Windows 8.1 インストール方法

Windows 8やWindows 8.1のインストール方法は、Windows 7とほとんど同じです。

Vista以降は ウィザード画面などが共通しているところが多く、インストールも指示に従うだけで簡単にできます。

ここでは 実際に Windows 8.1のDSP版を使ってインストールした様子を紹介します。

Windows 8.1のインストールディスクを光学ドライブに入れます。

光学ドライブ

まずBIOSでは SATA設定が AHCIになっていることは確認します。

SATAのHDDやSSDを使うときは 基本的にAHCIです。

また自作パソコンの場合 UEFI対応のマザーボードなら UEFIでのインストールがいいでしょう。

起動速度なども UEFIインストールの方が多少速くなります。

UEFI対応マザーボードなら ディスクを入れて BIOSに入ると UEFIか通常の方法か選べます。

マザーボードのメーカーや型番によって少し表記は異なりますが、設定箇所はあります。

UEFI対応

Press any key・・・とメッセージが数秒間出ますので キーボードの何かのキーを適当に押します。

Press any key

Windows 8.1のセットアップ開始画面。すべて日本語になっていることを確認して次へ進みます。

セットアップ開始画面

今すぐインストールをクリック。

今すぐインストール

プロダクトキーを入力して次へ。プロダクトキーは Windows 8.1のパッケージ中にあるカードに記載されています。

プロダクトキーの入力

ライセンス条項画面。「同意する」にチェックを入れて次へ。

同意する

新規インストールでは 下の「カスタム」を選択します。

新規インストール

接続しているドライブ(SSDやHDD)が表示されます。

ここでは SSDが付いています。

新品のものでしたら このように「割り当てられていない領域」となっていますので、そのままパーティションを変更しないでインストールする場合は次へ進みます。

パーティションを作成してインストールしたい場合は、「新規」をクリックして作成することができます。

パーティションは Windows インストール後に作成することもできるので、よく分からない場合は、そのまま次へで進むといいでしょう。

パーティション

インストール作業が始まります。

インストール

インストール後は そのまま扱わずにしていれば 勝手に再起動してきます。

インストール

PC名を入力して次へ進みます。

あとで出てきますが PC名とユーザーアカウント名は 同じにすることはできません。

PC名は ネットワーク内で識別される名前になりますが、例にあるように 末尾に -PC などを付けるといいでしょう。

例えば user-PC などです。

コンピュータ名

「簡単設定」か「自分で設定する」のどちらかを選んで進みます。

あとから変更することもできますので どちらでもいいでしょう。

設定

ユーザーアカウント名の入力画面です適当に入力します。

ユーザーアカウントの入力

ユーザーアカウント名の入力が終わったらそのまましばらく待つだけです。

しばらく待つ

デスクトップ画面が表示されたら インストールとセットアップは終わりです。

デスクトップ画面

Windowsのインストール後は ドライバーをインストールします。

ライセンス認証

ライセンス認証は ドライバーインストール後に行います。Windows 7と同じで コントロールパネル→システムから行うことができます。

ライセンス認証


関連情報