システム・データ保存先として使われるハードディスク

ハードディスクは、Windows (OS)やプログラムをインストールしたり、データの保管場所となる記憶デバイスです。

パソコンには必ず記憶デバイス(HDDやSSD)が内蔵されています。

このページでは自作パソコンで使用するハードディスクの特徴やメリットについて解説しています。

大きさ・規格

ハードディスクには、3.5インチ、2.5インチ、1.8インチのサイズがあります。

自作パソコンやデスクトップパソコンで使用されるのは、3.5インチのハードディスクです。

またハードディスクの接続規格として、IDE(PATA)とSATAがありますが、現在の主流はSATAになります。

つまり自作パソコンでは、3.5インチSATAを使用するのが一般的です。

ハードディスク3.5インチ SATAのハードディスク。

自作パソコンでもメーカー製のデスクトップパソコンでも標準で使用されています。


ATXL字型のコネクタが特徴です。

大きい方にSATA電源ケーブル(電源)、小さい方にSATAケーブル(マザーボード)をつなぎます。

SATAⅡとSATAⅢ

SATAには、さらに転送速度によって種類があります。

現在の主流は、SATAⅡ(300Mbyte/s)とSATAⅢ(600Mbyte/s)です。パソコンショップなどで市販されているハードディスクはほとんどがSATAⅢです。

SATAⅢのハードディスクをSATAⅡのマザーボードに接続しても動作します。しかし速度の上限はSATAⅡです。マザーボード側が、SATAⅢに対応しているとSATAⅢの上限速度がでます。

しかし、ハードディスクの場合は、マザーボードのSATAⅡ、SATAⅢのポートどちらにつないでも、速度はほとんど変わりません。物理駆動するため、SATAⅢの速度は出せないためです。

SSDの場合は、SATAⅡとSATAⅢのいずれのポートに繋ぐかで、速度が大きく違ってきます。

容量

ハードディスクには、どのくらいデータを保存できるか容量があります。

3.5インチ SATAのハードディスクの主な容量は、500GB、1TB、2TB、3TB、4TBなどになります。

どのぐらいの容量のハードディスクを選択するかは使い方にもよりますが、Windowsのインストールなどで占める容量は、30GB~40GBなので、パソコンとして使用するなら500GBでも十分足りることが分かります。

後々どのくらいデータを保存していくかによって選択しますが、基本的に自作パソコンではハードディスクを複数搭載できるので、ハードディスクを後から増やしてデータの保存領域を確保することができます。

一般的に、ハードディスクは、Windows上では やや少なめに表示されます。例えば、1TBのハードディスクは930GBなどです。

これは、カタログなどでは慣習的に10進数(1KBを1000バイト)が使われますが、コンピューターでは2進数(1KBを1024バイト)が使われるためです。

回転数

ハードディスクには、回転数というのがあります。内部のプラッター、磁気ディスクの1分間の回転数で、単位は rpmです。

5200回転、5400回転、5900回転、7200回転などがあります。

回転数の多いほうが、読み書き速度は速いという傾向があります。しかし発熱、静音性、安定性を重視する場合は、5400回転などを使うこともあります。

メーカーは、近年 5400回転を使う傾向があります。理由としては、プラッターの密度が大きくなっているため、7200回転を使わなくても一定の水準の速度が保てる、3TB、4TBなどプラッターの多いハードディスクでは、安定性を重視するため7200回転は使いにくいということが考えられます。

キャッシュ

ハードディスクにわずかではありますが、搭載されているメモリーです。ディスクキャッシュともいいます。

よく使われるデータを一時的に保存し、転送速度を向上させるために使われます。CPUのキャッシュメモリーと考え方は同じです。

容量は、64MB、128MB、256MBなどがあります。容量が多いほうがパフォーマンスはやや高くなるといえます。

ハードディスクの性能に関して言えば、回転数とキャッシュの項目を確認するというのが一般的です。

セクタサイズ

ハードディスクには、データを記録する最小の単位としてセクタがあります。

セクタサイズは、もともと512バイトでしたが、近年は4KB(4096バイト)に拡大しています。セクタサイズが大きくなることで、ハードディスクの大容量化が進んでいます。

また、AFT(アドバンスド フォーマット テクノロジー)は、ハードディスクに採用されている技術です。セクタサイズは、4KBですが OSに対して512バイトにエミュレーションさせることができます。

簡潔にいいますと、ハードディスクには512バイト、AFT、4KBのものがあり、市販されているものは、ほとんどAFTと4KBのものです。

そして、MicroSoftでも公開されていますが、Windows 8、10は、すべてのハードディスクに対応しています。Windows 7 SP1は、AFTまで対応しています。

つまり、Windows 8や10では、セクタサイズに関して特に考える必要はなく、Windows 7ではAFTのハードディスクを選択したほうがよいということになります。


MBRとGPT

ハードディスクのパーティションの形式には、MBRとGPTがあります。以前の形式がMBRで、新しい形式がGPTです。

ハードディスクをデータドライブとして増設して使う場合では、ディスクの管理で認識させる際にどちらかを選択します。

  • MBR・・2TBまでしか認識しない、2TBを超える領域は未割り当てになる
  • GPT・・2TBを超える領域も認識

OSをインストールしてシステムドライブとして使う場合では、BIOSかUEFIでの違いになります。

  • MBR・・BIOSでのインストール
  • GPT・・UEFIでのインストール、64bit OS

最近のマザーボードは、UEFIであるため 64bit OSであれば、GPT形式でインストールすることができます。UEFIブートになるため、やや起動が速くなります。またデータドライブと同様、2TBを超える領域も認識します。

EFIシステムパーティションシステムドライブに、EFIシステムパーティションがあれば、UEFIブート、GPTパーティションです。


デバイスマネージャデバイスマネージャ→ディスクドライブ→該当のハードディスク→ボリューム→表示。

データドライブも、MBRかGPTか知ることができます。

取り付け場所

ハードディスクはPCケースの3.5インチベイ(3.5インチシャドウベイ)に取り付けます。

ケースによって取り付け場所が異なるときもありますが、通常はPCケースの前方にハードディスクを取り付けるための場所が確保されています。

3.5インチベイ3.5インチベイ。3.5インチシャドウベイともいいます。


インチネジハードディスクはインチネジで固定します。ネジ穴はケースと合うようになっています。


発生する熱は、ケース前面の吸気ファンによって冷却される仕組みになっています。

複数のハードディスク搭載

自作パソコンでは、複数のハードディスクを搭載できるのも特徴です。はじめから搭載したり、後から増設することもできます。

最大で搭載できる台数は、PCケースの3.5インチベイの数、マザーボードのポート数にもよりますが、ミドルタワーで4台~6台、ミニタワーで2台~4台程です。

ハードディスク増設主にデータの保存先、バックアップ先として使用できます。

自作パソコンでは外付けHDDなどを使わなくても、内蔵のハードディスクで代替できます。

メーカー

ハードディスクのメーカーは世界的にも数社に限られています。

Western Digital(ウエスタン デジタル)、Seagate(シーゲイト)、HGST(日立グローバル ストレージ テクノロジー)、TOSHIBAなどです。

Western Digital、Seagateのハードディスクがシェアが高く人気もあります。

なお同じメーカーであっても、PC用、NAS用などいくつかのライナップに分かれていることがあります。

販売形態

ハードディスクは、パソコンショップなどで購入しますが、ほとんどがバルク品の形態をとっています。

最近では、簡易な箱入りでリテール品扱いになるものも増えてきています。

バルク品とは簡易包装されているもので、説明書など付属品はほとんど付いていません。そのため価格が安いというのがあげられます。

バルク品バルク品。


ハードディスクそのものは、メーカー製パソコンや外付けHDDの製品で使用されているものと同じで、品質は問題ないと考えていいでしょう。


2019年 現在人気のハードディスク

SSDの登場によりハードディスクの役割は徐々に変わりつつあります。

システムドライブに使用するドライブとしては、長らくハードディスクを使うのが一般的でしたが、SSDの方がより高速なためハードディスクはあまり使われなくなってきています。

そのため自作パソコンにおいては、システムドライブ用というよりかは、データドライブ用としてハードディスクを使用する機会が増えてきています。

システム用として使用するなら 1TB、データ用として使用するなら 1TB~4TBなどが人気です。

関連情報