ATXとMicroATXの違いを知る

パソコンの自作をする時に必ず出てくるのが、ATXとMicroATX(マイクロATX)という言葉です。

自作パソコンとは何か?というと、ATXやMicroATXの規格に基いて作成するパソコンといってもいいでしょう。

ATXとMicroATXというのは、パソコンの構造規格(フォームファクタ)のことで1995年にインテルが策定しました。

その後 自作パソコンで使用されるマザーボードやPCケースは、このATXとMicroATXという二つの規格を中心として各メーカーで開発・提供されていくことになります。

この規格は世界標準ともいえる規格になりますので、パソコンショップのBTOパソコンでも採用されています。

端的にいうと大きさを示します。ATXを少し小さくしたのがMicroATXになります

マザーボードのサイズをいう時に使われます。その他 PCケース電源などで ATXとMicroATXという言葉は使用されます。


ATX

ATXは基盤面積が広いため、コネクタやスロット数が多く拡張性が高いのが特徴です。自作パソコンでは主流のサイズになります。

マザーボードATXのマザーボード。基本的なサイズは 305mm×244mm (12インチ×9.6インチ)。横幅 244mmではなく 215mm~230mmのものが多くなっています。

拡張スロッロが最大で7。メモリースロットが4~8。拡張性の高さが人気です。


IOパネル最近のマザーボードではCPUがグラフィック機能を内蔵するためディスプレイ端子が付くものが増えています。

一部のATXマザーボードには ディスプレイ端子がないものもあるため この場合 グラフィックボードの取り付けが必要です。


ATX電源ATX電源。ATX規格策定と同時にATX電源も規格が統一されました。ネジ穴なども統一されていてミニタワー、ミドルタワーのPCケースならほとんどのケースに取り付けが可能です。


ミドルタワーミドルタワーのケース。ATXのマザーボードで組み立てることができるケースのでATXケースともいいます。5インチベイや3.5インチベイが多く用意されています。大は小を兼ねるで、ATXケースはMicroATXのマザーボードでも組み立てることができます。

MicroATX

MicroATXは、ATXをやや小型化したサイズです。自作パソコンでは ATXと同様よく使用されます。

Microを表す記号が μなので μATXと表記されることもあります。

MicroATXのマザーボードMicroATXのマザーボード。基本的なサイズは 244mm×244mm (9.6インチ×9.6インチ)。メモリースロットは2~4。拡張スロットは最大4つまでです。


ディスプレイ端子MicroATXのマザーボードにはほとんどディスプレイ端子が付いています(青色部分)。グラフィックボードを増設しなくてもディスプレイ接続できるのが一般的です。


MicroATXの電源MicroATXの電源。SFX電源ともいいます。ATX電源を小型化しているためATX電源より性能が落ち、それでいて価格が高いというのがあるためあまり需要はありません。スリムタイプなど小型のPCケースに入るようになっています。


MicroATXのマザーボードATXマザーボードよりやや小さめです。何箇所か共通しているネジ穴があります。


ミニタワーミニタワーのケース。MicroATXのマザーボード用になります。ATXのマザーボードは入りません。ATXケースに比べると高さが低めで、5インチベイ、3.5インチベイが少なめです。しかし電源はATX電源を入れることができるようになっているのが一般的です。

マザーボードの箱

マザーボードには必ずサイズがあります。

ATXなのか、MicroATXなのか、それともそれ以外の大きさなのか。

型番を調べればどのサイズか分かりますが、ATXかMicroATXかは箱の大きさですぐにわかります。

ATXは長方形で、MicroATXは正方形です。ほとんどのマザーボードメーカーで統一されていますので分かりやすいでしょう。

マザーボードの箱下がATX、上がMicroATXのマザーボードの箱。