パソコンで地デジを見るには?

パソコンでできることの一つにテレビ番組を見るというのがあります。以前はアナログ放送がありましたが、今現在 テレビを見るというのは地上デジタル放送のことを指します。

パソコンでテレビを見るという場合、いちばん多いのがテレビを持っていないのでパソコンで代用したいというものだと思います。

ここでは、パソコンでテレビを見る方法について紹介しています。

方法

1.ワンセグチューナーを付ける
ワンセグチューナーを内蔵した機器をUSBでパソコンに増設することで、地上デジタルテレビ放送を視聴することができます。

ノートパソコンやデスクトップパソコンなどに、簡単に増設して視聴できます。

ただし注意点もあります。受信エリアでないと見ることができないということと、受信エリアであっても建物などの影響によって受信状況がよくない場合は綺麗に映らない、受信できないということもあります。

ワンセグチューナーバッファローのUSBタイプのワンセグチューナー。ワンセグはB-CASカードが必要ありません。


1.テレビチューナー内蔵のパソコン
テレビチューナーを内蔵しているということは、パソコンがテレビ機能を有するということです。なのでアンテナケーブルの接続口もあります。ここにアンテナケーブルを接続することで、テレビと同じように視聴することができます。

テレビチューナー内蔵のパソコンであれば、テレビを視聴するソフト・アプリケーションももともと入っているので、そのソフトを利用して視聴します。

TV端子TV端子の付いたパソコン。TVパソコンともいいます。アンテナケーブルを接続してTVを見ることができます。

TVパソコンTVパソコンには、地上デジタル放送を見るために必要なB-CASTカードがはじめから付いています。

室内のTV端子室内のTV端子。受信設備が整っていればアンテナケーブルでつないですぐに地デジを見ることができます。

アンテナケーブルTV端子とパソコンを接続するアンテナケーブル。

3.テレビチューナーを増設する
パソコンにテレビチューナーが付いていない場合は、テレビチューナーを増設するという方法があります。

増設の方法は、USBでの外付けタイプとPCIやPCI Express x1での内蔵タイプとがあります。外付けタイプはノートパソコンとデスクトップパソコン、内蔵タイプはデスクトップパソコンで増設できます。

USB外付けタイプUSBの外付けタイプのTVチューナー。

TVキャプチャボード内蔵タイプのTVキャプチャボード。
TVキャプチャボードの増設
増設

地デジを高画質で見る場合、ディスプレイやグラフィックボードの対応が必要になります。対応していない場合は、高画質で見れない、地デジの出力ができないなどの制約が出てきます。HDCP・COPPを参照されてください。

そのため以前のアナログ放送の時のように、チューナーを増設すればすぐに見れるというわけではありません。パソコンのスペックやディスプレイの性能に合わせたチューナーを選択する必要があります。




地デジチューナー対応検索

地デジチューナーは、外付け・内蔵タイプのものがありますが、使用しているパソコンに増設できるかどうかの確認などバッファローの地デジチューナー対応検索を利用するという方法もあります。

ここで最適なチューナーが見つかることもあるし、増設して高画質で見れるかどうかある程度知ることができます。

地デジは、パソコンのスペックやディスプレイの性能に影響されます。バッファローの地デジチューナー対応テスト(ストリームテスト for 地デジ)でいま使用しているパソコンやディスプレイの対応度を知ることができます。

ノートパソコンやメーカー製パソコンなら外付けのワンセグチューナーや地デジチューナー、自作パソコンやBTOパソコンでは、内蔵型のTVキャプチャボードという選択肢が多いと思います。


BUFFALO USB2.0用 地デジチューナー ちょいテレフル DT-F120/U2



BUFFALO Windows7専用外付け地デジチューナ DT-H10/U7



BUFFALO 編集機能搭載 ロープロファイル対応 PC用地デジチューナー DT-H33/PCI



アンテナケーブル。



B-CASカード

地上デジタル放送を見るためには、B-CASカードが必要になりますが、ワンセグチューナーを増設して見る場合は、B-CASカードは必要ありません。

TVチューナーが内蔵されたTVパソコンには、初めからB-CASカードが付いています。

またTVチューナーを増設して見る場合は、予めその機器にB-CASカードが添付しています。

B-CASカードB-CASカードは、TVパソコン、増設用のTVチューナー、TVキャプチャボードには通常はじめから付属しています。

HDCP

HDCPとは、地上デジタル放送から採用されたものでコンテンツが不正にコピーされるのを防止する技術です。これによりパソコンとディスプレイ間など出力・入力機器の間でデジタル信号が暗号化されるようになりました。

パソコンとディスプレイ間では、暗号化されている信号(HDCP)に対応した機器でないと地上デジタル放送を見ることができないということになります。

ただしHDCPは、DVI接続(デジタル接続)でハイビジョン解像度の時に関係するものなので、VGA接続であれば、HDCPは関係なくなります。やや解像度は落ちますが HDCPに対応していない機器の場合、VGA接続で地上デジタル放送は見ることができます。

地上デジタル放送をハイビジョン解像度で見るためには、パソコン側(出力)とディスプレイ側(入力)が、HDCPに準拠したものが必要です。

パソコン側ではビデオカードやオンボードグラフィックになってくるのですが、最近のものであればほとんどがHDCP準拠です。

ディスプレイも最近のものはほぼHDCP準拠ですが、地デジが出てくる前のディスプレイは未対応のものが多いです。その場合はディスプレイを交換するかVGA接続での視聴になります。

COPP

HDCPは、パソコンとディスプレイ間など出力・入力機器の間でデジタル信号の暗号化のことでしたが、COPPは、パソコン内での話でメモリ(アプリケーション領域)とGPU(ビデオカードやオンボードグラフィック)の間での暗号化のことです。

COPPは、OSがWindows XP SP2以降であればサポートされています。GPU(ビデオカードやオンボードグラフィック)は、最新のドライバーを適用すれば、COPPに対応できることがあります。ただし特にメーカー製パソコンのパソコンの場合は、GPUの最新ドライバーを公開していないこともあるので、パソコンによっては COPPに対応できない、地デジを出力できないということもあります。この場合出力もできないので HDCPのようにVGA接続にして見れるというわけではありません。

地上デジタル放送を見るには HDCPやCOPPが関係してきます。使用しているパソコン・ディスプレイがどの程度対応しているかを把握しておくのは大事なので、上記のバッファローの地デジチューナー対応テスト(ストリームテスト for 地デジ)などを利用するのがいいかと思います。

ワンセグチューナーの場合は、HDCPやCOPPは関係ありません。




分配器

よくあることですが、部屋のアンテナ端子が1つで、TVとパソコン両方で見れるようにしたいという場合もあると思います。

アンテナ口は1つだけど、複数の機器で見れるようするというものです。

この場合は、単純に分配器を使います。



3分配のものもあります。

いずれの場合でも分配器は、 全端子電流通過型というものを選びます。これにより分配先のTVやチューナー内蔵パソコンなどで同時にテレビを見ることができます。

室内アンテナ

テレビを見ようとする場合に電波を受信するアンテナが必要であることは必要条件になります。

受信した電波をチューナー内蔵のテレビやパソコンにつないで見ることになります。

例えば、受信する機器(テレビやパソコン)はあるものの受信するアンテナがないということも場合によっては考えられます。

1Fにアンテナ線は来ているが2Fにない、分岐するとケーブルを配線するので外観上好ましくない、プレハブ小屋にTVをおきたいが受信するアンテナがない、事情により建物にアンテナ設備がないなどいろいろ考えられます。

こうした場合は アンテナが必要になるのですが、最近では受信感度に優れた高性能な室内型のアンテナも登場しています。

アンテナというと、魚の骨のようなものをぶら下げたりベランダや屋上においたりするイメージがあるのですが、わざわざそういった大掛かりな工事や取り付けをしなくても、見た目もシンプルで簡単に使用出来るアンテナがあるのです。

こうしたアンテナを室内やベランダなどにおいて、アンテナケーブルでTVやチューナー内蔵のパソコンにつなげば地デジを見ることもできます。

アンテナで受信した電波をアンテナケーブルで、TVやチューナー内蔵のパソコン、チューナーを増設したパソコンにつなぐだけとなります。

工事や配線をしたくないという方にはお勧めです。

関連情報


メニュー