パソコン全体の大きさが決まるPCケース

自作パソコンで使用するケースは、サイズやデザインが異なるものがあるとはいえ、基本的な構造はほとんど同じです。

ハードディスクや光学ドライブ、電源など自作パソコンを構成するパーツは、必ず所定の場所に増設するようになっています。

このページでは、自作パソコンで使用するPCケースの内部を解説しています。

サイドパネルの外し方

パソコン内部へアクセスするときは、サイドパネルを外します。

ケースにより方法は異なりますが、一般的な方法は、サイドパネルのネジを外しスライドする方法です。

この方法はミドルタワー、ミニタワーなど多くのケースで採用されています。

サイドパネルのネジサイドパネルのネジを外します。両サイドそれぞれ2本づつ付いていることが多いです。


スライドサイドパネルをスライドさせます。


サイドパネル取り外しサイドパネルを取り外したところ。

ケース内部

自作パソコンでは、マザーボードをはじめハードディスク、光学ドライブ、電源など自作パソコンを構成するパーツは、必ずケース内の所定の場所に取り付けるようになっています。

ケースによって場所は異なりますが、一般的なミドルタワーのパソコンでは以下のようになっています。

ケースケース内部。


IOパネルマザーボード付属のIOパネル(アイオーパネル)はここに取り付けます。


マザーボードマザーボードは中央の広いスペースに取り付けます。マザーボードを固定するスペーサーが付いています。付いていない場合は、スペーサーを取り付けることができるようになっています。


電源電源は左上が一般的です。最近のミドルタワーのケースでは、ケース左下に取り付けるものも増えています。


ネジ4本電源はネジ4本で固定します。ATX電源とネジ穴は必ず一致するようになっています。


ボード増設グラフィックボードやその他ボード類を増設するときに、カバーを外しネジで固定できるようになっています。


ベイドライブ類の増設場所をベイといいます。上から5インチベイ、3.5インチオープンベイ、3.5インチシャドウベイ。


5インチベイ5インチベイには、主にDVDドライブやブルーレイドライブなどの光学ドライブを取り付けます。


3.5インチオープンベイ3.5インチオープンベイには、主にカードリーダーを取り付けます。以前はフロッピーディスクドライブも取り付けていました。ベイがケース正面とつながっているため、他の3.5インチベイと区別するためオープンベイといいます。


3.5インチシャドウベイ3.5インチベイ、もしくは3.5インチシャドウベイともいいます。シャドウは隠れているという意味でケース正面とつながっていないことを指します。ここには主にハードディスクやSSDなどの記憶デバイスを取り付けます。


リアファンケース後ろのファンで、リアファンともいいます。電源ケーブルは主にマザーボードとつなぎます。着脱可能です。


フロントファンケース前面のファンで、フロントファンともいいます。3.5インチベイに隠れていることが多いです。電源ケーブルは主にマザーボードや電源ユニットの4ピンとつなぎます。着脱可能です。


フロントファンケース前面からのびているケーブルです。上からフロントパネルコネクタ(スイッチ類)、フロントオーディオコネクタ(イアホン、マイク)、USBコネクタ。マザーボードに接続します。


フロントファンケース前面と必ず一致したケーブルになります。前面に他の端子があればそれらのケーブルがのびていることになります。



大きさ・サイズ

パソコンを自作する際に使用するケースにはいくつかの種類があります。使用するパソコンパーツや目的によってPCケースを選んでいくのが一般的です。

PCケースは大きく分けて次の3つの種類に分類されます。高さや横幅などのサイズが異なってきます。

  • フルタワー
  • ミドルタワー
  • ミニタワー

また上記の種類以外に、スリム型、キューブ型などもありますが、自作パソコンで使用される主流のケースは上記のフルタワー、ミドルタワー、ミニタワーになります。

PCケースは マザーボードの大きさの規格でもある ATXとMicroATXには関係が深いパーツです。

フルタワー
フルタワー型はPCケースの中でも最も大きいサイズになります。それなりに重量もあります。ハイエンドPCやサーバーとして利用されることが多く、拡張性も抜群です。ATX、MicroATXに対応。

BTOパソコンのゲーミングPCなどで使われることがあります。

ミドルタワー
自作パソコンでは最も商品数が多く人気のPCケース。適度な拡張性がありフルタワーを少し小さくしたケースです。ATX、MicroATXのマザーボードに対応。

ATXのマザーボードでよく使われるので ATXケースともいいます。

ミニタワー
ミドルタワーをより小さくしたケースで、場所を取らず拡張性も多少そなえています。MicroATXのマザーボードに対応。MicroATXタワー、MicroATXケースなどとも呼ばれます。基本的にATX電源にも対応。

スリム型・キューブ型
自作パソコンではそれほど使われることはありません。拡張性が無いためです。

ただしキューブ型で、ATXやMicroATXをさらに小型化した Mini-ITXのマザーボードを搭載できるものは 最近徐々に使われるようになりつつあります。

拡張性

大きさが違うということは、それだけケース内部が広く、増設できるパソコンパーツが多いということになります。特にグラフィックボード、5インチベイ(光学ドライブ)、3.5インチベイ(ハードディスク)などの増設数に違いが出てきます。

多くのパーツを増設できることを 拡張性があるといいます。

大は小を兼ねるので、ほとんどのフルタワー、ミドルタワーのケースにMicroATXのマザーボードは取り付けることができます。ATXとMicroATXは固定するネジ穴が同じ場所にあるためです。

しかし拡張性を重視しているフルタワーにMicroATXのマザーボードを使用することはほとんどないでしょう。普通は拡張性の高いATXのマザーボードを使用するからです。

またミニタワーのケースは、高さが低くなっているのでATXのマザーボードは対応していません。MicroATXのマザーボードのみ取り付けが可能です。ほとんどのミニタワーケースでATX電源を取り付けできます。

ミドルタワーにMicroATXケース:ミドルタワー
マザーボード:MicroATX
その他:グラフィックボード(短い)


ミドルタワーにATXケース:ミドルタワー
マザーボード:ATX


ミニタワーにMicroATXケース:ミニタワー
マザーボード:MicroATX


MicroATXケース:ミニタワー
マザーボード:MicroATX


Mini-ITXケース:Mini-ITX
マザーボード:Mini-ITX

ミニタワーとグラフィックボード

ミニタワーはミドルタワーに比べるとやや小さめですが、拡張性もありそれなりに人気のある大きさです。

ただミドルレンジ以上のグラフィックボード(やや大きめのグラフィックボード)を取り付けるとなると幅や内部の空間が狭かったりして 取り付けや配線がギリギリ もしくはできないということもあります。

3Dゲーム目的や将来的にミドルレンジ以上のグラフィックボードを取り付ける予定がある場合はやや注意が必要です。

ローエンドのグラフィックボードは基本的にすんなり取り付けができます。

電源付きと電源なし

PCケースには、初めから電源が取り付けられているものと電源は付いていないものとがあります。

どちらかというと電源なしのPCケースのほうが多いです。

PCケース+電源のセットになっている場合は、別々に用意するより価格が若干安くなっているという傾向はあります。

ただどういう電源がついているかというのも大事なので、電源付きのケースの場合は、電源の質や容量などに注意したほうがいいでしょう。

電源なしのケース電源なしのケース。電源は別途用意して取り付けます。

メーカー

PCケースは様々なメーカーが製造・販売しています。

細部までしっかり作られていて組み立てやすく、実績や人気のあるメーカーは、下記の通りです。

  • Coolermaster クーラーマスター
  • Antec アンテック
  • Scythe サイズ
  • SilverStone シルバーストーン

販売形態

パソコンショップでは、箱に入って販売されています。

マザーボードを固定するスペーサーやその他ミリネジ、インチネジなどは揃っているのが一般的です。ケースファンもはじめから取り付けられています。

電源ケーブルをまとめる結束ケーブルやBIOSスピーカーが付属品として付いている場合もあるようです。

箱入りPCケースは箱に入れて販売されています。付属品も入っています。



2015年 現在人気のPCケース

人気があるのはやはりATXやMicroATXのマザーボードで組むことができるミドルタワーです。

これはほとんど毎年変わることがありません。傾向としては やはり価格がおさえられていて、ほどほどに拡張性のあるPCケースが人気があります。

2013年以降の円安ドル高の影響もあり、米国産のAntecやクーラーマスター、シルバーストーンのケースがやや値上がりしているため、価格のおさえられた他メーカーのものに人気が移っているといえます。

関連情報