IDEとSATAの違いを知る

HDDや光学ドライブには、IDEとSATAがあります。

パソコンパーツでは、HDD、光学ドライブ、電源などに関係してきます。

HDDや光学ドライブには大きく分けて、IDE(アイディイー)とSATA(シリアルエーティーエー)と2種類の接続規格があります。

IDEは別名:ATA(エーティーエー)、パラレルATAともいい、SATA(シリアルエーティーエー)は(サタ)という時もあります。また光学ドライブでは IDE接続とはいわず、ATAPI(アタピー)といいます。

HDDや光学ドライブには必ずIDEかSATAかの接続規格があるのですが、これから自作するという場合は、SATA接続のものを選択します。SATAのほうが新しい規格であり転送速度も早くなっています。

  • IDE・・旧規格 別名:ATA、パラレルATA、ATAPI(光学ドライブ)
  • SATA・・新規格 別名:サタ

IDEは新たに使用するという規格ではないため、予備知識程度に知っておくといいでしょう。


IDE

IDEはSATAが登場するまでの古い規格になります。

SATAが登場するまでは長い間パソコンパーツのインターフェースとして使用されてきました。

IDEより転送速度の速いSATAが登場したため、IDEのハードディスク、光学ドライブは減産の方向に進んでいます。以前のPCではIDEのハードディスク、光学ドライブは交換部品として必要なので使用する機会は全くないというわけではありません。

最近のマザーボードにもIDE接続できるように端子は付いていることがありますが、基本的にHDDも光学ドライブも新しい規格であるSATAを使用するので、IDEを使用する機会はほとんどありません。

IDE接続のハードディスクIDE接続のハードディスク。ピンがたくさんあるのが特徴です。


ATAPIの光学ドライブIDE接続(ATAPI)の光学ドライブ。


電源コネクターIDE接続のハードディスク、光学ドライブで使用される電源コネクター。ペリフェラル4pin電源ともいいます。


マザーボードマザーボードのIDE接続端子。最近のマザーボードでは 実装されなくなってきています。


IDEケーブルIDE接続ケーブル。色や長さはケーブルによって異なります。マザーボード側に接続するほうに色が付いていることが多いです。

SATA

SATAはIDEの次に登場した新しい接続規格です。

IDEより高速なデータ転送が可能であり、接続方法、接続ケーブルもよりシンプルになりました。HDDや光学ドライブの主流となっている接続規格です。

SATAには、SATA、SATAⅡ、SATAⅢの3つの種類がありますが、主に使用されているのはSATAⅡ、SATAⅢです。SATAⅢが最も新しく転送速度が早いです。

  • SATA・・・・150Mbyte/s
  • SATAⅡ・・300Mbyte/s
  • SATAⅢ・・600Mbyte/s

下位互換があるため、SATAⅢのハードディスクをSATAⅡのマザーボードに接続しても動作します。しかし速度の上限はSATAⅡです。マザーボード側が、SATAⅢに対応しているとSATAⅢの上限速度がでます。

SATAⅢに対応しているかどうかは、パソコンのマザーボードのチップセット次第になります。

これからパソコンを自作するという場合は、基本的にSATA接続のハードディスクや光学ドライブを選択します。

SATA接続のハードディスクSATA接続のハードディスク。IDEのようにピンではなくL字型のコネクターになっています。


SATA接続の光学ドライブSATA接続の光学ドライブ。


SATAの電源コネクターSATA接続のハードディスク、光学ドライブで使用される電源コネクター。


SATA接続端子マザーボードのSATA接続端子。マザーボードによって端子の数や色は異なります。


SATAケーブルSATAケーブル。色や長さはケーブルによって異なります。

L字型やラッチが付いているものもあります。


SSDSATA接続のSSD。


SATAⅢマザーボードのSATA接続端子。ここでは SATAⅡ(真ん中水色×4)とSATAⅢ(一番上青色×1と下白色×2)。SATAⅢに対応しているデバイス(主にSSD)をつなぐ際に SATAⅢポートを使います。


USB3.0マザーボードのUSB3.0端子(青色の端子)。

SATAⅢ対応のマザーボードは、基本的にほとんどがUSB3.0の端子を持っています。