メモリーの追加・増設

デスクトップパソコンでは、メモリーの増設を行うことがあります。

パソコンの動作を改善するという場合 メモリーの増設はまず試しておきたい作業になります。

デスクトップパソコンでは、ケース内部のマザーボード上にメモリースロットがあるため、一度ケースを開けて内部にアクセスする必要があります。

基本的な流れ

デスクトップパソコンでのメモリー増設の基本的な流れは以下のようになります。

  • マニュアルの参照、増設場所の確認
  • 対応メモリーの準備
  • メモリー増設
  • 増設後の確認

デスクトップパソコンのメモリー増設は、まずマニュアルを確認します。ほぼすべてのメーカー・機種でマニュアルにてメモリー増設の方法は解説されています。

対応メモリーを準備し増設を行います。デスクトップパソコンでは、一般的に DIMMというメモリーが使われます。また、内部にアクセスするため、一度ケースを開けて増設を行うことが多くなっています。

デスクトップパソコンのメモリースロット デスクトップパソコン。ケース内部のメモリースロット。


一体型パソコンでは、ケース背面のカバーを開ければメモリーの増設スロットが用意されていることがほとんどです。ノートパソコン用のメモリーである SO-DIMMがよく使われます。増設方法はノートパソコンと基本的に同じになります。

方法

例として、NECのデスクトップパソコンを使ってメモリーの増設方法を解説しています。

デスクトップパソコン

傷が付かないように布などを敷きます。また過って電源が入らないように、電源のケーブルは外しておきます。

内部にアクセスするためPCケースを外します。ケースやカバーの外し方が分からないときはパソコンのマニュアルを確認します。

ケースを外す

メモリースロットは通常 2つか4つです。この場合は2スロットです。奥のスロットに1枚メモリーが付いています。

増設場所

スロットには必ず凹凸があります。

メモリースロット

対応するメモリーであれば、メモリーの切り欠けとスロットの凹凸は合致するようになっています。

メモリー

静電気防止手袋をつけるか、静電気対策を行った上で、メモリースロット両端のレバーを開き、メモリーを取り付けます。メモリーを装着後、両端の爪・レバーをメモリーに固定します。増設後、自動的にレバーが閉まることもあります。

逆にメモリーを取り外す場合は、両端の爪を解除して 上に引き上げます。

爪

増設後。両端の爪がかかっていることを確認します。

増設

あとは元通りにパソコンのカバーを取り付けます。メモリーの増設が正常にできたかどうかは、BIOSWindows上で確認します。

デスクトップパソコンでは、ケース内部にアクセスすることになりますが、メーカーや機種によって簡単にできるものもあれば、やや難しいと思える場合もあります。また実際にケース内部にアクセスした場合でも、内部が狭く光学ドライブや配線を一時的に動かさないといけない場合や内部に埃などが多くパソコンの簡易的なクリーニングが必要になることもあります。

ノートパソコンに比べると、やや作業が多くなることがあります。

デスクトップパソコンのもうひとつ特徴としては、メモリースロットの数が4つのことがあるということです。この場合、デュアルチャネルを2つ構成できることもあり、メモリー増設の余地やパフォーマンスは、ノートパソコンより大きい傾向があります。

実例

デスクトップパソコン例:スリム型 デスクトップパソコン。


一部のスリム型 デスクトップパソコンでは、サイドパネルを開けるとメモリーの確認や着脱ができるようになっています。

デスクトップパソコン例:スリム型 デスクトップパソコン。


メモリースロットが光学ドライブなどの下にあるため、光学ドライブなどをスライドさせたり、取り外さないと増設できないこともあります。

メモリースロット例:デスクトップパソコン。

スロットが4つある場合は、2つずつ色分けされていることがあります。一般的に2枚1組のメモリーは、同じ色に取り付けます。パソコンのマニュアルなどを確認します。


メモリースロット例:デスクトップパソコン。

スロットが4つあり、2つ使われている場合は、1枚増設か 2枚1組を増設かのいずれかになることが多くなります。マニュアルなどを確認します。


パソコンによっては、分解やクリーニングなども伴うこともあるため、慎重に作業する必要があります。ノートパソコンと同様に、増設するメモリーの選定も含め会社・店舗などに依頼する方法もあります。