画面の解像度を理解する

ディスプレイ(モニター)には解像度というものがあります。

解像度は画面のきめ細かさを示すので、数値が大きいほど画面がきめ細かに綺麗に見えたり、デスクトップ上の作業スペースが広いという傾向があります。

解像度は分かりやすく言うと、横と縦にどのぐらいのマス・区画があるのかということです。

このひとつの点・区画を 画素ドットピクセルといいます。

例えば 1280×1024ならば、横に1280、縦に1024の画素・ピクセルがあります。

これは画面上の総画素数を表します

グラフィック性能や液晶モニターがパソコンによって違うため、表示できる解像度には個体差があります。

基本的に解像度は、液晶モニターの大きさに依存します。

画面の解像度は、普段は適切な設定になっているので特に変更したりすることはありません。

解像度を確認する方法

自分のパソコンの解像度がどのようになっているか確認する方法は下記の通りです。

デスクトップ上で右クリック→画面の解像度。

画面の解像度

解像度の項目で変更します。適切な解像度は「推奨」となっているものです。

推奨

画面領域の違い

解像度が違うと使用できる画面領域も違いが出てきます。

一般的に 解像度が大きいほうが表示できる画面領域も大きくなります

なので 解像度が低いと画面が狭い・使いにくいということも多くなってきます。

1024×768。15インチモニタ。

1024×768

1200×1024。17インチモニタ。

1200×1024

1366×768。ノートパソコン。

1366×768

1920×1080。21.5インチワイド液晶ディスプレイ。

1920×1080

アイコンがどれだけおけるか? ウィンドウをいくつも開いて領域が活用できるかどうか?など違いが出てきます。

ウィンドウ

解像度が上げると液晶ディスプレイも大きくなる傾向はあります。

なぜか?といいますと

小さい画面に1920×1080のピクセルになりますと それだけアイコンや文字など小さくなります。

きめ細かで綺麗ではあるのですが、視認性やパソコン操作という面では少し難があるのです。

ノートパソコンで1920×1080の解像度が使われないのはこうした理由もあります。

なので液晶ディスプレイは、ほどほどの大きさ 例えば21.5インチや23インチになっており 操作しやすくしているといえます。


解像度を下げる

解像度を落とすことはもちろんできます。

解像度を下げる

1920×1080の液晶ディスプレイで 1600×900、1280×720、800×600が表示されていますが、これがこの液晶ディスプレイの縦横比に合った解像度になります。

解像度を落とすとその分 区画が減りますので アイコンなどは大きくなって表示できる領域も少なくなります。

ただ中には アイコンなど文字が大きい方が見やすいなどの理由で 1920×1080の液晶ディスプレイでわざと解像度を落として使う人もいます。

解像度を上げる

では逆に解像度上げるにはどうしたらいいか?ということですが、

前述しましたように 解像度はグラフィック性能や液晶ディスプレイの大きさに依存しますので、解像度を上げるためにグラフィックボードを取り付けたり 液晶ディスプレイを交換したりする必要があります。

グラフィック性能というのは 現在のパソコンに内蔵されているものでも 1920×1080の表示は十分に可能なので、グラフィックボードを取り付けるということはまずないでしょう。

現実的に考えて 解像度を上げる方法は以下の様なものがあります。

などです。

ただメーカー製パソコンでは制限が加わることが多いというのがあります。

スペック表などで 外部ディスプレイや液晶ディスプレイの表示可能解像度というのが記載されていることがあります。

ノートパソコンに外部ディスプレイ接続をしたり、デスクトップパソコンの液晶ディスプレイを交換しても そのパソコンのスペック表に記載されている表示可能解像度までしか解像度を上げることができないということです。

メーカー製パソコンの場合は マニュアル等の確認が必ず必要になります。

一部のデスクトップパソコンでは グラフィックボードが取付可能であったり もともと付いている機種があり この場合はグラフィックボードの取り付けや液晶ディスプレイ交換で対応できるでしょう。

自作パソコンやBTOパソコンでは よほど古いパソコンでない限り、単純に液晶ディスプレイを交換すれば 1920×1080の解像度で使うことができます。

解像度の種類

それぞの解像度には、VGA、WXGAなどの名称があります。

代表的なものには以下のようなものがあります。

  • VGA・・640×480
  • XGA・・1024×768
  • SXGA・・1280×1024
  • WXGA・・1280×768、1366×768、1280×800
  • HD+・・1600×900
  • UXGA・・1600×1200
  • フルHD・・1920×1080

一般的に HDといわれるものは、垂直・縦方向の有効走査線が720本以上あるものをいいます。XGAからフルHDまでのもの。

フルHDは 有効走査線が1080のもの。

フルHD

最近では大きめの液晶ディスプレイが増えてきたこともあって、特にデスクトップパソコンでは1920×1080の解像度が増えてきています。

今後の主流になるといわれている解像度です。

1920×1080の解像度のことを フルHDともいいます。

フル HDは、フルハイビジョンともいいます。

デジタル放送のハイビジョン映像が、1920×1080の画素で構成されているので、このハイビジョン映像をそのまま再生・描画できることになります。

フルHD対応とある液晶ディスプレイは、1920×1080の解像度を表示させることができます。

縦横比は 16:9などのワイドになっています。