自作パソコンのハードディスク増設

自作パソコンではハードディスクを増設することで、データ保管場所やバックアップの保存先などを増やすことができます。

PCケースによっては、ハードディスク増設ができないものもありますが、自作パソコン、BTOパソコンのフルタワー、ミニタワーなどのPCケースでは基本的にハードディスク増設が可能です。

このページでは、自作パソコンにおけるハードディスク増設の基本的な流れを、実例を交え解説しています。

基本的な流れ

ハードディスク増設の基本的な流れは、以下のようになります。

  • 増設可能かどうかの確認
  • ハードディスクの準備
  • ハードディスクの取り付け
  • BIOSでの確認
  • ディスクの初期化とフォーマット

ハードディスクを実際に増設が可能かどうか、PCケース内を確認するところから始まります。主な増設場所となる 3.5インチベイ、SATAの電源、マザーボードのSATAポートの空きを確認します。

増設

ハードディスクを増設できるかどうか、3.5インチベイ、電源ケーブル、マザーボードのSATA端子にそれぞれ空きがあるか事前に確認しておきます。

PCケースのサイドパネルなどを外し、パソコン内部にアクセスできるようにします。ハードディスクは主に 3.5インチベイに固定されています。3.5インチベイの数はケースによって異なります。

3.5インチベイ

ハードディスクとマザーボードを接続するケーブルを準備します。ともにインターフェースは SATAのものを使います。

ハードディスクとケーブル

ハードディスクを3.5インチベイに取り付けます。ハードディスクは慎重に扱い、ネジ穴が合うようにします。

増設

ネジ穴をあわせ、インチネジで取り付けます。PCケース付属のものを使いますが、付属のネジがない場合は、別途用意する必要があります。

取り付け

反対側からもネジで固定します。

反対側

電源ユニットからのSATA電源とSATAケーブルをハードディスクに接続します。SATAの電源がない場合は、4pin(PATA)→SATAに変換するケーブルを使うこともできます。

接続

マザーボードの空きのSATAポートに、ハードディスクに繋いでいるSATAケーブルを接続します。

SATAケーブル接続

電源ケーブル・SATAケーブル接続後。

ドライバー

マザーボードにSATAⅡとSATAⅢがある場合は、どちらに接続しても速度は同じです。ハードディスクは物理動作するため、SATAⅢの速度には到達できないためです。SSDはSATAⅢのポートに接続すると速度が速くなります。

BIOSでの確認

パソコンの電源を入れて BIOSで認識されているかどうか確認します。

ここでは、Hitachi製のハードディスクを増設しています。確認が出来たらそのままBIOSからEXITし、Windowsを起動させます。

BIOS

ハードディスクを増設したら、Windowsが起動しないということもしばしばあります。これはBIOSでのハードディスクの起動順位が入れ替わり、Windowsのインストールされていないハードディスクを一番最初に読み込んでいるためです。BootメニューのHard diskの項目へ行きます。

Hard disk

優先的に起動するハードディスクを選択します。Windowsがインストールされているハードディスクを一番最初に読み込むように設定します。

優先起動するハードディスク

Windows 起動後

増設したハードディスクは Windowsで使用できるように、ディスクの初期化とフォーマットから、ハードディスクの初期化とフォーマットを行います。

マイコンピュータ右クリック→管理。

管理

ディスクの管理へ進むとディスクの初期化と変換ウィザードの開始の画面が出てきますがキャンセルします。

ディスクの管理で見ると、増設したハードディスクは初期化されておらず未割り当ての領域になっています。

Windows 7以降のOSでは、MBRかGPTかを選びます。1TBから2TBまでならMBRかGPT、2.5TBや3TBならGPTを選びます。

ディスクの管理

右クリック→ディスクの初期化。

初期化

ディスクが選択されていることを確認して、OK。以上で初期化は終わりです。

初期化が終わったらパーティションを作成します。右クリック→新しいパーティション。

新しいパーティション

新しいパーティション ウィザードの開始 次へ。

BIOS

プライマリパーティションか拡張パーティションを選びますが、増設ドライブではどちらでも使うことができます。基本はプライマリパーティションです。

プライマリパーティション

サイズを指定します。変更なしの場合そのまま次へ。複数のパーティションを作成する場合は、一つ目のパーティションの大きさを指定することになります。

サイズ

ドライブ文字・パスの割り当て。ドライブ文字を割り当てます。

ドライブ文字

ボリュームラベルは、マイコンピュータを開いた時の名前です。後から変更は可能です。新品のハードディスクの場合、フォーマットはクイックフォーマットを選択します。中古のハードディスクなどはチェックを外して通常のフォーマットを行うのが一般的です。

ボリュームラベル

画面を閉じます。

閉じる

フォーマット中となります。

フォーマット中

クイックフォーマットは数秒か数十秒で終わります。正常となったら終わりです。

クイックフォーマット

マイコンピュータなどからドライブが見えて開ければ、ハードディスク増設・フォーマットは成功です。これで増設したハードディスクを、Windowsで使えるようになります。

ドライブ

電源・スリープ設定

Windowsには 電源オプションという設定があり、一定時間使用していない時は ディスプレイの電源をOFFにしたり システムドライブをスリープ状態にする機能があります。

増設したハードディスクも Windowsの設定で 一定時間操作が行われない時は 電源がOFF(スリープ)になることがあります。

増設したハードディスクのスリープの解除、常に電源をONにしておくという場合は、Windowsで設定を変更します。

コントロールパネルの電源オプション。

電源オプション

プラン設定の変更。

プラン設定の変更

詳細な電源設定の変更。

詳細な電源設定

ハードディスクの項目で設定することができます。電源をOFF・スリープにしないなら 0分にします。

ハードディスクの設定

MBRとGPT

パーティション形式に関しては、MBRとGPTの2種類あります。GPTのほうが新しい形式です。

システムドライブは、BIOSでインストールすると MBR、UEFIでインストールすると GPTになります。

一方、増設するドライブは、どちらかの形式を選びます。システムドライブがMBRで増設するドライブをGPT、逆にシステムドライブがGPTで増設するドライブをMBRなども可能です。また増設しているドライブが複数あり、MBRとGPTが混在することもあります。

増設するハードディスクが2TBを超えるならGPTを選びます。2TB以下では、どちらでもよいということになります。2TB以下でどちらを選択するかは ユーザーの判断になります。

システムドライブとデータドライブ

システムドライブにSSD、データドライブにHDDという組み合わせが増えています。

SSDの容量は、120GB~512GBが主流となっているため、やや容量が足りないということがあります。そこで1TB~4TBのハードディスクを、セカンドドライブとして用いるということになります。

ハイブリットPCシステムドライブに高速なSSD、データドライブに大容量のハードディスク。

SSD

増設ドライブにハードディスクではなく、SSDを使うということもあります。

SSDを使う場合も、増設の基本的な流れはハードディスクと同じです。2.5インチのSSDは、3.5インチベイに増設する場合、2.5インチ・3.5インチ変換マウンタを使います。

SSD3.5インチベイに増設したSSD。


電源やSATAケーブルの接続、BIOSでの確認、ディスクの初期化とフォーマットなどの作業は全く同じになります。

このような基本的な流れというのは、ハードディスクやSSDだけではなく、パソコンにストレージを増設する場合、ほとんど共通しています。

例えば、M.2スロット、mSATA、ノートパソコンの増設用ドライブなどに、新たにストレージを取り付けたら、BIOSで確認し、Windows上でディスクの初期化とフォーマットを行うということになります。

ハードディスク

ハードディスクの容量としては、主に500GB、1TB、2TB、3TB、4TBなどがあります。

増設したハードディスクは、起動ドライブとして使用するわけではないので、ハードディスクの速度はそれほど影響するわけではありません。ただ、読み書き速度が速いほうが、データのバックアップ、コピー、読み出しなどで違いが出てきます。

ハードディスクの速度を決めるのは、主にプラッタ容量、回転数、キャッシュ、プラッタ一枚あたりの容量などです。

一般的に回転数は、5400回転より7200回転のほうが速度は速くなります。3TBや4TBで、7200回転ではなく主に5400回転が使われているのは、故障率を下げ信頼性を向上させるためであるといえます。ハードディスクは、回転数と容量のバランスを判断して選択することになります。

ラッチ付き SATAケーブル。

SATAケーブルは、ラッチ付きのものとそうでないもの、通常のものと L字型になっているものとがあります。

L字型のケーブルでは、L字になっているほうを増設したドライブに取り付けます。PCケースの内部の構造や増設しているドライブの有無によって、どちらが適切なケーブルであるかは異なります。