自作パソコンとも関係が深いBTOパソコン

一般的なメーカー製パソコン、自作パソコンの他に、BTOパソコンというものがあります。

自作パソコンとBTOパソコンというのは、非常に関係が深いところがあります。

自作パソコンとBTOパソコン

BTOというのは、Build to Order の略語です。受注生産という意味があります。

具体的には、DELLやパソコンメーカーなどのWeb通販などで、パソコンを購入しようとしたときに、パソコンのパーツ構成が選べる時があります。

メモリーは何GBにするか、HDDをどのくらいの容量にするか、グラフィックボードを搭載するかどうか、OSをどのエディションにするかなどです。

自分の要望に合わせて、パソコンを注文できることがあります。

この方式を BTO、カスタマイズ注文したパソコンを、BTOパソコンといいます。

受注生産とはありますが、正確にはある程度 生産されているパソコンをカスタマイズして注文を受けるというかたちになります。完全にすべての構成をカスタマイズできるわけではありません。

メーカー製パソコン・ショップ系パソコン

FujitsuやDELL、NECなど店舗でパソコンを購入すると気付かないのですが、Web上では、CPUやメモリー、ストレージ、Office搭載の有無などを自分でカスタマイズして購入できるように専用のサイトが設けられています。実際は あまりBTOという言葉ではなく、カスタマイズPCという言葉が使われています。

パソコンショップも、BTOパソコンという言葉をよく使うようになっています。BTOパソコンという言葉が広く知られるようになってきたのも、パソコンショップの台頭が大きいといえます。

パソコンショップというのは、以下のようなところがあります。

  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • フェイス
  • TSUKUMO

これらはパソコンメーカーではありません。自作パソコンのパーツを販売しているパソコンショップになります。

パソコンショップのBTOパソコンというのも、ユーザーがある程度 スペックをカスタマイズすることができます。

前述したDELLやNECなどのメーカーと異なるところは、パソコンショップはATXとMicroATXなどの自作パソコンの規格に基いて、パーツを組み立てて生産しているということです。

つまり、ほとんど自作パソコンと同じであるということです。

同じBTOパソコンといっても、自作パソコンとは非常に近く、メーカー製パソコンとはかなり構造が異なるということです。

パソコンショップのパソコンは、完成した自作パソコン、ショップで組み立てられた自作パソコンであるといえます。

ATXやMicroATXなどの規格に基いてパソコンを組み立てているメーカーは他にもいくつかあります。以下のメーカーがそれに当たります。

  • マウスコンピューター
  • FRONTIER

パソコンショップも、これらのメーカーもいくつか例外はありますが、フルタワー・ミニタワー・マイクロタワーというケースのパソコンやグラフィックボードが増設されているパソコンは、ほとんど自作パソコンと同じ構造であると考えられます。

パフォーマンス

同じぐらいの価格、同じような性能でも、BTOパソコンのほうがメーカー製パソコンよりパフォーマンスが高い傾向があります。

これはいくつかの理由があります。

マザーボードマザーボード

BTOパソコンでは、自作パソコンと同じようにATXやMicroATXなどの性能や造りのしっかりしたマザーボード、また最新のチップセットが搭載されたマザーボードがよく使われます。


アプリケーションアプリケーションソフト

アプリケーションソフトがメーカー製パソコンのように入っておらず、必要最低限に抑えられています。


性能性能重視

メーカー製パソコンがデザイン重視であるのに対して、BTOパソコンメーカーは性能・エアフロー重視、コストパフォーマンス重視の傾向があります。


グラフィックボードグラフィックボード

メーカー製パソコンではグラフィックボードが搭載されていることが極めて少ないのに対して、BTOパソコンでは標準で付いていることが多いです。


パーツ最新のパーツ

CPUをはじめ SSDやフルHDの液晶ディスプレイなど最新のパーツがよく使われます。


他にもいくつかあるのですが、BTOパソコンのほうがスピードやパワーなどに優れている傾向が高いといえます。

パーツ交換・増設

これらBTOパソコンというのは、はじめの注文時にカスタマイズできる自由度が高いというのもありますが、あとから修理やカスタマイズもしやすくなっています。

パーツ

自作パソコンと同じように グラフィックボードやハードディスクの増設をできることがほとんどです。


パソコンショップにいけば代替の部品が販売されていたりするので、パーツ交換や増設が比較的安価にスムーズに行えるというのがあります。

これは仮に自分が行わないとしても、組織内である程度対応できる人や、第三者・専門の会社などに依頼した場合でも同様です。

保守性やメンテナンス、拡張性という点において、同じBTOパソコンとはいってもメーカー製パソコンとショップ系のパソコンでは、かなり違いがあるといえます。

ミニタワー・ミドルタワー

PCケース BTOパソコンにも ミニタワーやミドルタワーなどケースの大きさが表記されていることがあります。

基本的に自作パソコンと同じです。


PCケースには、ミニタワーはマイクロタワーともいわれ、MicroATXのマザーボードが入っています。ミドルタワーは ATXやMicroATXのマザーボードが入っています。

他にフルタワーや小型のスリムタワーなどもあります。ただ小型のスリム型は、ATXといわれる汎用の電源が使われているわけではなく、いくつかの配線が独自規格になっていることもあるため、自作パソコンと同じように考えることはできません。

自作パソコンでもBTOパソコンでもバランスのとれたミニタワーやミドルタワーが主流になっています。

用途

BTOパソコンは、次にような場合におすすめです。

  • 性能重視でパソコンを選びたい
  • 高性能なパソコン、SSD搭載のパソコンがほしい
  • 6コア・8コアなどハイエンドなCPUを使いたい
  • 画像処理や動画編集、3DCGなど業務用・仕事用で使いたい
  • メーカー製パソコン付属のソフトを使うことはほとんどない
  • あとでパーツを増設できたりするパソコンがほしい

BTOパソコンは、ゲーミングPCが前面に出されることがありますが、これは3D描画やCPUの能力が高いことを表しているということができます。事業所、学術・研究機関でもしばしば使われていることを見ることがあります。

コスト

実際にパソコンパーツを揃えて組み立てるよりも、BTOパソコンのほうがコストパフォーマンスがよいということもあります。

例えば、2万ぐらいのCPUがあるとします。一般のユーザーは小売価格で購入します。しかし、パソコンショップなどは、小売価格ではなく仕入れ価格で入手しています。またOSやOffice、他の部品についても、同様のことがいえます。

同じような構成・パソコンパーツである場合、部品やソフトウェアにかかるコストは、一般ユーザーの方が高く、BTOパソコンのほうが低く抑えられていることは明らかです。BTOパソコンの場合は、組み立てや保証なども含めて価格に上乗せされパッケージ化されているということになります。

自作パソコンユーザーから見ると、BTOパソコンの方が性能の割に価格が安く感じられたり、場合によっては、BTOパソコンにするということもあります。

保証

自作パソコンでは、パソコンパーツを揃えたり、組み立てたりしますが、パソコンが完成し正常に動作するかどうかについては、自分で責任を持つというのが原則になります。

仮に、どれかのパーツの初期不良等があれば、それを切り分けて見つけ出し交換するということもあります。また、基本的に保証期間内は、それぞれのパソコンパーツの空き箱や購入証明書なども保管しておかなければなりません。

一方、BTOパソコンの場合は、チップセットやCPUとの適合、相性、パソコンパーツの初期不良などはほとんど考えること必要がありません。

仮に、しばらくしてハードウェア・パソコンの不具合と思えるようなことがあれば、基本的にメーカー製パソコンと同じく 問い合わせの窓口が用意されています。また保証期間内であれば、メーカーの保証があるというのも特徴です。

BTOパソコンメーカー

BTOパソコンにもいくつかのメーカーがありますが、代表的なところでは以下のメーカーがあります。いずれも実店舗があり、パソコンパーツそのものを除けば、国内生産、国内組み立てです。

ドスパラドスパラ

パソコンパーツ販売も行うBTOパソコンメーカー。


マウスコンピュータマウスコンピューター

落ち着いたデザインや使用用途に応じた豊富な品揃え、24時間対応の問い合わせ窓口などが特徴です。

ゲーミングPCのG-Tune、法人・ビジネス向け、クリエイター向けPCなどがあります。


パソコン工房パソコン工房【公式通販サイト】

フェイス、TWOTOPなどグループ店舗を合わせれば BTOパソコンメーカーでは実店舗が一番多いメーカーです。

一般のメーカー製パソコンを含めた修理窓口があります。


他にはソフマップ、TSUKUMOなどもパソコンパーツやBTOパソコンを取り扱っています。

ベアボーン

ベアボーンとは、最小限の中身がないパソコン、半製品のパソコンという意味です。

ベアボーンは、主にPCケース、電源、マザーボードで構成されています。したがって、パソコンを動かすためには、CPU、メモリー、ハードディスク、OSなどを追加して組み立て、インストールなどの作業が必要になります。

自作パソコンの領域になりますが、ケースや電源はATXやMicroATXの規格ではありません。Mini-ITXという規格や小型・スリム型の規格です。IntelのNUCShuttleなどが知られています。

パソコンショップでは、このようなベアボーンもありますが、一般的なBTOパソコンとは異なります。

組み立てキット

組み立てキットは、主にATXやMicroATXのパソコンパーツが使われています。まれに小型、スリム型のものもあります。

パソコンショップ側で、比較的新しく人気のあるパーツなどを選んで使用しているので、自作パソコンと同じようなパーツ構成になります。

マザーボードとメモリーの相性やマザーボードとCPUの対応状況などが、パソコンショップ側でほぼ確認・動作検証された上で販売されているので、パーツ選びをする必要がない、パーツの相性問題を気にする必要がないというのがあります。

組み立てキットは、組み立てとOSインストールを自分で行います。いくつかのBTOパソコンメーカーが組み立てキットを出しています。


Q&A

Q.IntelやAMDというのは何ですか?
A.CPUとマザーボードに搭載されているチップセットのメーカーです。IntelのCPUかAMDのCPUのどちらかを選択することになります。

Q.Core i7とかi5というのは何ですか?
A.自作パソコンでもBTOパソコンでも、パソコンの性能に大きく影響をあたえるのは、CPUになります。

IntelのCPUは、性能がよい順番に Core i7>i5>i3>Pentium>Celeren となっています。性能とCPUの価格は相関しているため、価格の高いパソコンほど性能のよいCPUが搭載されている傾向があります。

Q.GeForceやRadeonというのは何ですか?
A.グラフィックボードに搭載されているGPU(グラフィックチップ)のメーカーです。NVIDIA GeForce、AMD Radeonともよばれます。グラフィックボードを付ける場合、いずれかのメーカーのGPUになります。

3D CADなどでは、NVIDIA Quadroも使われることがあり、クリエーター向けPC、ワークステーションといわれるモデルに分類されていることもあります。

CPUと同じく 性能と価格がほぼ相関しています。

Q.80PLUS認証とは何ですか?
A.パソコンに電源を供給する電源ユニットの認証のことです。

変換効率がよい順番に、プラチナ>ゴールド>シルバー>ブロンズ>スタンダードがあります。

最近の電源ユニットは、ほとんどが80PLUS認証電源になってきています。自作パソコンでは、ゴールドからスタンダートなどがよく使われます。

Q.SSDとは何ですか?
A.フラッシュメモリーを使った高速なストレージです。

近年は、システムドライブにハードディスクではなく、SSDを使うことが増えてきています。自作パソコンでは、ほとんどのユーザーがSSDを使います。近年は、2.5インチSATAよりさらに高速な M.2 SSDの搭載も増えてきています。

関連情報