面で各デバイスを確認したり、電圧の異常がないか見ることもできます。

BIOS画面

電源ユニットの選び方

最近の電源というのは、旧モデルのマザーボードもカバーしていることが多いので、新しい電源にしたからといってコネクターが不足したり、接続できないというのはほとんどありません。

注意事項というほどでもないのですが、電源が壊れた自作パソコンで電源ユニットを交換する場合は、下記の点に注意します。

1.電源のコネクターの種類や数

電源には、それぞれのパーツに大して専用のコネクタがあります。基本は、メイン電源・CPU電源・ビデオカード・SATA・IDE・FDDです。

今使用している電源ユニットや各パーツを見れば、どの電源がいくつ必要かというのは自ずから分かってきます。

これら必要な電源コネクタを備えている電源を選ぶようにします。

2.出力数

例えばHDD1台・光学ドライブ1台など一般的な構成であれば、350w~500wで十分といわれています。ビデオカードに補助電源がある場合は、500w~650w、補助電源がないビデオカードでは、400w~550wなどが目安です。

一番分かりやすいのは、今まで使用していた電源が何wだったのか知ることです。

もともと付いている電源がどういうものであるのか把握し、電源のコネクターの種類と数、出力数をおさえた上で電源ユニットを探せば、電源選びはスムーズにいきます。


電源コネクターの種類

メイン電源

メイン電源はほとんどが24pinです。かなり古いマザーボードで20pinというのがありますが、今の電源は20pinプラス4ピンの構成になっているため、マザーボードが20pinでも24pinでも対応できるようになっています。

ビデオカード20pinと4pinを分離できますが、最近のマザーボードはほぼすべて24pinです。


CPU電源(+12V)

CPUの横に繋がっている電源です。

電源ユニットのCPU電源はほとんど 8pin、つまり4pinを2つ備えているので、マザーボード側が4pinなら4pinをひとつ接続します。もうひとつの4pinは余ります。形状が若干異なるので、2つのうち形状が合致するほうをマザーボードにつなぎます。

CPU電源旧世代やローエンドクラスのマザーボードでは4pinのものが多いです。ミドルレンジ、ハイエンドのマザーボードでは、8pin(4pin+4pin)です。


SATA電源

光学ドライブやHDDなどに使います。

SATA電源は必ず付いていると考えていいでしょう。付いていない電源を探すほうが難しいです。電源ユニットによってSATA電源の数は異なってきます。

SATA電源SATA電源。どの電源ユニットにも付いていますが個数は異なります。


ペリフェラル4pin電源

IDEタイプの光学ドライブやHDDなどで使用されます。

他にもケースファン用の電源としても使うことがあります。

最新の電源ユニットであっても、ペリフェラル4pin電源は付いていることがほとんどです。これもSATA電源と同じく電源ユニットによって数が異なります。

ペリフェラル4pin電源IDEの光学ドライブ、HDDなどで使います。他にケースファンにつながっていることもあります。


PCI-E用電源

ビデオカード用の電源です。

電源交換で一番気を付けるべき点は、このビデオカード用の電源になります。

ビデオカード用のPCI-E用電源は、8pin(6pin+2pin)、6pin、6pin×2などの種類があります。ビデオカードの性能によって必要な電源が異なってきます。

もし現在ビデオカードを使っているなら、そのビデオカードに使われている電源がどうなっているか確認します。

ビデオカードを利用している場合は、目視で確認しておくといいでしょう。

ビデオカードの6pin電源ビデオカードの6pin電源。


8pinなのか、6pinなのか、6pinが2つ使われているのか?またローエンドのビデオカードでは電源が使われていませんので、その場合は関係ありません。

電源ユニットによって、8pinが1つ、6pinが1つ、8pin(6pin+2pin)が2つなど異なります。

8pinが2つ電源ユニットの8pinが2つある例。


6pin+2pin8pinというのは、6pin+2pinに分けることができます。ビデオカードで6pinを1つだけ使う場合は、8pinを6pinと2pinに分けて 6pinを1つ使います。


6pinが1つビデオカード用の6pinが1つある電源ユニットの例。


FDD用電源

FDD=フロッピーディスクドライブ用の電源です。

フロッピーディスク以外では、スルムタイプの光学ドライブやフロントパネルに増設しているパーツにつながっていることもあります。

FDD用電源FDD用の電源。あまり使用する電源ではありませんが、ほとんどの電源にFDD用電源は1つ付いています。

出力数・ワット数

400wとか500wとか650wなどです。

電源ユニットの最大出力数です。これが大きいほど内蔵されているパーツが多くても問題なく動作させることができます。

今まで使用していた電源ユニットを目視すれば、ワット数は記載されているのですぐに分かります。これにあわせて新しい電源ユニットを選ぶといいでしょう。

ワット数ワット数が大きく記載されています。記載がなければTotal Power、Max Powerなどの項目を見ます。


よほどハイエンドなパソコンでなければ、350w~500wで十分といえます。

ビデオカードが一番電源を消費するので、ミドルレンジ以上のビデオカードを使用しているようなら450w~650wの電源が適切です。

このようにマザーボードや搭載しているHDDや光学ドライブ、ビデオカードによって使われている電源ケーブルは違ってくるのですが、一度ケースを開けてそれぞれのパーツにどういうふうに電源が繋がっているか確認しておくと間違いがありません。

メイン電源24pin、CPU電源 4pinか8pin、光学ドライブとHDDにSATA×2、もしくはペリフェラル4pinとSATA。ビデオカードに6pinなど。

そして大体のワット数を確認した上で、電源ユニットを選ぶといいかと思います。

電源ユニットによっては、SATAが2つのみとか、ビデオカード用が6pin×1のみとかいう場合もあります。

ただミドルクラス以上の電源であれば、ローエンドからハイエンドまでのマザーボード、自作パソコンに対応できるように電源コネクタは複数用意されているのでそれほど心配することではありません。

電源ユニットのパッケージには、どの種類のコネクターが何本ついているか図解されていたり、商品説明に記載されていることがほとんどなので事前に確認することができます。

例えばこの電源ユニットなら、メイン電源24pin、CPU電源8pin(4pin×2)、SATA x7、IDE x5、FDD x1、PCI Express(6+2pin) x2とコネクターは多めに用意されています。出力650w。

この電源は、メイン電源24pin、CPU電源8pin(4pin×2)、PCI-Express (6+2pin) x1、PCI-Express (6pin) x1、SATA x4、IDE x4、FDD x1、出力 550w。

80PLUS認証

80PLUS認証というのは、ここ数年で浸透した認証プログラムです。

自作パソコン用の電源ユニットにこの認証が使われています。

パソコン用の電源は、コンセントの交流を直流に変換して電源を供給しているのですが、この変換効率が80%以上の電源ユニットに80PLUS認証が与えられます。パッケージにはシールが貼ってあったり、記載されていたりします。

80PLUS認証には、スタンダード、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナがあり変換効率がいいほどプラチナになります。

電源は人間で言うと血液に例えることもできます。

パーツの隅々まで安定した電気を供給するわけです。人間も血液の流れが悪いと病気になったり調子が悪くなったりすると思います。同じように電源の調子が悪いとパーツの隅々まで電気が安定して流れずにパーツの故障につながりやすいといえます。

一般的に電源が安定しているパソコンほどパーツが故障しにくく長持ちすると考えられています。

80PLUS認証を受けている電源ユニットのほうが、変換効率が高いので省電力である、故障率が低い、保証期間が長い、安定しているなどの傾向は強いので、電源ユニットの選ぶ際に 80PLUS認証か否かというのもひとつのポイントとなります。


関連情報