Bluetoothでの無線接続

Bluetooth ブルートゥースは主に、
ノートパソコン、プリンタ、マウス、キーボードなどに関係してきます。

スマートフォンやタブレットにも ほぼ標準で付いている機能です。

Bluetooth ブルートゥースというのは、端的にいいますと機器と機器を無線接続する機能のことです。

2.4Ghzの電波が使用されます。

Bluetoothという無線機能を用いることで、ケーブルを使わずにワイアレスで機器と機器を繋ぐことができます。

ノートパソコンの具体例

分かりやすく実例で紹介したいと思います。

ノートパソコンには Bluetooth機能が内蔵されているものを見ることが多いですね。

受信用のアダプタが本体内に内蔵されていて、Bluetoothの電波を受信できるということです。

仕様書や説明書などでBluetooth内蔵かどうかは知ることができます。

例えばこのパソコンですと、タスクトレイにBluetoothのマークがあります。このマークはそのパソコンがBluetooth機能を内蔵していることを示しています。

タスクトレイ

次にBluetoothに対応したワイヤレスマウスを準備します。

Bluetoorthに対応した機器というのは 小さくBluetoothのマークが刻印されていることが多いです。

マウス中央の小さいマークがそれです。

マウスやキーボード、プリンターでもBluetoothに対応しているものだけが接続できます。

マウス

ノートパソコンのBluetoothのアイコンを右クリックしてデバイスの追加。

アイコン右クリック

検索が始まります。

検索

ここでマウスの電源をONにして CONNECTボタンを押します。CONNECTボタンで電波を出し、パソコンに見つけてもらうのです。

CONNECT

ノートパソコンのデバイスの追加の画面にマウスが表示されます。マウスを選択して次へ。

マウスが表示

正常に追加されたというメッセージが出ます。

追加

機器同士のBluetooth接続が無事に行われマウスが使用出来るようになります。

マウスの使用

こんな感じで、機器と機器を無線で接続することができます。

Bluetoothに対応している機器同士であれば ワイヤレス環境を構築できるということです。

パソコンに内蔵されているBluetooth管理ソフトウェアで行うこともできるし 機器に同梱されているCDなどをインストールしてそのソフト上から行うこともできます。

マウスやキーボード、ヘッドフォンでは基本的にドライバーのインストールは必要ありませんが、プリンターは印刷するために通常のドライバインストールの作業は必要です。


ペアリングコード(パスキー)

Bluetooth機能を使い機器と機器を接続することをペアリングといいます。

接続の過程ではペアリングコード(パスキー)というのが表示されたり入力が必要なときもあります。4~16桁程度の数字です。

マウスやキーボードなどは単なる入力機器なのでペアリングコードなどは不要ですし表示されることもありません。

どういう機器で表示されるかというとスマートフォンやプリンターをパソコンに繋ぐときです

お互いの機器にペアリングコードを入力したり確認することで接続が確立します。特別難しいものではありません。

class クラス

Bluetoothには電波強度を示す class(クラス)というものがあります。右側はおおよその電波到達距離です。

  • class1・・・100m
  • class2・・・10m
  • class3・・・1m

一般的な使用では class2のものがよく使用されています。機器の仕様書などに記載されていることがあります。

プロファイル

Bluetoothにはプロファイルという機器の種類ごとに決められた規格があります。

Bluetooth間で接続を行う場合は、両方の機器が同じプロファイルを持っている必要があります

  • FTP・・・パソコン間のデータ転送を行う通信
  • HID・・・マウスやキーボードなどの入力機器の通信
  • BPP・・・プリンタへ転送・印刷を行う通信
  • HSP・・・ヘッドセット(マイク付き)との通信
  • A2DP・・・ヘッドフォンやイヤフォンに音声伝送を行う通信

代表的なものは上記のようなものがありますが、基本的に最近のパソコンに内蔵されているBluetoothは上記な主要なプロファイルは持っているので、マウス・キーボード・ヘッドフォン、プリンター接続できることがほとんどです。

バージョン

Bluetoothにはバージョンがあります。

古いバージョンから1.1、1.2、2.0、2.1、3.0、4.0などです。

新しいバージョンのものほど転送速度は早くなります

1.1以降のバージョンのものはそれぞれ下位互換性があるので 基本的に4.0の機器と1.1の機器を繋いだりすることもできます。下位互換性になるので転送速度は 1.1のバージョンになります。

ノートパソコンなどに内蔵されているBluetoothのバージョンはメーカーホームページの仕様書やマニュアルなどに記載されています。

Bluetooth アダプタ

デスクトップパソコンやBluetooth機能を内蔵していないノートパソコンで、Bluetoothに対応した周辺機器を使用したいということもあると思います。

そういうときは Bluetooth アダプタを増設するだけで Bluetooth対応機器と接続できるようになります。

主に小型でUSB接続のものが使用されます。

アダプタ

デスクトップパソコンなどのUSBに増設すると、タスクトレイなどにBluetoothアイコンで出てきます。右クリックしてデバイスの追加を行うことができます。

増設

このアダプタの仕様書(パッケージ裏面)を見ると、バージョン3.0、class2、対応プロファイル FTP、HID、BPP,A2DP、AVRCPなどを持っているので、ほとんどの機器を接続できることが分かります。

アダプタの仕様

代表的な使用例

Bluetoothは、内蔵されているパソコンとされていないパソコンがあり、仕組みが複雑というイメージがあるため Windowsのパソコンではそれほど普及していないというのが現状です。

理解している人だけが使用しているという感じです。

ワイヤレス化という意味では、例えばプリンターなら一般的な無線LANがあり、マウスやキーボードならBluetoothでなくても USBタイプのものでワイヤレス化できるというのがあるからです。

Windowsのパソコンで使うのなら、マウスやヘッドフォン、スピーカーなどで用途があります。

Bluetoothの代表的な使用例です。

  • Bluetooth内蔵パソコンとBluetooth対応マウス
  • Bluetooth内蔵パソコンとBluetooth対応スピーカー
  • スマートフォン(アンドロイド携帯・iPhone)とBluetooth対応ヘッドフォン
  • スマートフォン(アンドロイド携帯・iPhone)とBluetooth対応スピーカー
  • タブレットとBluetooth対応キーボード
  • スマートフォンとタブレットのBluetoothテザリング
  • スマートフォンとBluetooth対応ヘッドセット(ハンズフリー通話)

どちらかというと Windowsのパソコンより Macスマートフォンタブレット、iPadなどでよく利用されています。

スマートフォンやタブレットでは、USB端子がないため 無線で機器と機器を繋ぐ場合 Bluetoothしかないためです。

スマートフォンの設定箇所。

スマートフォン

これらはWindowsパソコンに比べると標準で Bluetooth機能を内蔵していることが多いからです。