映像と音声を送受信するHDMI

HDMIは、High-Definition Multimedia Interfaceの略。

パソコンとディスプレイを接続する規格のひとつで、DVI接続をさらに発展させた規格です。

HDMIは、2002年12月に策定され、主に家電やAV機器向けのデジタル映像・音声入出力インターフェース規格として使用されています。一部のパソコンでもHDMI端子が使用できるものは増えていて、HDMIが使用できるかどうかはマザーボードにHDMI端子があるかどうかで分かります。

1本のケーブルで映像・音声・制御信号を合わせて送受信することが可能で、例えばスピーカー内蔵の液晶ディスプレイやTVに接続するなら、VGAやDVIのようにオーディオケーブルを別途用意する必要がありません。


標準搭載ともいえるHDMI

最近のマザーボード・ビデオカードや液晶ディスプレイにはHDMI端子が標準で付いているのものがほとんどです。

HDMI端子自作パソコン用のマザーボードに付いているHDMI端子。最近のマザーボードにはほとんど搭載されています。


ビデオカードビデオカードのHDMI端子。


液晶ディスプレイ液晶ディスプレイのHDMI端子。


HDMIケーブルHDMIケーブル。マザーボードやビデオカードのHDMI端子と液晶ディスプレイのHDMI端子を接続します。

液晶ディスプレイがスピーカー内蔵なら映像も音声も出力されます。


HDMIケーブル。

HDMIでの音声出力

マザーボードやビデオカードと、液晶ディスプレイをHDMIで接続したら音声出力の設定を確認できます。HDMIにしたけど音が出ないという場合は、試してみてください。

コトロールパネルのサウンドとオーディオデバイス。

サウンドとオーディオデバイス

サウンドとオーディオデバイスの音声でパソコンから出力しているビデオカードなどのサウンドデバイスに切り替えます。

設定

ここではSoundMaxがマザーボードのオーディオ端子、AMDがビデオカードのオーディオ端子(HDMI)。ビデオカードに接続している場合は ビデオカードを選択します。