VGAとDVIの違い

パソコンとディスプレイ接続規格には、主にVGA接続とDVI接続という2種類の規格があります。

自作パソコンの場合は、マザーボードやグラフィックボード、ディスプレイに、VGAやDVIが常に関わってきます。VGAやDVIは、別の呼び方をすることがあります。

  • VGA・・アナログRGB、D-Sub 15ピン
  • DVI・・デジタル、デジタルRGB

VGA

VGAは、アナログ信号で PCとディスプレイを接続します。アナログ方式。デジタル情報が、連続的な波であるアナログ信号によって伝送され、ディスプレイ表示されます。

古くからある規格で、DVIやHDMIが主流になるまで ほぼすべてのパソコンにこの端子が付いていました。現在でも 汎用性の高い接続規格として、PC、ディスプレイ、プロジェクターなど様々な機器に付いています。

VGA接続端子マザーボードに付いているVGA接続端子。


ノートパソコンノートパソコンのVGA端子。マルチディスプレイなどで使います。


アナログモニター液晶ディスプレイのVGA接続端子。

VGA接続のディスプレイを アナログモニターともいいます。


VGAケーブルVGA接続のケーブルは先端が青になっているものが多く、他に白や黒があります。

DVI

DVIには2種類あります。DVI-IとDVI-Dです。

DVI-Iは、デジタル信号もアナログ信号も含んでいます。一方、DVI-Dはデジタル信号のみに対応しています。コネクタの形状が似ているのですが ピンの数が若干異なります。

  • DVI-I・・デジタル信号、アナログ信号、Integrated(統合された)
  • DVI-D・・デジタル信号のみ、Digital(デジタル)

DVI-I

DVI-Iは、両方の信号を送っているので DVIからVGAへの変換ができます。具体的には、グラフィックボードなどのDVI-Iに変換アダプダを取り付けて、アナログディスプレイに接続できます。

DVI-D

DVI-Dは、デジタル信号のみです。変換してアナログ信号(VGA)で送信はできません。

DVIは、デジタルのみか?あるいはアナログにも変換できるか?という点が重要なので、ディスプレイ側よりも、パソコン側の確認が大事ということになります。

またシングルリンクとデュアルリンクというものがあります。

通常の一般的な使用(フルHD解像度の1920x1080、1920×1200まで)では、シングルリンクで問題ありません。

デュアルリンクはシングルリンクを兼ねていて、さらに多くの情報の伝送を行うことができるものです。デュアルリンクが必要となるのは、WQXGA (2560×1600の解像度)を使用するときなどです。

グラフィックボードは、画面描画の性能が高いため、ほとんどが高解像度に対応しており、接続端子はデュアルリンクのものがはじめから付いています。DVI-I デュアルリンクが多いといえます。

グラフィックボードグラフィックボードに付いているVGA端子とDVI端子。DVI-I デュアルリンク。


DVIグラフィックボードに付いているDVI-I。DVI-I デュアルリンクが2つ付いています。


DVIマザーボードのVGA端子とDVI端子。DVI-D デュアルリンクです。

DVI-Dは、DVI-Iで※の部分が ーになります。


VGAとDVIVGA接続とDVI接続の両方の接続端子があるモニター。

ディスプレイ側のDVIは信号を受け取る側なので、基本的にDVI-Dになります。


DVIケーブルDVI接続のケーブル。

通常は DVI-Dのシングルリンクです。液晶ディスプレイに付属しているケーブルも大抵これになります。DVI-D デュアルリンクの端子にも接続できます。


デジタル信号の伝送なので DVI-Iである必要はなく、シングルリンクでもフルHDに対応できるからです。

DVI-D デュアルリンクのケーブルは、2560×1600解像度までサポート。高解像度のディスプレイで使います。

デュアルリンクケーブルを使えば、ディスプレイの解像度を大きく変更できるというわけではありません。

最大解像度は、あくまでそのディスプレイの表示可能な範囲までか、あるいはパソコン側のグラフィック性能で決まります。

シングルリンクのケーブルも同じで、ディスプレイやパソコンの元々のスペックを超えて フルHDの表示ができるというわけではありません。

画質

VGAとDVIは、アナログ信号とデジタル信号という違いがあります。アナログ信号に比べると、デジタル信号の方が画質がよく安定するというのが一般的です。

17インチぐらいまでの大きさなら、見た目ではそれほど大きな差がでることはありませんが、解像度が高くなったりディスプレイのサイズが大きくなると、その違いがある程度分かることがあります。

画質をできるだけきれいに表示させたい場合は、DVIやHDMIを選択するのがいいでしょう。例えば マルチディスプレイの際は、画質の良いHDMIやDVIを優先的に使用し、VGAを拡張画面として使うという方法です。

パソコンで地デジチューナーを増設して 地上デジタル放送を見る場合も、VGAかDVIかで違いが出てきます。DVI接続は ハイビジョン高画質で見れるようになっています。

変換アダプター

パソコン側とモニター側の接続端子が異なるということがあります。こうした場合は、変換アダプターを使用します。

前述したDVD-I端子などで使うことがあります。グラフィックボードのDVI-Iの端子に変換アダプタを付けて、VGAのモニターに接続するという方法です。

変換アダプターパソコン側がDVIのみで、モニター側がVGAの場合に使用します。DVI(オス)・VGA(メス)。


グラフィックボードのDVI-IDVI-I デュアルリンクの端子。


変換変換アダプターを接続。パソコンにVGA端子ができます。


モニターと接続VGA端子にVGAケーブルをつなぎモニターと接続します。

グラフィックボード・マザーボード

グラフィックボードは通常 DVI-Iの端子が1つか2つ付いていますが、ローエンドのグラフィックボードやマザーボードでは、必ずしもDVI-Iが付いているわけではありません・。

グラフィックボードのDVI-IDVI-Dの端子。


この場合、DVI-Dなので変換アダプターを取り付けて、アナログモニターに接続するということはできません。