インポートとエクスポートとは

アプリケーションなどを開いているとインポートとエクスポートという言葉がしばしば出てきます。

インポートとエクスポートは、データのバックアップの時にも出てくる用語なので知っておきたい用語なので覚えておきましょう。

インポートとエクスポートとは、和訳すると輸入と輸出という意味です。輸入された商品などをよくインポート商品と呼びます。

  • インポート・・データを入れて使えるようにすること
  • エクスポート・・データを出して保存したりすること

代表的なソフト

下記は、Windows Live メールのファイル→インポート、エクスポート。メールアカウントのファイルや送受信データなどを移行することができます。

インポートとエクスポート

例えば 事前にメールアカウント設定をエクスポートしておけば、パソコンを買い直したり初期化したりしても インポートするだけで 設定を復元できることになります。

アプリケーションにインポート機能がある場合は、事前にエクスポート(バックアップ)しているファイルを指定してデータを使用できるようになります。

そのアプリケーションのバックアップを取りたい場合は、エクスポートをクリックして行うことができます。

同じくWindows Live Mailのアドレス帳。

インポート画面。インポートしたいファイルのファイル形式を選びます。

アドレス帳インポート

エクスポート画面。ファイル形式を選ぶことができます。

アドレス帳エクスポート

エクスポート機能があるアプリケーションは、Outlook Express、Windows Liveメール、Outlook、メールのアドレス帳など Windows標準のソフトではメールソフトに付いています。他にインターネットエクスプローラ。

Excel 外部データの取り込み画面。CSVファイルなどをインポートすることができます。

Excel

他には年賀状ソフトや会計ソフトの一部でもインポート、エクスポートなどの機能があります。

インポートとエクスポートは、アプリケーションによって少し意味や機能が異なりますが、まとめると以下のようになります。

  • インポート・・バックアップを戻す、他のファイル形式のファイルを取り込む
  • エクスポート・・バックアップ、他のアプリケーションへの移行目的

ソフトによってインポート・エクスポートという言葉ではなく 外部データの読み込み・データバックアップなど表現が異なることもあります。