デバイスの管理

パソコンを構成している部品や接続されている周辺機器のことを デバイスといいます。つまりデバイスマネージャーとは、それらデバイスを管理するところになります。

デバイスが正常にパソコンに認識されているかどうか確認したり、ドライバのインストールを行ったりします。またパソコンを構成しているデバイスの型番などの情報を得ることができます。

PC 右クリック→プロパティ。もしくは、デスクトップ左下検索窓に デバイスマネージャーと入力。

PC右クリック

デバイスマネジャーをクリック。

システム

Windows 10、デバイスマネージャー。

デバイスマネージャー

デバイスマネージャーでは、パソコンに内蔵している機器の型番や種類などスペックを調べることもできます。

よく使われる箇所としては以下のようなものがあります。

BluetoothBluetooth

Bluetooth機能の有無、チップ・カードの型番、Bluetoothのバージョンなど。


光学ドライブ光学ドライブ

光学ドライブの型番、種類など。


ディスクドライブディスクドライブ。

HDDやSSDの種類・型番など。


ディスプレイアダプターディスプレイアダプター。

CPU内蔵グラフィックやグラフィックボードの型番など。


ネットワークアダプターネットワークアダプター。

無線LAN、有線LANアダプターの型番など。


プロセッサプロセッサ。

CPUの型番、総スレッド数など。


他に、使われている機器のドライバのバージョンを調べたりすることもできます。

ドライバのバージョン該当する機器、右クリック→プロパティ、ドライバタブ。

ドライバのバージョンが表示されています。


メーカーサイトで公開されているドライバのアップデートを適用する際に、確認することがあります。

一般的にドライバーは、パソコンメーカーの公開しているものをインストールします。ただ一部のパソコンでは、メーカーサイトでそのOSに対応したドライバーを公開していないということもあります。この場合、デバイスマネージャーからドライバーの更新を行い、Microsoftの公開しているドライバーを適用することもあります。

ドライバの更新ドライバの更新。


パソコンの周辺機器が正常に動作しない、音が出ないなどのトラブルの場合、デバイスマネージャの一覧の中で、該当する機器にマークが付いていることがあります。必要であれば、ドライバの再インストールなどを行います。