メモリーテスト・診断用のフリーソフト

メモリーにエラーがないかどうかを調べるツールに、Memtest86というソフトウェアがあります。

CD-Rにメモリーテストのプログラムを書き込み、その後パソコンの起動順位を変更してメモリーテストのプログラムを起動させます。

このページでは、メモリーテストで用いる BIOS版とUEFI版の起動ディスクの作成方法・使用方法について解説しています。

BIOS版

BIOS版というのは、従来のBIOS、UEFIではないBIOSでの起動ディスクです。

Memtest86.com

BIOS版は、旧バージョンになります。英語でBIOSプラットフォームとあります。作成は、主にCDを使って行います。

BIOS版

ダウンロードした圧縮フォルダと解凍・展開したフォルダ。

解凍されたフォルダ

Memtest.isoがメモリーテスト用のファイルになります。これをイメージファイルとしてCDに書き込みます。

書き込み後、作成したディスクから起動すると メモリーテストを行うことができます。

ISOファイル

使用方法

通常は 1) の V4.3 Defaultを使用します。 何も選択しなければそのまま 1) でメモリーテストが始まります。

デフォルト

メモリーテストは特別な操作を加えなくても、自動で始まります。

キーボード左上の Escキーを押すと、メモリーテストを中止し終えることができます。それまではエンドレスに続きます。

PASSが全体の進捗状況です。TESTは部分的なテストの進捗です。PASSが100パーセントになると メモリーテストが一巡したことになります。

PASSとTEST

メモリーテスト中にエラーが出た場合、PASSの横のERRORにエラー数が表示されます。

一巡

メモリーテストが一巡すると、PASSに 1、no errorsと表示されます。

PASS

メモリーテスト中に キーボードの c を押すと、高度な操作ができます。上級者むけです。

UEFI版

UEFI版は、UEFIに対応したパソコン、マザーボードで使うことができます。英語で UEFIプラットフォーム対応とあります。やや上級者向けになります。

UEFI版

ダウンロードした圧縮フォルダと解凍・展開したフォルダ。

UEFI版のフォルダ

USBメモリーを起動ディスクとしたプログラムを作成します。データが入っていない、使用していないUSBメモリーを接続後、imageUSB.exeをクリックします。

imageUSB.exeを起動

誤って他のディスクやUSBメモリーを選択するとデータが消えることがあるので、注意します。該当するUSBメモリー以外を外しておきます。

書き込み先のUSBメモリーにチェックを入れて、writeをクリックすると、書き込みが始まります。USBメモリーはフォーマット済みのものであっても、GPTで再フォーマットされます。

書き込み

パソコンをUSBメモリーから起動させます。

起動後この画面で 10秒ほど待ちます。このまま何も操作しなければ、メモリーテストが始まります。キーボードのカーソルで、Configに行くと設定画面に行きます。

メモリーテスト画面

設定画面、左のメニューは、キーボードのI、T、Sなどがショートカットキーが表示されており、そのままテストする場合は、Sを入力します。この画面は詳細な設定が可能ですが、特に扱わないほうが無難です。上級者向けの項目になります。

設定画面

テストが始まります。PASSは全体の進捗、TESTは部分の進捗、デフォルトでは、4周テストを行います。エラーがあると、Errorsに表示されます。Escキーでテストを終えて画面を閉じます。cで設定画面などに変わります。

メモリーテスト

メモリーテストの画面は、BIOS版とそれほど大きな違いはありませんが、詳細な設定項目に関しては、UEFI版の方が多くなっています。

エラー

パソコンに不具合が全く現れておらず、ごく軽微と思われるエラーも出ることがあります。

軽微なエラーの例。不具合など全くないもののエラーを検出。

軽微なエラー

セーフモードでも起動しないパソコンの例。メモリーテストを行ったところエラーを検出。(旧バージョン)。エラーが多いほど、メモリーエラーの可能性、パソコンの不具合の原因がメモリーである可能性が高くなります。

エラー

あくまでフリーのツールであるため、最終的な判断は、ユーザー自身で決めなければならないことがあります。

一般的には、パソコンの不具合がはっきりと出ている時、例えば、パソコンがフリーズする、ブルースクリーンになる、再起動するなど、明らかに不調の時にメモリーテストを実行するとエラーが出ていることがあります。しかし、エラーがメモリーそのものではなく、マザーボードやスロット側の原因である可能性もあるため、総合的に判断する必要があります。

やや使い方や判断が難しいところもありますが、メモリーを起動ディスクでチェックできるフリーの代表的なツールとして、Memtest86は知られています。

メーカー製パソコンの場合は、BIOSなどからハードウェア診断ツールが起動できることもあるため、メモリーのテストは、それらのプログラムと併用して行うという方法もあります。