自作パソコンとも関係が深いBTOパソコン

BTOパソコンというのも よく見聞きすることが増えてきましたね。

自作パソコン?ショップパソコン?そもそも BTOパソコンって何?と思われている方は多いと思います。

自作パソコンとBTOパソコンというのは、非常に関係が深いのでよく理解しておきたいところです。

ここで少し整理して解説していきます。

BTOというのは、Build to Order の略語です。受注生産という意味があります。

具体的にいいますと、DELLやパソコンメーカーなどWEB通販などで、パソコンを購入しようとしたときに、パソコンのパーツ構成が選べる時があります。

メモリーは何GBにするか、HDDをどのくらいの容量にするか、グラフィックボードを搭載するかどうか、OSをどのエディションにするかなど。

自分の要望に合わせて、パソコンを注文できることがあります。要するにオーダーメイドですね。自分のサイズにあった洋服を注文するときのように。

この方式を BTOといいます。またこうしてカスタマイズ注文したパソコンを BTOパソコンというわけです。

受注生産とはありますが、正確にはある程度 生産されているパソコンをカスタマイズして注文を受けるというかたちになります。完全にすべての構成をカスタマイズできるわけではありません。

メーカー製パソコンとショップ系パソコンでは何が違うか?

BTOという言葉の意味はよく分かったでしょうか?

受注生産、カスタマイズ生産という意味合いになります。

それでは、もう一歩話を進めてみたいと思います。

FujitsuやDELL、NECなどが、WEB通販などで要望を受けてカスタマイズして販売しているパソコンが、BTOというわけですが、ここ最近では、パソコンショップが BTOパソコンという言葉をよく使うようになっています。

BTOパソコンという言葉が広く知られるようになってきたのも、パソコンショップの台頭が大きいといえます。

パソコンショップというのは、それほどまだ知られていないかもしれませんが、主なところですと、下記のようなところがあります。

  • ドスパラ
  • フェイス
  • パソコン工房
  • TSUKUMO
  • PCDEPOT WEB本店

これらはパソコンメーカーではありません。自作パソコンのパーツを販売しているパソコンショップになります。

パソコンショップのBTOパソコンというのも、要望を受けてカスタマイズして販売しているのですが、実は前述したDELLメーカーやNECなどのメーカー製パソコンとは決定的に異なるところがあります。

それは、ATXやMicroATXなどの自作パソコンの規格に基いて パーツを組み立てて生産しているということです。

つまりほとんど自作パソコンと同じであるということです。

パソコンメーカーのいうBTOパソコンよりも自由度は高く、メモリー、CPU、ハードディスク、グラフィックボード、OSを有り無しにするか、PCケースをどの大きさにするかなど選ぶこともできます。

同じBTOパソコンといっても、自作パソコンとはとても近く、メーカー製パソコンとはかなり構造が違うということです。

DELLやFujitsu、NECなどのパソコンメーカーではBTOとはいっても、ある程度 デザインや拡張性が制限されたパソコンですが、パソコンショップのパソコン(ショップ系のパソコン)は、完成した自作パソコン、ショップで組み立てられた自作パソコンといえます。

BTOという言葉の意味では、メーカー製パソコンもショップ系パソコンも両方ふくまれるわけですが、最近よくいわれる BTOパソコンというのは、どちらかというとショップ系のパソコンやある程度組み立てられた 自作パソコンという意味合いが強いといえます。

自作パソコンの仲間

ショップ系パソコンも自作パソコンも、構造はほとんど同じで ATXやMicroATXの規格に基づいて作られています。

自作パソコンは、性能がいいって聞くけど組み立てれるのはちょっと無理かな・・という方は、パソコンショップのBTOパソコンがお勧めといえます。

そして、メモリーとCPUをこれにして、OSはこれでというふうに注文すれば、自分が組み立てていなくても ほとんど自作パソコンになります。

BTOと打ち出しているところで、ATXやMicroATXなどの規格に基いてパソコンを組み立てているメーカーは他にもいくつかあります。

下記のメーカーがそれに当たります。

  • マウスコンピューター
  • FRONTIER

すべてのパソコンが そうだとはいえませんが、フルタワー・ミニタワー・マイクロタワーというケースのパソコンやグラフィックボードが増設されているパソコンは、ほとんど自作パソコンと同じ構造であると考えられます。


メーカー製パソコンよりパフォーマンスは高い傾向がある

同じぐらいの価格、同じような性能でも、BTOパソコンのほうがメーカー製パソコンよりパフォーマンスが高い傾向があります。

これはいくつかの理由があります。

マザーボードマザーボード

BTOパソコンでは自作パソコンと同じようにATXやMicroATXなどの性能や造りのしっかりしたマザーボード、また最新のチップセットが搭載されたマザーボードがよく使われます。


アプリケーションアプリケーションソフト

アプリケーションソフトがメーカー製パソコンのように入っておらず、必要最低限に抑えられています。


性能性能重視

メーカー製パソコンがデザイン重視であるのに対して、BTOパソコンメーカーは性能・エアフロー重視、コストパフォーマンス重視の傾向があります。


グラフィックボードグラフィックボード

メーカー製パソコンではグラフィックボードが搭載されていることが極めて少ないのに対して、BTOパソコンでは標準で付いていることが多いです。


パーツ最新のパーツ

CPUをはじめ SSDやフルHDの液晶ディスプレイなど最新のパーツがよく使われます。


などがあげられます。他にもいくつかあるのですが、BTOパソコンのほうがスピードやパワーなどに優れている傾向が高いといえます。

パーツ交換や増設などが楽

これら自作パソコンの仲間ともいえるショップやメーカーの打ち出す BTOパソコンというのは、はじめの注文時にカスタマイズできる自由度が高いというのもありますが、あとから修理やカスタマイズもしやすくなっています。

パーツ パーツ交換や増設などが楽ということです。

自作パソコンと同じように グラフィックボードやハードディスクの増設をできることがほとんどです。


パソコンショップにいけば代替の部品が販売されていたりするので、パーツ交換や増設が比較的安価にスムーズに行えるというのがあります。

メーカー製パソコンとは、大きな違いといえます。

ですから 同じBTOパソコンとはいってもメーカー製パソコンとショップ系のパソコンではかなり違いがあると思っていいでしょう。

最近では BTOパソコン=ショップ系のパソコンというのが浸透しつつあります。

ミニタワーやミドルタワー ケースの大きさ

PCケース BTOパソコンにも ミニタワーやミドルタワーなどケースの大きさが表記されていることがあります。

基本的に自作パソコンと同じです。


PCケースには、ミニタワーはマイクロタワーともいわれ、MicroATXのマザーボードが入っています。ミドルタワーは ATXやMicroATXのマザーボードが入っています。

他にゲーミング向けPCのフルタワーや小型のスリムタワーなどもあります。

自作パソコンでもBTOパソコンでもバランスのとれたミニタワーやミドルタワーが主流になっています。

Windows 7モデルも豊富

Windows 7Windows 8.1は、見ためや操作感もだいぶ変わりどうしても使いにくいという声は根強いようです。

法人や事業所などでも多く聞かれます。


好みの問題というのもありますが、できれば使用しているソフトとの兼ね合いや操作性という点で Windows 7を使いたいという方も多いようです。

家電店やメーカーの通販サイトでは、ほとんどがWindows 8.1モデルになっていることもあり、Windows 7を選びたくてもほとんど選択肢がないということもあります。

その点 BTOパソコンメーカーは、ほとんどのパソコンでカスタマイズ時にWindows 7を選ぶことができるのも特徴といえます。

BTOパソコンはこんな人に向いている

自作パソコンは作るのは自信がない、性能が高くて最新のゲームがしたい、高性能なパソコン・SSD搭載のパソコンがほしい、あとでパーツを増設できたりするパソコンがほしい、画像処理や動画編集など仕事用で使いたい、6コア・8コアなどハイエンドなCPUを使いたい、使用するソフトは決まっていてメーカー製パソコン付属のソフトを使うことはほとんどないという方は、BTOパソコンにすることをお勧めします。

他にオンライントレード向けのパソコンや、QuadroやFireproのグラフィックボードを搭載したCADや設計などクリエイター向けのパソコン、ビジネス向けのパソコンも見つけることができます。

おすすめのBTOパソコンメーカー

BTOパソコンにもいくつかのメーカーがありますが、特に人気が高くお勧めのメーカーは、以下のメーカーがあります。

ドスパラドスパラ

ゲーミングPCが人気のBTOパソコンメーカーです。本格的なゲーミングPCを取り扱っていて、ケースの作りもしっかりしています。


マウスコンピュータマウスコンピューター

秀逸なデザインや使用用途に応じた豊富な品揃えが特徴です。

ゲーミングPCのG-Tune、法人・ビジネス向けのMouse Pro、クリエイター向けPCなどがあります。


パソコン工房パソコン工房

フェイス、TWOTOPなどグループ店舗を合わせれば BTOパソコンメーカーでは実店舗が一番多いメーカーです。


他には PCデポ、ソフマップ、TSUKUMOなどもパソコンパーツやBTOパソコンを取り扱っています。

即納モデル

パソコンショップのBTOパソコンは、即納モデルというのを打ち出していることがあります。

文字通り 「即 納品します」「即日出荷します」という商品です。速い場合は午前中に注文すればその日のうちに届くということもあります。

注文から自宅に届くまでが早いので、急いでいる時やすぐにパソコンが欲しい・早くパソコンを使いたい時は便利なサービスです。


関連情報