RAMとROMの違い

RAMやROMという言葉を聞くことも多いのではないでしょうか?

パソコンやデジタル機器ではよく出てくる言葉です。

このRAM(ラム)とROM(ロム)は、ともにハードディスクのように物理的に動作する部品ではなく 電気信号を使って読み書きする半導体メモリーです。

RAMとROM

同じメモリーなのですが RAMとROMは役割が少し異なってきます。

  • RAM・・コンピューターが処理で使う一時的な記憶域、いわゆる「メモリー」
  • ROM・・データが書き込まれ 常に保存されている、書き込みができる

RAMとは

Random Access Memoryの略。

ランダムに、自由に読み書きが行われるメモリーと覚えると分かりやすいでしょう。

コンピューターが処理の過程で、データを一時的に書き込んだり読み込んだりしますが、パソコンの電源を切るとデータは失われます。

揮発性メモリーともいいます。

RAMには2種類あります。DRAMとSRAMです。

DRAM

DRAMは 安価で容量が大きく 速度は低速です。

RAMパソコンで使われているメモリーは DRAMになります。

「主記憶」という役割があるため メインメモリーともよばれます。

スマートフォンやタブレットでは、モバイル向けのDRAMが使われています。

パソコンでいうメモリーと同じで、容量が大きいほど処理能力も高い傾向があります。


SRAM

SRAMはDRAMより やや高価で容量も大きくはありません。

CPUの1次キャッシュや2次キャッシュは、キャッシュメモリーといい DRAMより高速なSRAMが使われています。

DRAMであるメモリーは CPUの処理速度に比べるとやや低速です。

そのためCPUとメモリー間に、より高速なSRAMをはさみ効率的にデータ転送を行っています。

ROMとは

Read Only Memoryの略。

読み出しだけのメモリー、読み出し専用のメモリーです。つまり何かのデータがすでに書き込まれている、あるいは書き込みができるということになります。

電源を切っても もともと書き込まれているデータが消えることはありません。

不揮発性メモリーともいいます。

ROMにはいくつか種類があります。

  • マスクROM・・製造時に書き込まれたデータは書き換えることができない
  • EEPROM、フラッシュメモリー・・ユーザーによる書き換えができる

一般的に ROMというと読み出しのみなのですが、書き換えが可能なROMもあるということです。

書き換え可能なROMで 現在最もよく使われているのが、フラッシュメモリーになります。

フラッシュメモリー

マザーボードのBIOSをはじめ、ネットワーク機器のプリンターやルーター、スマートフォンやタブレットの内部ストレージは フラッシュメモリーが使われています。

他に、USBメモリーメモリーカードSSDなど幅広く使われています。

ROMパソコンのマザーボードにある フラッシュメモリー。


ROMに属するものは、電源を切ったりしても内容が消えないようになっています。

また BIOSアップーデートやファームウェア更新が可能です。特定の条件のもとで書き換えが行われます。

スマートフォンやタブレットでは データを保存するなど内部ストレージとしての役割があります。

フラッシュメモリーは、ROMから進展し ストレージとして自由に書き換えができるようになっています。本来のROM 読み出し専用という意味からは少し外れていますが、あくまで 電源を切ってもデータが消えないROMに属しています。

DVD-RAM

CDやDVDのディスクにも RAMやROMという言葉は使われています。

CD-ROMやDVD-ROM、DVD-RAMがありますね。

半導体メモリーではないのですが、Memory=記憶という意味なので、CDやDVDにも使われます。

RAMは、Random Access Memory 自由な読み書き。ROMは、Read Only Memory 読み出しのみ。そのままです。

半導体メモリーのように 電気が流れるわけではないので、不揮発性とかは関係ありません。単純に言葉の意味だけ捉えます。

市販されている空のDVDのディスクに DVD-RAMというのがありますが、これはデータの書き換えができるディスクです。

通常 データの書き込みでは CD-RやDVD-Rを使うのですが DVD-RAMは何度も書き換えを行うことができます。

CD-ROM・DVD-ROM

ROMは読み出し専用なので、CD-ROMやDVD-ROMは読み出し専用のディスクになります。

具体的にいいますと、

市販されているソフトなどは CD-ROMDVD-ROMが使われています。

会計ソフトや年賀状ソフト、ウイルス対策ソフト、インストールディスクなど色々あります。

こういうソフトは読み出しだけしてパソコンにインストールします。書き換えはできないですし、データが消えることもありません。

レンタルCDやレンタルビデオなどのCDやDVDでも CD-ROMやDVD-ROMが使われています。

これももちろん読み出しだけです。

余談ですが、インターネットの掲示板などで 「ROMる」とか「ROMに徹する」という言葉が出て来ることがありますが、それは書き込みをせずに 見てるだけ読んでるだけという意味です。