基本は増設という方法をとる

パソコンを自作するにあたって、グラフィックボードの取り付けは、ひと通り主要なパーツを組み立てて配線を行い、Windowsやドライバのインストールがすべて終わった後に、増設というかたちで行う方法がとられます。

Windowsインストール時は、マザーボードのオンボードグラフィックの端子にモニターをつなぐことができます。

ただし、映像出力端子のないマザーボード、CPUがグラフィック機能を内蔵していないという場合は、組み立て時から取り付けが必要です。

方法

グラフィックボードを取り付ける場所を確認します。PCI-Express×16 スロットと呼ばれる場所です。PCI-E×16のスロットが複数ある場合は、一般的にCPUに近いほうのスロットを使います。

スロット

ケース背面のカバーを外し、グラフィックボードを装着できるようにします。ラッチタイプの場合は、ラッチをオープンさせます。

ラッチ

グラフィックボードです。

グラフィックボード

スロット右側に、爪やロックなどが付いていることがほとんどです。グラフィックを取り付ける前にスロットを目視して確認します。

グラフィックボードの切り欠けとスロットを合わせ、スロットに対して 垂直に取り付けます。

直角

インチネジ大で固定します。

閉じる

グラフィックボードを、パソコン組み立て時にはじめから取り付けるのではなく、OS・ドライバのインストール後、増設というかたちを取ったほうがよい理由としては、グラフィックボードを使う前に、マザーボードの映像端子やCPUのグラフィック機能を使うことで、それらのデバイスの動作確認を行うことができるというものがあります。

また、組み立て後に電源が入らない、パーツの一部が正常に認識されていないという場合、電源やフロントパネルからの配線の確認、フロントパネルコネクタの再接続、パーツの再装着などを行うことがあります。その場合、グラフィックボードを取り付けていると、再度外さなければならないということもあります。

したがって、パソコンの組み立て時においては、グラフィックボードは OSやドライバのインストール後に増設というかたちで進めるほうがスムーズにいきます。