読み取りできなくなったドライブを交換する

パソコンには、CDやDVDなどを再生できる光学ドライブが搭載されています。

光学ドライブは、駆動する部品であるためモーターの故障やレンズの不良などで故障することがあります。

交換することで、CDやDVDの読み書きができるようになり、読み書き速度も向上することもあります。

ここではノートパソコンやデスクトップパソコン、自作パソコンなどにおける光学ドライブの交換の方法について解説しています。

種類

ノートパソコン用とデスクトップ用

光学ドライブには大別して2種類の大きさがあります。ノートパソコン用のスリムタイプと、デスクトップパソコン用の5インチのものです。

  • スリムタイプ・・・ノートパソコン
  • 5インチ・・・デスクトップパソコン

2.IDEとSATA

光学ドライブには2種類の接続規格があります。IDE接続(ATAPI)とSATA接続です。使用しているパソコンの光学ドライブはこのどちらの接続規格になります。

  • IDE(ATAPI)・・・旧規格(2000年~2008年ぐらいの主流)
  • SATA・・・新規格 (2008年以降の主流)

デスクトップパソコン用のIDE(ATAPI)の光学ドライブ。

ATAPI

デスクトップパソコン用のSATAの光学ドライブ。

SATA

3.バルク品かリテール品で準備する

光学ドライブなどパソコンの部品は、バルク品かリテール品という形態で販売されています。主な違いは下記の通りです。

  • バルク品・・・パッケージが簡素
  • リテール品・・・箱入り、添付品や付属ソフトがある

方法

交換の難易度は、簡単な順に自作パソコン、デスクトップパソコン、ノートパソコンという順番です。

ここでは一番交換が可能な自作パソコンを例に解説しています。

パソコン内部にアクセスして、光学ドライブに接続されている電源ケーブル、IDEあるいはSATAケーブルを取り外します。

ケーブル

光学ドライブを固定しているネジを外します。光学ドライブは基本的にミリネジで留められています。

ミリネジ

ケース全面から光学ドライブを取り出します。

ケース全面

ケース全面から交換する光学ドライブを取り付けます。

光学ドライブ

ミリネジで固定します。

固定

電源ケーブル、SATAケーブルを取り付けます。光学ドライブ交換というのは、そのまま元の光学ドライブと差し替えるだけです。

交換

光学ドライブ交換後、パソコンの電源をONにして、BIOSで確認することができます。

BIOS

光学ドライブは、Windowsが起動したら自動的に認識されます。ドライバーのインストールなどの作業は特に必要ありません。

デバイスマネージャ

デバイスマネージャで、DVD/CDドライブの項目に交換したドライブがあれば、交換作業は成功しています。

光学ドライブの選び方

光学ドライブには、その機能によってDVDコンボドライブ、マルチドライブなどがあります。一般的に市販されているのは、DVDの書き込みまで可能なマルチドライブです。

メーカー製パソコンにしろ自作パソコンにしろ、光学ドライブを変更したとしても基本的に使用できます。

もし、従来のライティングソフトが動作しないという場合は、付属ソフトを使う、フリーのライティングソフトを使うという方法になります。

バルク品でも付属ソフトが付いているものはあります。

ブルーレイディスクドライブ

ブルーレイディスクドライブは、CDやDVDの読み書きにも対応しています。

ドライブの形状はほぼ同じなので、交換することはできるのですが、ブルーレイディスクの再生ではパソコンのスペックが多少必要となってきます。CPUやグラフィック機能などです。スペックが足りない場合は、画面が止まったりすることもあります。古いパソコンでは特に注意が必要です。

自作パソコンやデスクトップパソコンでは、ビデオカードの増設ができることが多いため、グラフィック機能が弱い場合はビデオカードを増設することでブルーレイディスクの再生もできるようになります。


外付けの光学ドライブ

外付けの光学ドライブもあります。

以前に比べ、価格が安く高性能になっているので、交換するよりも外付けの光学ドライブを付けたほうがいいときもあります。交換が難しいノートパソコンなどでは、外付けの光学ドライブを使うことが多いです。

外付けの光学ドライブは、USB接続で使うことができます。

関連情報