各パーツに電気を供給する電源ユニット

電源ユニットにもいろいろな種類・規格があります。

自作パソコンで使用する電源はパソコン全体に電気を流すという大切な役割があります。電源は人体で言うと血液を流す心臓部といえます。

そのためやはり電源は適切なものを選択することが大切になってきます。

人の健康は、血流が大事というのと似てるのですが、安定している電源の電力供給もパソコンパーツの安定した動作・故障率の低下につながるとよくいわれます。

ここでは自作パソコンで使用される電源の種類や規格など良く出てくる言葉を解説しています。

大きさ

自作パソコンで使用する電源ユニットにはいくつかの大きさがありますが、最もよく使用されるのはATX電源といわれるものです。

ATX電源というのは、PCケースでよく使用される フルタワー、ミドルタワー、ミニタワーなどに組み込める電源をいいます。正確にはATX規格に基づいた電源をいいます。

自作パソコンでの電源ユニットはほぼATX電源と考えていいでしょう。他にやや小さめのMicroATX電源(SFX電源)などがありますが、使用されることはあまりありません。

ATX電源自作パソコンで最もよく使用されるATX電源。ほとんどのPCケースに対応しています。

プラグイン

プラグインとは、電源部とケーブルが着脱できるようになっていることをいいます。こうした電源をプラグイン電源ともいいます。

プラグン電源は、マザーボードやパーツにつなぐケーブルだけ電源部と接続することになるので、余計なケーブルがケース内に収まることがないので、スッキリする上、ケース内部での空気の流れが促進され排熱・冷却効果にもつながります。

プラグインプラグイン電源は必要な配線のみで接続することができます。メイン電源・CPU電源のみ電源ユニットから直接出ていることもあります。

電源ケーブル

電源ユニットからは、各パーツに電力を供給するために何種類かの電源ケーブルが出ています。

電源ケーブルを接続するパーツは、マザーボード、HDD、光学ドライブ、グラフィックボードなどです。

どのパーツにどのケーブルを繋ぐかは決まっているので、あまり戸惑うことはありません。

ケーブルの種類はどの電源ユニットもほとんど同じものを備えていますが、ケーブルの本数、例えばSATAがいくつとかは 電源ユニットによって異なることがあるので、自作や交換で電源ユニットを準備する際は どういうケーブルをどれだけ備えているかを念のため確認しておいたほうがいいでしょう。


80PLUS認証

80PLUS認証というのはここ数年で規格化されたもので、電源変換効率が80%以上の電源ユニットに対して、80PLUS認証というものが与えられています。

もともとパソコンで使用される電源は、交流から直流に変換するのですがこの時に無駄やロスが生じています。通常はすべての電流を変換できているわけではなく変換効率が80%未満といわれています。

そこで電源ユニットがどのぐらい変換できているのかの指標が80PLUS認証になります。80PLUS認証の電源は、80%以上の変換効率があるためそれだけ無駄やロスが少なく省電力・低発熱・高寿命につながるというわけです。

80PLUS認証には変換効率に応じて下記のランク付けがされています。シルバーやゴールドほど変換効率は高くなります。

スタンダード80PLUS スタンダード
出力20%・・・80%以上の変換効率
出力50%・・・80%以上
出力100%・・・80%以上

ブロンズ80PLUS ブロンズ
出力20%・・・82%以上
出力50%・・・85%以上
出力100%・・・82%以上

シルバー80PLUS シルバー
出力20%・・・85%以上
出力50%・・・88%以上
出力100%・・・85%以上

ゴールド80PLUS ゴールド
出力20%・・・87%以上
出力 50%・・・90%以上
出力100%・・・87%以上

プラチナ80PLUS プラチナ
出力20%・・・90%以上
出力 50%・・・92%以上
出力100%・・・89%以上

ワット数・出力

電源にはワット数・出力というものがあります。大体350w~650wのものが多いです。これはその電源ユニットがどのぐらい出力できるかを示すものです。

パソコンのパーツはそれぞれ電力を消費するので、それらのパーツの総消費電力に見合った電力供給を行う必要があります。

パソコンパーツの構成に合わせて電源のワット数も選択することになりますが、大体450w~600wぐらいあれば十分といわれています。

ハイエンドのグラフィックボードを搭載したり、複数のHDD(3,4台)を搭載したりする場合は600w以上で選択するといいでしょう。

機能

電源ユニットには保護回路が付いています。電源ユニットのパッケージにどういう保護回路が付いているか記載されていることが多いです。搭載している保護回路は、製品ごとに異なります。

  • OCP・・・過電流保護
  • OPP・・・過負荷保護
  • OTP・・・過温度保護
  • OVP・・・過電圧保護
  • SCP・・・ショート回路保護
  • SIP・・・雷防止保護
  • UVP・・・低電圧保護

PFC回路

電源にはPFC回路を搭載しているものとそうでないものがあります。PFC回路搭載の電源は、、力率が改善され無効電力が減る、ノイズが減る、安定した出力が得られるというメリットがあります。

PFC回路搭載のことを、Active PFCともいいます。

PFC回路搭載の電源にしたからといって消費電力が減ったり、発熱が減るというわけではありません。PFC回路はヨーロッパでは義務化されていて、ユーザー側というよりは電力供給会社、設備に負荷が少なくなるというメリットがあり、他の電化製品にも悪い影響を与えにくいといわれています。

切り替えスイッチ

電源ユニットには、ケーブルの差し込み口の横に切り替えスイッチが付いていることがあります。

115Vと230Vで切り替えできるようになっています。もともとは115Vになっていると思います。

これはいろいろな国で使用できるように配慮しているもので、日本では115Vにして使用します。電力会社の交流が100V前後だからです。海外で 230Vなどが使われている国では 230Vに合わせます。基本的に扱うところではありません。

115Vと230V115Vと230Vの切り替えスイッチ。

基本的な取り付け

電源ユニットには、PCケースの所定の場所に取り付けます。ケース上部や下部のいずれかが一般的です。

ケース上部基本的にファンはケース内を向きます。

ネジ穴ネジ穴を合わせて固定します。電源付属のインチネジを使います。

メーカー

自作パソコンの電源はいくつものメーカーが製造・販売しています。

品質や実績で特に人気のあるメーカーは、Antec(アンテック)、Corsair(コルセア)、HEC (コンピューケース・ジャパン)、Seasonic(シーソニック)などがあります。

他に玄人志向、SILVERSTONE (シルバーストーン)なども人気があります。

販売形態

自作パソコンで使用する電源は、パソコンショップでパッケージ品として販売されています。

箱の中身は、電源ユニット本体、電源ケーブル、ケース固定用ネジ4本、保証書などです。

最近の電源ユニットは、80PLUS認証が始まったこともあり高品質なものが増えていて 1年~3年保証などが付くことが多くなりました。

電源パッケージ品として販売されている電源ユニット。長期保証のものも増えてきました。


2016年 現在人気の電源ユニット

電源ユニットは、現在80PLUS認証の電源が主流となっています。

耐久性や省電力性を考えるとやはり80PLUS認証のものが人気があります。

自作パソコンにおいては、パソコンを新たに自作する場合やパーツ増設の際の電力不足に対応する場合、または電源ユニットの故障の場合に電源ユニットが必要になります。

PCケースの大きさによって ATX電源かMicroATX電源になりますが、ほとんどがATX電源です。なので80PLUS認証のATX電源が非常に人気があります。

近年は パソコンパーツの低消費電力化、高性能化が際立っており 以前ほどには大容量電源の需要はなくなりつつあります。

パーツの構成にもよりますが、400W~750Wの電源がよく使われます。

関連情報