VGAとDVIの違いを知る

パソコンのディスプレイ接続の規格には、主にVGA接続とDVI接続という2種類の規格があります。メーカー製パソコン、自作パソコンなど全てに関わってくるところです。

特に自作パソコンの場合はマザーボードやグラフィックボード、液晶ディスプレイに、VGAやDVIが常に関わってきますので、VGAとDVIの違いや特徴を知っておいたほうがいいでしょう。

ディスプレイ接続規格は大別すると、VGA接続とDVI接続の2種類です。またVGAやDVIはいろいろな呼び方をすることがあります。

  • VGA・・RBG、アナログ、D-SUB
  • DVI・・デジタル

2種類のDVI

DVIにも2種類あります。DVI-IとDVD-Dです。DVI-Iがデジタルもアナログもカバーしているのに対して、DVI-Dはデジタル信号のみに対応しています。コネクタの形状が似ているのですが ピンの数が若干異なります。

  • DVI-I・・デジタル信号、アナログ信号のみ
  • DVI-D・・デジタル信号のみ

DVI-Iは、両方の信号を信号を送っているので DVIからVGAへの変換ができるということです。つまりDVI-Iには変換アダプダを取り付けて デジタル/アナログ ディスプレイ両方に接続できるということになります。

DVI-Dは、デジタル信号のみです。なので変換してアナログ(VGA)で送信とかはできません。

DVIは、デジタルのみかそれともアナログにも変換できるかというところなので、ディスプレイ側よりも、パソコン側の確認のほうが大事ということになります。

またシングルリンクとデュアルリンクというものがあります。デュアルリンクはシングルリンクを兼ねていてさらに多くの情報の伝送を行うことができるものです。デュアルリンクが必要となるのは、WQXGA (2560×1600ドットの解像度)を使用するときなどで、通常の一般的な使用(フルHD解像度の1920x1080、1920x1200)では問題ありません。 シングルリンクのもので十分でデュアルリンクのものが必要となることはほとんどありません。

グラフィックボード(GPU)は、画面描画の性能が高いため、ほとんどが高解像度(2560×1600ドットの解像度)に対応しており、接続端子はデュアルリンクのものがはじめから付いています。DVI-I デュアルリンクが多いといえます。




接続端子

液晶やパソコン側のマザーボード・グラフィックボードにはVGAかDVIの接続端子が必ず付いています。VGA接続端子とDVI接続端子は見た目が違います。

VGA接続端子マザーボードに付いているVGA接続端子。MicroATXのマザーボードには必ず付いていて、グラフィックボードを増設しなくてもこのVGA接続端子でディスプレイ接続が可能です。オンボードビデオともいわれます。

グラフィックボードグラフィックボードに付いているVGA端子とDVI端子(DVI-I デュアルリンク)。

DVIグラフィックボードに付いているDVI接続端子(DVI-I)。DVI-I デュアルリンクが2つ付いています。

アナログモニター液晶ディスプレイのVGA接続端子。VGA接続の液晶ディスプレイをアナログモニターともいいます。

VGAとDVIVGA接続とDVI接続の両方の接続端子があるモニター。DVI接続はDVI-Dです。DVI-Iで※の部分が ーになります。ディスプレイ側のDVIは信号を受け取る側なので、DVI-D(デジタル信号のみ)がほとんどです。

VGAケーブルVGA接続のケーブルは先端が青になっているものが多く。他に白や黒があります。

DVIケーブルDVI接続のケーブル。通常はDVI-Dのシングルリンクです。液晶ディスプレイに付属しているものもこれになります。デジタル信号なのでDVI-Iである必要はなく、シングルリンクでもフルHD(1920x1080、1920x1200)に対応できるからです。

画質の違い

VGAとDVIは、アナログ信号(VGA)とデジタル信号(DVI)という違いがあります。アナログ信号に比べるとデジタル信号の方が画質がよく安定するというのが一般的です。

17インチまでの大きさなら見た目ではそれほど大きな差は現れることはありませんが、解像度が高くなったり液晶のサイズが大きくなるほどその違い・差が顕著に現れてきます

画質をできるだけきれいにして表示させたい場合は、DVIやHDMIを選択するのがいいでしょう。マザーボードにはDVI接続端子が付いていない場合は、グラフィックボード増設を行うといいでしょう。また液晶もDVI端子が付いているかどうか確認する必要があります。

パソコンで地デジチューナーを増設して地上デジタル放送を見る場合は、VGAかDVIかで違いが出てきます。DVI接続のみハイビジョン高画質で見れるようになっています。




変換アダプター

パソコン側とモニター側の接続端子が異なるというのはよくあることです。こうした場合は、変換アダプターを使用することで解決します。

特に多いのがグラフィックボードのDVI端子に変換アダプタを付けて VGAのモニターに接続するという方法です。デュアルディスプレイをするときにもよく使います。グラフィックボードのDVI端子は、基本的にデジタルもアナログもカバーしている DVI-Iです。

この場合DVI-VGA 変換アダプタを使用すれば 接続することができます。

変換アダプターパソコン側がDVIのみで、モニター側がVGAの場合に使用します。DVI(オス)・VGA(メス)。

グラフィックボードのDVI-Iグラフィックボードのほとんどに付いている DVI-I デュアルリンクの端子。デジタル→アナログの変換ができます。

グラフィックボードのDVI-I デュアルリンクの端子に、変換アダプターのDVI(オス)を接続することで、パソコンにVGA端子ができます。

変換アダプターVGA端子(メス)にVGAケーブルをつなぎモニターと接続します。

上記で使用した DVI-VGA 変換アダプタの一例です。グラフィックボードのDVI→モニタのVGAをつなぐときによく使用します。グラフィックボードを購入すると付属品として付いていることがほとんどです。

グラフィックボード

グラフィックボード(ビデオカード)は通常 DVI-Iの端子が1つか2つ付いています。

これはデジタルとアナログの信号が流れているので、変換アダプターを付けることでどちらのモニターにも接続できるようになっています。

ただしローエンドのビデオカードの一部には、DVI-IではなくDVI-Dの端子であることがあります。つまりこの端子はデジタル信号のみです。

この場合は、DVI-Dなので変換アダプターを取り付けてアナログモニターに接続するということはできません。

ローエンドの一部のビデオカードでは必ずしも DVI-Iであるというわけではないということです。

グラフィックボードのDVI-IグラフィックボードのDVI-DのビデオカードのすべてがDVI-Iというわけではないので、デジタル→アナログの変換アダプターを使う場合は、DVI-Iの端子のあるビデオカードにする必要があります。

関連情報

メニュー