外部ディスプレイに表示する

ノートパソコンには外部ディスプレイを接続する端子が付いていることがあります。

一般的には、ほとんど使われることはないのですが、ノートパソコンの画面が狭い、もっと広い画面で使いたいという場合は、外部ディスプレイを接続することで使い道が広がり便利な時もあります。

2つの画面、複数の画面をつかうので、デュアルディスプレイ、マルチディスプレイともいわれます。

ここではノートパソコンに外部ディスプレイを接続する方法や、実際の様子を紹介しています。

端子の確認

ノートパソコンには、外部ディスプレイ用の端子が付いている機種があります。

すべての機種で付いているわけではありませんが、Windows XP後期以降のノートパソコンには付いていることがほとんです。

外部ディスプレイ用の接続端子は、VGAHDMIがよく使われます。

外部ディスプレイ用の端子 ノートパソコンの側面に付いています。


VGAとHDMI VGA(左)とHDMI(右)。

液晶ディスプレイ

パソコンと液晶ディスプレイは、VGA、DVI、HDMIなどの規格が使われます。液晶ディスプレイがどういう端子を持っているかは確認しておく必要があります。

液晶ディスプレイ 液晶ディスプレイ。


液晶ディスプレイの端子 VGA、DVI、HDMIの端子があります。どれを使っても接続できるということになります。

接続

それでは実際にノートパソコンと液晶ディスプレイを接続してみます。
ここでは例として Windows 7のノートパソコンと21.5インチワイドの液晶ディスプレイを使います。

ノートパソコンと液晶ディスプレイ

今回はHDMIケーブルを使います。

HDMIケーブル

まずはこのようにノートパソコンと液晶ディスプレイをケーブルで接続します。

接続

電源を入れて パソコンを起動させます。

起動させる

デスクトップが表示されます。

デスクトップ

このように比較的簡単にノートパソコンと液晶ディスプレイを接続することができます。


モード

外部ディスプレイを接続したら、Windows側でどのように使用するのかあらかじめモードが用意されています。

これはデスクトップパソコンに2つのディスプレイを接続した場合も全く同じです。

Windowsの画面設定。

画面設定

表示画面を複製する

両方の画面に同じ画面を表示することです。クローンモードともいいます。

複製 メイン画面と同じものが、追加した画面にも表示されます。

パワーポイントを使ったプレゼンテーションなどで使われます。


表示画面を拡張する

追加した液晶ディスプレイをメイン画面の拡張エリアとして使用するモードです。マウスで両方の画面を行き来できます。

拡張 メイン画面の拡張エリアとして、追加した液晶ディスプレイを使うことができます。壁紙は基本的に同じです。マウスで行き来できます。アイコンの移動などもできます。


ウィンドウ 拡張モードはデュアルディスプレイでは一番使われるモードです。右側の画面にウィンドウやソフトなどを起動させて表示させておくことができます。


デスクトップを1のみに表示する

メイン画面のみ使用します。追加した液晶ディスプレイを一時的に使用しない時などに設定します。ほとんど使用することはありません。

1のみに表示する


デスクトップを2のみに表示する

メイン画面を使用せず 追加した液晶ディスプレイにのみ表示します。

2のみに表示する メイン画面が狭くて使いにくい、大画面で動画などを楽しみたいというときに使われます。


解像度変更 メイン画面に依存しないので、解像度を変更できることがあります。ここでは 1366×768から1920×1080に変更ができました。


フルHD フルHDの液晶ディスプレイの場合は 1920×1080の解像度の高い画面で表示できることがあります。

その他の設定

拡張モードで使用する場合 メインのディスプレイと拡張ディスプレイの解像度を個別に設定することもできます。

個別に設定できるパソコンとできないパソコンとがありますが、最近のパソコンではほとんどできるようになっています。

目安としては Intel HD Graphicsをもつ Core iシリーズ以降のCPUや、高性能なグラフィックチップセットが搭載されているノートパソコンです。

解像度を個別に設定 メインディスプレイは1366×728のノートパソコン、拡張ディスプレイを1920×1080に設定


フルHD Intel HD Graphics搭載ノートパソコン

メインディスプレイを1366×728、拡張ディスプレイをフルHD 1920×1080で使用することができます。


メインのディスプレイ またディスプレイをドラッグして場所を変えたり、メインディスプレイをどちらにするか選択することもできます。解像度の高いフルHDのディスプレイをメインにして使うということもできます。


Intel HD Graphicsかどうかは、デバイスマネージャーで確認できます。

マニュアルを確認する

外部ディスプレイをつなぐ場合は、そのパソコンのマニュアルを確認することが一番大切です。

製品の仕様にも、表示機能もしくは外部ディスプレイという項目に必ずといっていいほど記載されています。

接続方法などや設定方法、表示できる解像度はパソコンごとに異なります。

一般的に、複製や拡張モードでは、メイン画面の解像度に合わせられるので、追加したディスプレイがフルHDに対応していても メイン画面の解像度となります。

追加したディスプレイにのみ表示するという場合は、解像度の変更ができることがほとんどです。

内蔵ディスプレイの性能にもよりますが、最近のパソコンでは1920×1080 フルHDの表示できることが多くなっています。


ディスプレイの選び方

Windows XPや7では壁紙を個別に設定するということはできませんが、Windows 8以降では基本的に可能です。

最近のPC用の液晶ディスプレイは、ほとんどが1920×1080 フルHD対応の液晶ディスプレイになっています。

液晶ディスプレイを選ぶ際は、最大解像度は何か、光沢か非光沢か、どういう接続端子が付いているか、付属品はあるかということをチェックしておくといいでしょう。

HDMIケーブル。

プロジェクター

セミナー、講演、授業、プレゼンテーションなどで使うプロジェクターも、考え方は液晶ディスプレイと同じです。

外部ディスプレイと同じです。拡張モードか複製モードを使います。

複製モードなら パソコン画面に見せたい画面を出せば、ホワイトボードなどスクリーンにも投影されます。

パソコン側の外部ディスプレイ端子の種類、表示可能な解像度、またプロジェクターの搭載している接続端子、表示可能な解像度を確認するようにするといいでしょう。

最近のプロジェクターの多くは VGAに加え HDMIを搭載しているものがほとんどです。

関連情報