Windows 7 インストール方法

パソコン組み立て後は、OSのインストールを行います。

ここでは Windows 7を使用したインストール方法・手順を解説しています。

Windows 7のインストールは、Vistaのインストールとほとんど同じです。

OSインストールでは共通のことですが、BIOS設定にて、光学ドライブの起動順位を確認しておきます。

Windows 7 インストールディスクを光学ドライブに入れます。
光学ドライブ

BIOSでの起動順位の設定が正しければ、CD/DVDドライブから起動が開始します。

Press any key to boot from CD...と表示されている時にキーボードのキーをどれか押します。
Press Any Key

読み込みが開始しますのでしばらく待ちます。
読み込み

Windows7 セットアップ開始画面。すべて日本語になっていることを確認して次へ進みます。
セットアップ開始画面

今すぐインストールをクリック。
今すぐインストール

ライセンス条項画面。チェックを入れ次へ進みます。
ライセンス条項

インストールの種類を選択します。新規インストールを選択します。
新規インストール

接続しているディスク(SSDやHDD)が表示されます。

取り付けただけのディスクは 必ず未割り当て領域になっています。

パーティションを作成してインストールする場合は 新規をクリックしてパーティション作成ができます。

そのままパーティションを変更しないでインストールする場合は次へ進みます。
パーティション

インストール作業が始まります。しばらくそのまま待ちます。
インストール

何度かパソコンの再起動が行われます。そのまま扱わずに待ちます。
インストール

ユーザー名とコンピュータ名を入力画面になります。

例えば userと入力すると user-PCとなります。自由に決めることはできます。入力して次へ進みます。
ユーザー名とコンピュータ名

パスワードを設定して次へ。パスワードは後から設定することもできます。空白でスキップしても問題ありません。
パスワード

プロダクトキーを入力して次へ。
プロダクトキー

自動更新の設定を選択して次へ。通常は一番上の推奨設定を選択します。
自動更新

時刻の設定をします。
時刻

デスクトップ画面が表示されたら、Windows7のインストールは終わりです。
デスクトップ画面

OSインストール後は マザーボード付属のディスクなどでドライバーをインストールします。




ライセンス認証

どのOSでもそうですが、OSインストール後はライセンス認証があります。

ライセンス認証は ドライバーインストール後に行うといいでしょう。。

ライセンス認証をしなければ Windows Updateができないなど多少の制約があります。ライセンス認証は下記のように行います。

方法は簡単です。マイコンピュータのプロパティ。 マイコンピュータ

一番下の Windows ライセンス認証の「ここをクリック」の箇所をクリック。
クリック

インターネット接続ができているなら オンラインでライセンス認証ができます。
オンライン

認証中。
認証中

しばらくすると認証が終わります。
認証終わり

これでライセンス認証は終わりです。




関連情報


メニュー