複数のディスプレイを使う

パソコンは通常 1台の画面・ディスプレイで使用するものですが、パソコンのグラフィック性能が良くなってきたことやパソコンの使用用途が広がりをみせてきたこともあり、複数のディスプレイを使用することも増えてきつつあります。

個人・家庭用のほか法人や事業用など様々なシーンでマルチディスプレイは可能で、作業効率・作業スピードの向上、操作性の向上など多くのメリットを見出すことができます。

マルチディスプレイの方法にも幾通りかあります。

使用しているパソコンの種類や拡張性によりその方法は違ってきます。

ノートパソコンとデスクトップパソコン、またメーカー製パソコンと自作パソコンやBTOパソコンでも最適な方法は異なってくることがあります。

接続端子の種類

マルチディスプレイを行う場合、最低でも予備知識としてパソコンと液晶ディスプレイの接続の規格を知っておく必要があります。

接続規格パソコンと液晶ディスプレイは、主にVGADVIHDMIといった規格で接続されています。

パソコンとディスプレイを接続するということは、必ずこれらの接続端子やケーブルが使われることになります。


なので今使用しているパソコンが何の規格で繋がっているのか?は知っておいたほうがいいですし、特に重要なのは 2台目の液晶ディスプレイを何の規格で繋ぐのか?というところです。

接続端子の確認は目視でもできるのでそれほど難しいものではありません。

方法

1.USBディスプレイアダプター

主にメーカー製のノートパソコンやデスクトップパソコンで使用されます。

パソコンのUSB端子に繋いで2台目の液晶ディスプレイを接続します。

USBグラフィックアダプター、USB-VGAアダプターともいいます。

液晶ディスプレイ側が VGAかDVIかHDMIかによって使用するアダプターも異なるので事前に確認は必要です。

2.ノートパソコンの外部液晶ディスプレイ端子

接続規格ノートパソコンには、マルチディスプレイを想定した端子が付いていることがあります。

最近ではHDMI端子が付いていることが多くなっています。


特別に機器やアダプターを取り付ける必要もなく、液晶ディスプレイとケーブルがあればマルチディスプレイを構築できます。

パソコンのメーカーや機種によって方法は異なりますので、そのパソコンのマニュアルを事前に確認することは必要です。

3.グラフィックボード

接続規格主に自作パソコンBTOパソコンで使用します。

もともとグラフィックボードが付いている場合は比較的簡単にマルチディスプレイを構築できます。


グラフィックボードが付いていない場合は、新たにグラフィックボードをパソコンに増設することでマルチディスプレイに対応させることができます。

一部のメーカー製パソコンでもグラフィックボードが付いていれば、基本的にマルチディスプレイは可能です。

専用のグラフィックボード用の増設端子があれば グラフィックボードの増設も可能です。

最近では 3画面表示できるものも出てきています。

4.マザーボード端子(オンボードグラフィック)

マザーボード端子CPUにグラフィック機能が内蔵されているため グラフィックボードが付いていなくてもマルチディスプレイができることがあります。


目安としてはサンディーブリッジ以降のCPU、Intel 6シリーズチップセット内蔵のマザーボードで複数の端子があれば基本的にマルチディスプレイが可能です。

最近のマザーボードでは ほとんどマルチディスプレイ対応と考えていいでしょう。

このパターンは、自作パソコンやBTOパソコン、一部のメーカー製デスクトップパソコンで多いと考えられます。


マルチディスプレイのパターン

マルチディスプレイには様々なパターンがあります。

通常は ディスプレイを2台横に並べて、拡張モードで使用することが一番多くなっています。

拡張モード拡張モード。 最も多く利用されるパターン。右の拡張エリアで平行して作業したり別の画面を立ちあげたりすることができます。


複製モード複製モード。 あまり使われることはありませんが、手元のノートパソコンの画面を大きな画面やプロジェクターに表示したりなどどちらかというと業務用途での使用が多いといえます。

設定

マルチディスプレイの設定は Winodws上で行うことができます。

設定デスクトップ上右クリック→画面の解像度。解像度や向き、複製・拡張モードの選択など。


ドラッグ接続されているディスプレイがアイコンで表示されていますが、マウスでドラッグして動かすことができます。


3画面3画面(グラフィックボード使用)。

設定方法は同じです。


Windows 8以降では壁紙を個別に設定することが可能です。

グラフィックドライバー

ハードウェアの性能はあるものの、ドライバーがインストールされておらず、マルチディスプレイができないということもあります。

標準VGAドライバーOSの標準VGAグラフィック アダプターでは、基本的にマルチディスプレイは構成できません。


Intel HD GraphicsCPUが Intel Core iシリーズ以降の場合、Intelからグラフィックドライバーを適用することで、マルチディスプレイを構成できることがあります。


ディスプレイ端子が複数あるパソコンで、かつ Core iシリーズ以降の場合、デバイスマネージャは確認しておいたほうがよい項目です。


液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイは、最大解像度は何か、光沢か非光沢か、どういう接続端子が付いている、付属品は付いているかというところがポイントになります。

現在主流の液晶ディスプレイは 21.5インチワイド、23インチワイドなど 1900×1080 フルHD対応のものです。

ディスプレイアーム・モニターアーム

アームマルチディスプレイでは より使いやすくするためにアームを使うこともあります。

主に上下の1台づつディスプレイをおきたいときに使われます。


場所を変えるディスプレイをアームにつけることで ある程度自由に角度や場所を変えたり調整することもできます。