電源・マザーボード

自作パソコンで、マザーボードにCPUとメモリーを取り付けた後は、PCケースに電源とマザーボードを取り付ける作業に入ります。

基本的な流れは以下のようになります。

  • PCケースの準備
  • 電源の取り付け
  • マザーボードの取り付け
  • メイン電源・CPU電源の接続
  • フロントパネルコネクタの接続

このページでは、自作パソコンで一般的に使用される タワー型ケースを使用して解説しています。

電源の取り付け

パソコンケースの両サイドのカバーを外すことから始めます。通常ケースの両サイドのカバーは背面のネジによって留められています。

パソコンケース

ネジを外し、パネルをスライドさせると外すことができます。

パネル

電源です。

電源

ケースにより場所が異なることもありますが、通常はケース左上や左下です。ここに電源を装着します。基本的にファンはケース内を向くように取り付けます。

場所

ネジ穴を合わせ、背面から電源付属のネジで留めます。通常4ヶ所です。インチネジ大が使われます。

背面

マザーボードの取り付け

ケース背面のIOパネルカバーを外します。

IOパネルカバー

マザーボードに付属しているIOパネルです。

IOパネル

内側から取り付けます。ネジがなくてもはまるようになっています。向きは決まっているので、マザーボードの形状を見て合致するように取り付けます。

内側

マザーボードを取り付けるところを確認します。通常はケースにATX・MicroATXの刻印があったり、マニュアルに記載されています。

マザーボードのネジ穴を見たり、マザーボードを近づけてみて合致するところにネジを付けていきます。

合致するところ

ケースに付属したネジ。

付属したネジ

予めどのネジが、マザーボードを留めるネジか 事前に確認しておきます。通常はインチネジです。しかし、ケースによってはミリネジもあります。間違ったネジを強引に取り付けるとトラブルの元なので注意します。

適合

スペーサーをケースに付けていきます。

ケースに付ける

CPUクーラー部分を掴み、マザーボードをケース内に入れていきます。

マザーボードをケース内に入れた後に、ネジ穴を合わせるため、やや力を入れるときがあります。しかし、ここでマザーボードを左右にずらすことは好ましくありません。下のスペーサーとマザーボードの端子が摩擦して破損することも考えられるからです。

そのため、斜め上から軽く角度を付けて、マザーボードをIOパネルに近づけ、マザーボードの右側をおさえ、できれば1回でネジ穴をあわせます。

ネジの固定は、まず全体を仮留めして、すべてのネジが付いたらしっかり固定していきます。マザーボードの右側をおさえていないとネジ穴が、すぐにずれることもあります。

マザーボードを載せる

マザーボードとネジのショートを防止するワッシャーを付けて留めることもできます。ほとんど好みの問題で、今のマザーボードは取り付ける必要は特別ありません。

ワッチャー

マザーボードの取り付けが終わったら、メイン電源CPU電源をマザーボードに接続します。メイン電源は、爪が付いており 向きが決まっているため、よく確認するようにします。

メイン電源

CPU電源です。ここでは4ピン電源です。マーザボードに4ピン電源の接続口が2つある場合は、2つとも接続します。これも爪が付いており 向きが決まっているため、よく確認するようにします。

4ピン電源

ケース内にマザーボードを入れる作業は、内部の空間の広さ、マザーボードに付属しているIOパネルの素材、ケースそのものの出来などいくつかの要素が関わっており、かなり簡単に取り付けができる場合もあれば、やや難しく感じるときもあります。

最も理想的な取り付けは、マザーボードを、固定している六角スペーサーとIOパネル以外に、一切接触させないということです。

フロントパネルからのケーブルの接続

電源取り付け後は、フロントパネルからのケーブルの接続を行います。

この作業は、電源取り付け後に行うのが一般的です。光学ドライブやハードディスクを取り付けて行うこともありますが、フロントパネルのケーブルの接続は、やや細かい作業になり、ケース内の空間が広いときのほうが作業がしやすいというのがあるためです。

ケース前面の電源スイッチやHDDアクセスランプ、USB接続端子などは、マザーボードとケーブルで接続する必要があります。

ケース前面

フロントパネルからのケーブルです。電源スイッチ(Power SW)、電源リセット(Reset SW)、電源ランプ(Power LED)、ハードディスクアクセスランプ(HDD LED)、スピーカー(SPEAKER)、オーディオケーブル(HD AUDIO)などがあります。

スピーカーは、PCケースには付属していないことがあり、別途自分で用意することもあります。

ケーブル

マザーボードのマニュアルに接続の手順・方法が記載されています。白と黒マイナス(-)で、色付きプラス(+)です。

接続例

前面パネルのUSB端子のケーブルも接続します。オーディオケーブルは特別な理由がない限り、HD AUDIOになります。これらの接続もマザーボードのマニュアルに記載されています。

USB

フロントパネルから電源スイッチなどの接続ができると、この時点で電源を入れてBIOSに入ることができます。

電源、マザーボード、CPU、メモリーなど動作確認をするときは、光学ドライブやSSD・ハードディスクを取り付ける前に、BIOSに入って確認するということもあります。

実例

ケース下部ミドルタワーのケースでは、電源をケース下部に取り付けるものもあります。近年増えているタイプです。


ケースの下部に取り付ける場合でも、電源ユニットのファンは上を向くように取り付けます。ネジ穴は必ず合致するようになっています。

CPU電源CPU電源は8ピンのものがあります。4ピンはローエンド、8ピンはミドルレンジ以上のマザーボードで見られます。


電源ユニットの8ピンを向きを合わせて接続します。基本的にCPU電源は8ピンになっており、マザーボードが4ピンの場合は、形状の合致する片方の4ピンのものを接続します。

コネクターマザーボードによっては、フロントパネルコネクタのケーブルを行いやすくするコネクターが付いていることがあります。


ケーブルをコネクターに接続し、その後マザーボードにコネクターを取り付けます。

MicroATXでのスピーカーマザーボードのスピーカーの取り付け。一般的にMicroATXのマザーボードでは別端子になっています。


ATXでのスピーカー一般的にATXでは、フロントパネルコネクタの端子にマザーボードの端子も含まれています。


フロントパネルコネクタは、MicroATXでは10-1ピン、ATXでは20-8ピンということがあります。