光学ドライブ・HDD・カードリーダー

自作パソコンにおいては、PCケースに電源とマザーボードを取り付けた後に、光学ドライブやSSD・HDDを取り付けます。

基本的な流れは以下のようになります。

  • 光学ドライブの取り付け
  • SSD・HDDの取り付け

カードリーダーを使う場合は、このときにカードリーダーの取り付けも行います。

一般的に、光学ドライブとカードリーダーは、PCケース前面から取り付けてミリネジで固定します。SSD(マウンタ付き)やHDDはPCケース内部から取り付けてインチネジで固定します。

このページでは、ミドルタワーのPCケースを例に、光学ドライブ・HDD・カードリーダーの取り付け方法について解説しています。

光学ドライブの取り付け

光学ドライブは、5インチベイに取り付けを行います。

5インチベイ

ケース前面から取り付けを行いますが、PCケースによっては、ケースの前面を開け金属のパネルなどを取り外すということもあります。この場合、ケースのフロントパネルにはケーブルが付いているため、ゆっくり慎重に開けるようにします。

前面

前面から光学ドライブをスライドさせて入れます。

スライド

光学ドライブのネジ穴と合わせます。ネジ穴は両サイド計4ヶ所留めるのが基本です。PCケース、または光学ドライブに付属しているミリネジを使用します。

ネジ穴

HDDの取り付け

HDDは、3.5インチベイに取り付けします。ケース前面にパネルなどがなく、ケース内に隠れるため3.5インチシャドウベイといわれます。

近年は、OSをインストールするドライブとして、HDDではなくマウンタを付けたSSDが一般的に使われています。

3.5インチベイ

HDDです。精密機器なので慎重に扱います

HDD

グラフィックボードを付ける場合は、グラフィックボードの長さを注意します。長いグラフィックボードでは、HDDと場所が干渉することがあるので、実際にグラフィックボードをかざしてみて問題ないかどうか確認します。

グラフィックボードの長さ

HDDを内側から矢印の方向にケースと平行に取り付けていきます。ネジ穴を合わせます。

平行に

PCケースに付属のインチネジで固定します。

固定

カードリーダーの取り付け

内蔵型のカードリーダーの取り付けを行う場合は、3.5インチベイを利用します。HDDの3.5インチベイより上にあります。前面パネルが開いているので3.5インチオープンベイとも呼ばれます。

3.5インチオープンベイ

内蔵型のカードリーダーです。

カードリーダー

正面から取り付けていきます。

正面から

ミリネジで留めます。

ネジ

補足

光学ドライブやFDD、カードリーダーなどを取り付けたら、正面パネルのカバーは取り外すようにします。

正面のカバー

フロントパネルを付け、光学ドライブやカードリーダーがきれいに収まっているか確認します。光学ドライブやカードリーダーが前面パネルとずれている場合は、スライドさせて再度調整します。

確認

ケース裏側からもネジで留めます。

裏側

光学ドライブとカードリーダーは、ケース正面から取り付けます。このときPCケースによっては、一時的にケースのフロントパネルを開けますが、フロントパネルには爪がかかっていることがあります。

フロントパネルにはマザーボードに繋がっているケーブルなどが付いているため、強い力を入れて引っ張ると破損する可能性もあり注意します。

光学ドライブ、カードリーダー、HDDの固定しやすさ、フロントパネルの開けやすさなどは、PCケースによって多少の違いがあります。

ケースによっては、ネジが不要で固定器具が付いていることがあります。

実例

金具PCケースによっては、5インチベイや3.5インチベイに固定するための金具が付いています。

この場合は、ネジを使わなくても固定することができます。


SSDの固定SSDは、3.5インチ・2.5インチ変換マウンタを使い、3.5インチベイに固定します。

マウンタの3.5インチベイへの固定は、一般的に HDDと同じインチネジを使います。


ケース底面の固定ミニタワーなど一部のPCケースでは、3.5インチベイ以外の場所にHDDやSSDを固定するということもあります。

このようなケースでは、PCケースのマニュアルに固定する方法が記載されています。


PCケースによって、固定方法が異なることがありますが、光学ドライブやHDD・SSDの基本的な考え方は、光学ドライブが5インチベイ・ミリネジ、HDD・SSDが3.5インチベイ・インチベイになります。

カードリーダーは、自作パソコンではオプションであり、特に必要ないのであれば 取り付けることはありません。