圧倒的な使用感を体験できる 高速ストレージSSD

自作パソコンでもメーカー製パソコンでも、OSをインストールするデバイスにハードディスクを使用するのが一般的ですが、ハードディスクの代わりにSSDを使用する方法もあります。

最近はパソコンの利用目的も広がり、もっと早く、より快適にパソコンを使いたいという方も多いのではないでしょうか?

SSDはハードディスクに比較すると読み込み・書き込み速度が圧倒的に速いため、OSをSSDに入れるとパソコンのパフォーマンスは劇的によくなります。高速化するわけです。

そのため、SSD搭載のパソコンを使うことにより、よりいっそう作業が効率化したり、できなかったことが可能になったりということもあります。

このページではSSDを取り付ける方法、ハードディスクからSSDへの交換・換装方法について解説しています。

SSDとは?

そもそもSSDとは何か?ということですが
HDDとの違いを端的にいうと物理動作部(駆動部品)があるかないかというのが一番大きいといえます。

駆動部品がないということは結果として、低消費電力、低発熱、耐衝撃性、故障率の低下、重量の低下などにつながります。

基本的な取り付け方法

SSDは、2.5インチのデバイスです。デスクトップパソコンや自作パソコンではそのまま取り付けるということはできません。

ここではパソコン組み立て時に、システムドライブ用としてハードディスクの代わりにSSDを使用した方法を例に解説します。下記はIntel社製 SSD。
SSD

リテール品の場合、デスクトップパソコンや自作パソコンに簡単に組み込めるようマウンタ、ネジ、SATAケーブルなどが揃っています。付属品がないバルク品・中古品などの場合は別途用意する必要があります。
付属品

SSDのサイズは2.5インチになります。ノートパソコンのハードディスクと同じ大きさです。PCケースのベイは3.5インチベイになりますので、SSDを付属品の2.5インチ→3.5インチ変換マウンタに取り付けます。
マウンタ

PCケースの3.5インチベイを確認します。本来ならハードディスクを入れるところになります。
3.5インチベイ

マウンタを取り付けたSSDを3.5インチベイに入れます。ここからはハードディスク取り付けと全く同じで、ネジ留め、電源ケーブル・SATAケーブルの接続を行います。SSDとハードディスクはインターフェースがSATAの場合、接続口は全く同じ大きさです。
接続

SSDはハードディスクと全く同じ付け方と思っていいでしょう。認識されているかはBIOSで確認します。
BIOS

あとは通常の自作パソコンでの作業と同じで、OSインストールを開始します。


HDDからSSDへのデータ移行・クローン作成

今使用しているHDDからSSDに現在の環境やデータを移行して使用することもできます。クローン作成ともいいます。

先ずパソコンにSSDを取り付けます。SSDに電源ケーブルやSATAケーブルを接続します。マザーボードの空きのSATAポートとSSDをSATAケーブルで接続します。
増設

3.5インチベイへの取り付けを後で行うなら、こうした方法でもいいかと思います。ノートパソコンの場合は、デスクトップと違いますのでSSDは、USB接続で行うこともできます。メーカー製のデスクトップパソコンなどで空きのSATAポートがない場合も同様です。

電源を入れSSDがBIOSで確認されているかどうかを確認します。。
SATAポート

パソコンを起動させた後は、専用のソフトにてデータ移行・クローン作成を行います。下記のソフトなどを使用します。Intel製のSSDの場合は、Intel Data Migration Softwareを使用することもできます。

データ移行が終わったら、もともと付いていたHDDを取り外すか、BIOSにてSSDを起動ドライブにして、パソコンを起動させます。




比較

160GBのHDDからIntel 80GBへデータ移行・クローン作成を行い、Windowsの起動時間を計測しました。クローン作成は、Intel Data Migration Softwareを使用。計測に使用したソフトは、BootRacerというソフトです。

青がようこそ画面まで。黄色がようこそ画面以降。パソコンが使用できるまでの速度になります。

デスクトップパソコン XP

160GB HDD。メーカー製パソコンでも使用される一般的なハードディスクです。起動時間を3回計測して、60秒、59秒、62秒。
HDD 速度

80GB SSD。3回計測して、14秒、14秒、14秒。HDDでは1分ほどかかっていた起動時間が約1/4程度に短縮されたことが分かります。
SSD 速度

動画

SSDに交換したパソコンの起動時の動画です。Intel SSD 320シリーズ 80GBを使用。OSはWindows XP、CPUはCore 2 Duo E6550、メモリーは4GB。チップセットはG41。

一般的なデスクトップパソコンの構成でそれほど高性能というわけではありません。XPインストール後、ウイルス対策ソフトなどインストール済み。

SSDに交換すると Windowsの起動速度が速くなり、特にデスクトップ画面が表示されてから早い段階でパソコンが使用できるようになります。

XPやソフトウェアのインストール作業をはじめ、各種アプリケーションの起動も高速化されるのがSSDの特徴です。

Intel SSD 320シリーズ 80GB+Windows XP



Intel SSD 320シリーズ 80GB+Windows Vista



他のSSDも使ってみました。

Intel SSD 520 シリーズ 120GB+Windows 7



振り向けば起動している

SSD交換後の起動速度は、パソコンやSSDによって多少異なりますが、平均的な数値としては起動までに30秒前後という報告が多いようです。

速いパソコンでは15秒〜20秒、アプリケーションが多かったりするパソコンでは40秒〜1分など。

ここでいう30秒というのは、単にデスクトップ画面が表示されるまでの速度ではなくて、ブラウザを起動してインターネットが開始できるなど、パソコンを実際に使用できるまでの時間になります。

HDDのようにデスクトップが表示されてからしばらく待つということはほとんどありません。

電源を入れて、少し他のことをしていたら、パソコンを使う準備がすでに整っているという体験をすることができます。

また他にパソコンのあらゆる基本的な操作、例えばWindows Update、チェックディスク、ディスククリーンアップ、リカバリー、アプリケーションのインストールや起動などもHDDとは明らかに違いが出てきます。

SATA搭載のパソコンすべてに恩恵がある

SATAのハードディスクからSSDへの交換というのが一番多いと思います。

IDEでのSSD交換もありますが、転送速度や今後のことを考えるとSATAのほうがメリットは多いでしょう。

自分のパソコンでSSDが取り付けれるのだろうか?という不安があるかもしれません。

XP後期以降のパソコンは、ほとんどがSATA接続のハードディスクが使用されています。

SATAの種類

SATAには、SATA、SATAU、SATAVの3つの種類がありますが、主に使用されているのはSATAU、SATAVです。SATAVが最も新しく転送速度が早いです。

  • SATA・・・・150Mbyte/s
  • SATAU・・300Mbyte/s
  • SATAV・・600Mbyte/s

互換性

ハードディスクでもSSDでもそうですが、SATAUもSATAVも互換性があるので、例えばSATAUまでのマザーボードにSATAVのHDDやSSDを取り付けても普通に動作します。この場合マザーボードのサポートするSATAUの速度が上限になります。

またSATAV対応のマザーボードにSATAUのHDDやSSDを付けても動作します。この場合、SATAUのHDDやSSDの転送速度が上限です。

SATAV対応のマザーボードにSATAVのHDD・SSDを取り付けてはじめて転送速度はSATAVとなります。

SATAV対応のマザーボードというのは、まだ最近のものでしかなくメーカー製パソコンや自作パソコンも含め、ほとんどがSATAUまでのマザーボードになります。

SATAというのは互換性があるので、あまり心配する必要はないのです。

つまりSATA搭載であれば、SSDの恩恵を受けることが出来るということになります。

SATAの時代というのは今後もしばらくは続きます。ようやくSATAVの時代が始まったという段階です。

今のハードディスクがSATAかどうかは、直接ケース等をあけて目視するか、フリーソフトを使用して調べることもできます。

SATAVSATAV対応のSSDは、マザーボードのSATAVに接続すると速度の上限がでます。最近のマザーボードではほとんどがSATAVに対応。ここではSATAVは白、SATAUは青。

SATUSATAV対応のSSDを、マザーボードのSATAUに接続。SATAVのポートがないマザーボードでは SATAUの空きポートに接続します。速度の上限はSATAUまで。

パーツ単体としての価値を見出す

せっかく新品のSSDに付け替えたのにマザーボードとか別のところが壊れたら無駄になるかな・・と思われるかもしれません。

SSDは、パソコン(マザーボードなど)が壊れても、そのSSDを他のパソコンで使用するということはできます。

例えば Windows XPにSSDを取り付けたとして、2014年4月にマイクロソフトのサポート期限が来て XPを使うのが難しくなったら、SSDを取り外してWindows Vistaや7など他のパソコンで使用することができます。

今使用しているパソコンがSATAUでも、将来SATAVのパソコンやマザーボードを使用するときに 今まで使用していたSSDを付け替えて使用することもできます。

自作パソコンの部品全般に言えることですが、SSDを一度取り付けたからといってもそのパソコンに依存することはありません。パーツ単体として価値があります。




時代の最先端をいくIntel

Intelという名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。

自作パソコンの世界ではあまりにもよく知られている名前ですが、自作パソコンに携わったことが無い方はあまりよく分からないという方もおられると思います。

Intelはパソコンには欠かすことができない CPUチップセットを提供している世界最大の半導体メーカーです。

世界中の多くのパソコンやサーバーでIntelのCPUやチップセットは使われています。

世界のコンピュータ市場を牽引しているのは 実はIntelであり、IntelがCPUやチップセットを開発していくことでパソコンは進化していきます。Intelなくしてはパソコンの発展はないのです。

そのIntelが出しているSSDが、Intel SSD 320シリーズ、330シリーズなどです。

特にパソコンにSSDを取り付ける場合は、マザーボードのチップセットとの関わりが重要になってきますが、そのチップセットはほとんど Intel製であるため 同じIntelのSSDとは親和性が非常に高いと考えられます。

これからSSDを使用してみたいという はじめての方にも Intelはお勧めです。

HDDからSSDのクローン作成ができるIntel Data Migration SoftwareとSSDのメンテナンスツールである Intel SSD Toolboxが無償で提供されているからです。これは Intel SSDのユーザーのみが使用することができます。

高品質、充実した付属ツール、3年間保証付き(520、530シリーズは5年)ということもあり、IntelのSSDはパソコンショップや自作ユーザーを中心に支持が高く人気があります。

SSD交換ではまずIntelのSSDから検討していくというのがいいでしょう。

Intel SSD 335シリーズ。330シリーズの後継モデル。330シリーズからさらに低消費電力になったのが特徴。容量は80GB、180GB、240GB。(XPではアライメント調整が必要)



Intel SSD 530シリーズ。520シリーズの後継にあたる最新モデル。容量は120GB、180GB、240GB。(XPではアライメント調整が必要)
高さは 7mm、リテール版はスペーサー付きで9.5mmに変更が可能。



TOSHIBA製SSD。ベンチマーク・テストでは高い数値が出ており人気があるSSD。マウンタ付属 高さ7mm。



2013年以降は円安ドル高の影響で IntelのSSDが高騰していますのでTOSHIBAのSSDなどに人気が移っています。

換装後 起動しない場合

SSDの交換を行い BIOSでの認識もOKでOSクリーンインストールもしくはHDDからSSDへのクローンも成功したが、SSDを起動ドライブにしても Windowsが起動しないということがまれに起きることがあります。

この場合、試しておきたい対処法のひとつに、SSDをSATAポートの最も若い番号に接続するというのがあります。

自作パソコンのマザーボードでは SATAポートが4つ〜6つほどあるのが特徴で、SATA0、SATA1と0から番号はじまったり、SATA1、SATA2など1から始まったりしています。なので最も若い番号 SATA0やSATA1にSSDを繋いでどうなるかを見るようにします。これで正常に起動するということは多いようです。

メーカー製パソコンでも同じようなことが起きた場合は同様に対処してみるといいでしょう。

また他に SSDがBIOSで認識しないという場合も、SATAポートを変更する、BIOSアップデートを行うなどの対処法が考えられます。

SATA1ここでは左からSATA1〜SATA4まであります。SSD換装後になぜか起動しないという場合は、SATA1にSSDをつないでみます。

メーカー製パソコン

AFTハードディスク(物理セクタ4Kのハードディスク)において、クリーンインストールができない、Windows Updateができないということがしばしば起きています。

XPおよびSP1が適用されていないVistaや7で見受けられます。

原因は SP1未適用のVistaや7が、AFTに対応していないことが上げられます。

SSDも物理セクタ4K(4Kブロック)のものが増えてきているので、AFTハードディスクとほぼ同じように考えることができます。

AFTに対応しないOSは、Windows XP,Windows Vista(SP1未適用)、Windows 7(SP1未適用)です。

なのでこれらのOSにおいては、リカバリーディスクを使用したクリーンインストールはうまく行かなかったりすることが十分に考えられます。

こうしたこともあり、XPおよびSP1が適用されていないVista、Windows 7のメーカー製パソコンではHDDクローンの作成のほうが換装は行いやすいといえます。

関連情報

メニュー