広い画面で作業もはかどる

液晶ディスプレイはパソコンの表の顔ともいえますね。

パソコンを使うということは、液晶ディスプレイを見ていることになるわけですから、とても重要な部分になってきます。

液晶ディスプレイは、厳密にはパソコンパーツではなくて パソコン本体の外側に繋げる周辺機器の部類になります。

いま使用している液晶ディスプレイが狭い、もっと広い画面で使いたいということは多いと思います。

ここでは自作パソコンやメーカー製パソコンでの液晶ディスプレイの交換方法についていくつかおさえておきたいポイントを解説しています。

ポイント

1.現在使用しているパソコンの端子を確認する

今現在使用しているパソコンと液晶ディスプレイがどういう接続端子なのかを知ることが大事です。

液晶ディスプレイの接続方法には、主なものにVGADVIHDMIがあります。

目視で確認してみるといいでしょう。

VGA端子一般的なVGA端子。自作パソコンやメーカー製パソコンで一番よく使われている端子です。ディスプレイ側も同じはずです。


2.他の接続端子がないかも確認する

パソコンによっては、接続端子は1つだけというわけではありません。

マザーボードには2つ以上の端子があることもありますし、グラフィックボードが付いている場合は3つあることもあります。

今現在 パソコンとディスプレイがVGA接続だとしても、DVIやHDMIも使用出来るということもあります。

グラフィックボードグラフィックボードのVGA、DVI、HDMI端子。今現在使用しているのがVGA接続だとしても、DVIやHDMIも使用出来ることになります。


3.液晶ディスプレイを選ぶ

パソコンの接続端子に合わせた液晶ディスプレイを選びます。

最近の液晶ディスプレイは、VGA、DVI、HDMIの3つの端子を備えた液晶ディスプレイが主流となっているので、基本的にどのパソコンにも対応できるようになっています。

以前は VGAのみ、DVIのみ、あるいはVGAとDVIの2つなど液晶ディスプレイによって端子が異なっていたのですが、最近ではあまりそうしたことはありません。

ただ中古の液晶ディスプレイでは端子を確認すべきですし、最近の液晶ディスプレイでも念のため接続端子は何か確認しておいたほうがいいでしょう。

液晶ディスプレイの端子VGA、DVI、HDMIの3つの端子を備えた液晶ディスプレイ


4.スピーカー内蔵かどうか?

スピーカーが内蔵されているかどうかで、液晶ディスプレイから音が出るかどうかの違いがあります。

これも今現在使用している液晶ディスプレイがスピーカー内蔵なのかどうかを見ておくといいでしょう。パソコン本体から液晶ディスプレイにスピーカーケーブル(オーディオケーブル)が接続されていればスピーカー内蔵ということになります。

スピーカー液晶ディスプレイから音が聞こえたり、スピーカーケーブルが接続されていればスピーカー内蔵。


この場合も液晶ディスプレイは、スピーカー内蔵のものを選びます。

スピーカー内蔵のものでない液晶ディスプレイにする場合は、別途スピーカーを用意すればいいだけです。

最近の液晶ディスプレイは、ほとんどがスピーカー内蔵です。

5.画面の大きさ・解像度

液晶ディスプレイの大きさ・解像度の主流は、21.5インチ以上・フルHD(1980×1080)になりつつあります。

解像度は、パソコンのグラフィック性能にその表示能力があるかないかにかかってくるわけですが、よほど古いパソコン出ない限り、フルHDの表示は可能です。

グラフィックボードを搭載しているなら、まず確実にフルHDの出力はあります。

目安としてマザーボードなら Intel 945G以降のチップセット、グラフィックボードならPCI-E接続のものになります。メーカー製パソコンなどでは仕様書・マニュアルに表示可能な最大解像度が記載されていることが多いです。


実際の交換方法

もともと使用していた液晶ディスプレイ。15インチです。ケーブル類を外します。パソコン側につながっているケーブルもすべて外します。要するに撤去します。

液晶ディスプレイ

新しい液晶ディスプレイ。21.5インチ。

新しい液晶ディスプレイ

できるだけケーブル類は新しい液晶ディスプレイに添付されているものを使用します。電源、ケーブル(VGAやDVI)、オーディオケーブルなど。

添付品

液晶ディスプレイに電源、ケーブル類をつなぎます。

電源とケーブル類

パソコン側にケーブル類をつなぎます。。

パソコンとつなぐ

あとはそのままパソコンの電源をONにすれば、新しい液晶ディスプレイで使用できます。画面が映らないときは、液晶ディスプレイのON、OFFを押してみましょう。

ONとOFF

画面が少しずれていたりしたら、液晶ディスプレイのAuto調整を押すと画面左右の余白が調整されたりします。最近の液晶ディスプレイは自動実行されることが多いです。

解像度の変更

画面の解像度は前のディスプレイを使用していた時の設定になっています。アイコンが大きかったり滲んだ感じになっています。

以前のディスプレイ設定

画面の解像度は以前の設定のままです。

解像度

もともと使用しているディスプレイとは解像度が変更になることがほとんどなので、パソコン側の解像度の変更を行います。最適な解像度を選びます。フルHDなら1920×1080です。

解像度の変更

変更後。

フルHD

解像度が増えると、作業領域が増えます。


液晶ディスプレイの選び方

液晶ディスプレイを選ぶにあたってはいくつかの要素が出てきますが、大事な点は、接続端子の種類、光沢か非光沢か、大きさの2点になってきます。

最近の液晶ディスプレイは、VGA、DVI、HDMIはすべて揃っていることが多いです。

特に人気のある大きさでは21.5インチ~24インチです。ゲーム用途などでは 27インチなどもよく使われます。

関連情報