CPU交換でパソコンのスペックを上げる

自作パソコンのカスタマイズに、CPU交換があります。

CPUは性能の差が大きいパソコンパーツであるため、交換することでパソコンの性能が向上することにもつながります。スペックを上げる作業になります。

このページでは、CPU交換における考え方、実際のCPU交換の方法、留意点などについて解説しています。

準備

CPUとマザーボード

今現在、使用しているCPUやマザーボードを把握します。マザーボードに関しては、パソコン内を目視するか、空箱に記載されている型番などでも分かります。フリーソフトでも調べることができます。

CPU、世代、CPUソケット、マザーボードのメーカーや型番、チップセットなどが分かります。

マザーボードメーカー

マザーボードには、対応CPUというのがあります。正確にはマザーボードに搭載されているチップセットによって対応するCPUが決まっています。

使用しているマザーボードが分かったら、そのマザーボードメーカーへ行き、CPUサポート情報、CPU対応リストなどを確認します。

ASUS 例

ASUS

GIGABYTE 例

GIGABYTE

MSI 例

MSI

対応するCPUが一覧で表示されます。BIOSのバージョンによって対応可否が違うときもあります。このCPU群の中から交換に用いるCPUを選ぶ、あるいは交換しようとして持っているCPUが、この一覧にあるかどうか確認します。

CPU対応リスト

BIOSのバージョン

同じマザーボードでも、BIOSのバージョンによって対応できる場合と対応できない場合があります。

基本的には、BIOSに入りバージョンを確認します。そして BIOSのバージョンが未対応なら、CPU交換の前に BIOSアップデートを行います。BIOSバージョンを対応させてからCPU交換を行うというのが、セオリーになります。

仮に現在のBIOSのバージョンで交換できるものの、BIOSのアップデート情報があるという場合はどうするか?というと、それはユーザーの判断になります。

BIOSはアップデート情報がある限り、最新にしたほうがよいという考え方と、問題がなければアップデートしないでもよいという考え方があります。

しかしながら、アップデートの本来の意味は、脆弱性の回避、機能の追加、互換性の向上などメーカー側が問題を把握いているため公開しています。したがって、アップデートは行うというのが一般的な考え方とならざるを得ないといえます。

交換方法

まず電源ケーブルは確実に外します。そしてケースを開けます。埃や汚れが目立つようなら先にクリーニングしたほうがいいでしょう

ケース

CPUを交換するには、CPUクーラーを取り外す必要があります。CPUファンの取り外し方法は、CPUクーラーの種類により異なります。

ここではIntelのLGA775ソケットの一般的なCPUファン・ヒートシンクでの取り外しを行ってます。

CPUファン

ファンの電源ケーブルを抜きます。

電源ケーブル

Intelのファンは矢印が見えるようになっています。CPUファンがマザーボードに付いている状態では、矢印は下記の写真のようになっています。

矢印

これをマイナスドライバーなどで、矢印を内側に向けます。

内側へ

4ヶ所すべてで矢印を内側にむけ、黒いつまみを指で上に引きます。4本の足が緩くなります。ここでCPUファンを上から掴み、上に持ち上げます。

黒いつまみ

CPUファンとヒートシンクがとれます。

CPUファンとヒートシンク

CPU部分。

CPU部分

レバーでロックを解除し、CPUカバーを上げます。

CPUを取り外しますが、ソケット内にゴミやグリスが入らないようにし、取り外す時にCPUを落としてソケットのピンを損傷させないようにします。

カバー

取り外したCPU(左)と新たに取り付けるCPU(右)。

CPU

CPUの窪みとソケットの窪みは必ず合うようになっていますので、慎重にCPUを取り付けます。

インストール

新しいCPUにCPUグリスを塗ります。リテール品のCPUを購入し、CPUファンが付属してい場合は、CPUにグリスを塗る必要はありません。

グリス

元々付いていたCPUクーラーを使用する場合は、付いていたグリスはきれいにふき取ります。

ふく

CPUファンの足の矢印を再度外側へむけます。これを行わないとCPUファンのマザーボードへの装着ができません。

外側へ

矢印を外側に向けたら、黒いつまみが上にあがっていることを確認します。

上に

4ヶ所の足をマザーボードに入れ、対角留めを行います。カチッという感触や音があります。CPUファンの電源ケーブルも忘れずに接続します。

抑える

パソコンのケースを閉め、電源を入れるとマザーボードによってはメッセージが出ます。ここでは、New CPU Installedとなっています。BIOSが新しいCPUを認識したというメッセージです。

メッセージ

F1などでBIOSに入り、そのまま何も扱わずSAVEしEXITします。

EXIT

CPU交換後の新しいCPUがきちんと認識されているかどうかは、BIOSのSYSTEM情報か、パソコン起動後のマイコンピュータ→プロパティなどで確認します。

BIOS

マイコンピュータ→プロパティ。今回はCeleron D(左)からPentium 4(右)へ変更になります。

マイコンピュータ

このようにCPU交換は、準備段階としてマザーボードとCPUの適合の確認、BIOSアップデートがあります。次に実際の作業として、ケースを開けCPUを交換します。

実際の作業では、必要に応じてパソコン内部やCPUクーラーのクリーニング、CPUクーラーの取り外し、CPUの交換、CPUグリスの塗布、CPUクーラーの取り付け、BIOSでの確認などがあります。

CPUグリスを拭き取るためのウェットティッシュやCPUグリスが必要になると考えられます。

CPUの選び方

Core iシリーズといっても、どの世代のCore iシリーズなのかで CPUソケット、組み合わせて使えるマザーボードは異なってきます。まずは、やはりマザーボードとCPUの適合の確認からになります。

Intelに関していえば、Core iシリーズは、同じ世代であるならば Core i7>i5>i3>Pentium>Celeronの順でかなりはっきりとした性能差が出てきます。

また中古市場、中古パソコンパーツ店には、古い世代のものを含めて、かなりCPUが出回っているため探しやすくなっています。比較的新しい世代のCPUなら パソコンパーツ店で新品で販売されています。